チェジュ航空、成田=仁川路線にて貨物専用機初就航…週3便(火・木・土)運航 

チェジュ航空(代表取締役社長、金二培)72日に格安航空会社(LCC)としては初の成田=仁川路線の貨物専用機の運行を始めた。

チェジュ航空は、貨物専用機の導入のための航空機の改造作業を完了し、先月69日に初の貨物専用機の導入を完了した。その後、貨物運送のための許可手続きを終え、本格的に貨物運送をスタートした。

チェジュ航空は、成田=仁川路線で週3便(火・木・土)のスケジュールで貨物機を導入し、本格的に日韓路線の航空貨物運送事業に乗り出した。主な品目は衣類、雑貨など電子商取引(Eコマース)の物品だ。

チェジュ航空は日本路線を含め、中国・ベトナムなどの路線に計週15便のスケジュールで運航する。今後、契約会社を追加で確保し、運航回数を徐々に増やしていく予定だ。

チェジュ航空が導入した貨物機の機材はB737-800BCF(Boeing Converted Freighter)で、現在運用している航空機と同機種だ。現在運用中の旅客機と同じ機種の貨物専用機の導入を通じ、貨物機運航に必要な費用を節減し、機団運営の効率性も高めることができるようになった。また、1便当りの貨物輸送量の拡大は勿論、多様な形態·種類の貨物も運送できるようになり、高付加価値の貨物運送にも乗り出すことができるようになった。

昨年9月にアメリカボーイング社が発表した「Commercial Market Outlook 20212040」によると、航空貨物の需要が増加し、20216月まで、2019年全体に比べ11%、2020年全体に比べ24増加し、特にCOVID-19によりEコマースが加速しており、航空貨物マーケットはより早い成長傾向を見せるだろうと展望した。

チェジュ航空の関係者は、「貨物専用機の運航を皮切りに、貨物運送事業を拡大し、収益構造を多角化し、チェジュ航空の強みである原価競争力を元にNO.1 LCCの地位をより強固にする予定です」と語った。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 韓国政府が今年6月まで仮想通貨取引を集中的に取り締まる。韓国金融委員会は仮想通貨の出金モニタリング…
  2. 写真は総理官邸ホームページから 米国のジョー・バイデン大統領は今月16日に米国で開かれる、日本の菅…
  3. 主要産油国が新型コロナウイルス感染症の世界的な流行解消と大々的な景気反騰に備え、今後3ヶ月の間に原…
  4. ―韓国疾病庁、予定より3ヶ月前倒しで実用化―丁世均首相「海外でも使える様に推進」 韓国版のブロック…
  5. 「美容大国」である韓国独自の特殊化粧品技術とビューティー商品を日本に紹介している株式会社TEISH…

おすすめ記事

  1. ハロウィンの梨泰院圧死事故では、緊急災害メッセージの発信が遅かったとの批判も見られる中、韓国政府も緊…
  2. 日本地域で韓国語能力試験(TOPIK)の実施や運営などを担当している韓国教育財団は14日、公式SNS…
  3. 駐大阪大韓民国総領事館、東西大学日本研究センター、世宗研究所日本研究センターが共催する韓日関係フォー…
  4. 東海大学の教育開発研究センター(担当教授 林大仁)は28日、「韓国語学習研究プロジェクト」を11月…
  5. 今年2月のウクライナ侵攻以降、侵攻を「特別軍事作戦」と呼んでいたロシアのウラジーミル・プーチン大統領…
ページ上部へ戻る
Translate »