新刊案内 「日本で大韓民国を叫ぶ-在日同胞の母国愛」

 ー「在日同胞の母国愛」が一冊の本で韓国の発展に寄与した在日韓国人歴史の取材記
40年前の「新韓銀行」創業ヒストリーも着目

 在日韓国人たちが祖国大韓民国に行った貢献を整理した取材記が一冊の本として誕生した。タイトルは「在日韓国人の母国愛(以下母国愛)」、サブタイトルは「日本で大韓民国を叫ぶ」だ。

国愛は、日本による植民地時代の時に故郷を離れ、1世紀以上日本で暮らしてきた在日韓国人たちが代々これまで行ってきた足跡、歴史の節目ごとに祖国を助けた同胞たちの貢献がそのまま盛り込まれている。

国愛は計6部に分かれている。16.25と五輪、IMF編では、世界初の海外国民救国参戦である在日同胞学徒義勇軍642人の6.25国戦争参戦記、88ソウルオリンピック時の後援金100億円(当時541億ウォン)を集めて競技場施設を建てた話、90年代末のIMF通貨危機の時に15億ドルに達する巨額を母国に送金した民団と在日同胞社会の対応を扱っている。

2部では、駐日韓国公館10カ所のうち9カ所を寄贈した在日韓国人のストーリーを、各種文献や人物取材を通じて解きほぐしている。在日韓国人1世の徐甲虎·坂本紡績社長が東京の一等地(南麻布)土地3,091坪を母国に寄付することになった過程、「御堂筋に太極旗を」というスローガンを掲げ、3年間募金活動を繰り広げた大阪総領事館寄贈の話を盛り込んでいる。

3部では韓国初の輸出工業団地である「九老工業団地」の誕生秘話、90年代に在日韓国人国産品愛用運動として日本で韓流ブームを巻き起こした「バイコリアン(Buy Korean)運動」を扱っている。3部のハイライトは今年で創業40周年を迎えた新韓銀行の成長ストーリー「李熙健と新韓銀行」である。3つのパートで扱った新韓銀行ストーリーでは198277日、在日韓国人たちが新韓銀行設立を成し遂げる過程を李熙健名誉会長をはじめ、銀行創立に参加した在日韓国人1世たちの生前のインタビュー、新韓銀行の元現職銀行長など関係者証言を通じて再演した。また、今日の新韓金融グループのモットー「温かい金融」の出発精神である「金融報国(金融を通じて祖国の経済発展に資する)」の誕生背景、3つの支店から出発してグローバル金融グループに跳躍した新韓の成長神話の原動力を一つ一つ書き上げた。

4部の無限愛鄕では、全国各地に学校を建てた在日韓国人、済州道を観光1番地にした変貌させた済州初のホテル設立者の金坪珍氏と済州みかんの話、韓国最大の桜祭りである鎮海軍港祭と民団青年会が主導した植樹運動「60万新しい心を植える運動」などを扱った。

5部の在日太極戦士では、在日韓国人のスポーツ歴史を多様な記録写真を添えて画報にまとめた。1948年ロンドンオリンピックから2020年東京オリンピックまで各種オリンピックの度に母国を助けた同胞たち、1954W杯スイス大会の時に在日韓国人第1号国家代表に選ばれた李錫儀を皮切りに、金義泰(64年東京銅メダル)呉勝立(72年ミュンヘン銀メダル)、朴英哲(76年モントリオール銅メダル)、安昌林(2020年東京銅メダル)ら在日韓国人五輪メダリストたちの話だ。

6部の韓国を輝かせた100人の在日韓国人では、大韓民国建国の基礎を築いた功労で建国勲章を受けた独立運動家、1等級勲章である国民勲章ムグンファ章と体育勲章青龍章を受勲した101人同胞の公的事項 功績内容を具体的に記述した。

国愛推薦辞で新韓金融グループの趙鏞炳会長は「在日韓国人の人生も記憶しなければならない大韓民国の『歴史』、新韓金融グループもやはり『金融報国』という在日韓国人の切実な願いから始まった」とし、「在日韓国人が差別と偏見を克服し血と汗で積み上げた多くのことが大韓海峡 玄海灘を渡ってきて再建と跳躍の礎になった」と明らかにした。

李求弘·元在外同胞財団理事長は「貧困が日常だった春窮(麦の収穫期前に食糧が不足すること)に祖国を助けようと積極的に乗り出した人々が在日韓国人」とし、「この本が貧しい祖国を救った在日韓国人を再評価する呼び水になることを願う」と話した。

著者の李民晧·統一日報ソウル支社長は、「大韓民国近現代史に在日韓国人の母国貢献が編入されなければならない」と強調する。

「いつまで韓国は在日を不完全な存在だと思っているのでしょうか?祖国の運命と共にした在日韓国人の勇気を記憶し、韓国の歴史記録として残さなければなりません。」

国愛は著者が2019年から最近までKBS韓民族放送プログラムの韓民族一つで「在日同胞の母国愛」コーナーで紹介した放送分の圧縮本である。296ページからなる母国愛は、李熙健韓日交流財団が後援し、統一日報が発行した。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 韓国政府が今年6月まで仮想通貨取引を集中的に取り締まる。韓国金融委員会は仮想通貨の出金モニタリング…
  2. 写真は総理官邸ホームページから 米国のジョー・バイデン大統領は今月16日に米国で開かれる、日本の菅…
  3. 主要産油国が新型コロナウイルス感染症の世界的な流行解消と大々的な景気反騰に備え、今後3ヶ月の間に原…
  4. ―韓国疾病庁、予定より3ヶ月前倒しで実用化―丁世均首相「海外でも使える様に推進」 韓国版のブロック…
  5. 「美容大国」である韓国独自の特殊化粧品技術とビューティー商品を日本に紹介している株式会社TEISH…

おすすめ記事

  1. 製紙や化粧品などを流通する「SUNOCS(サンオクス、代表:太川玉緒)」は、6月9日〜10日にインテ…
  2. 絶妙な辛さとイイダコの食感を堪能できる韓国料理「チュクミ」。このチュクミ料理を韓国本場の味そのまま日…
  3. K-POP日韓中グループ「BLANK2Y(ブランキー)」が5/24にデビューする。 昨年の秋からデビ…
  4. 韓国教育財団は28日、今年2回目となる韓国語能力試験「第83回TOPIK」の受験申請を5月2日からス…
  5. 写真はTwitterより ロシアによるウクライナ侵攻が無慈悲な民間人虐殺にまで及ぶ中、ウクラ…
ページ上部へ戻る
Translate »