中Huobi、海外進出に拍車…ロンドンに続きトロントにも事務所

中国最大の仮想通貨取引所Huobiの海外進出が止まらない。最近、英ロンドンに事務所を開設したのに続き、加トロントにも北米攻略のための第二拠点を設ける計画だ。

仮想通貨専門媒体であるCCNによると、Huobiは4日、「仮想通貨をめぐるカナダの銀行界の敵対的態度にも、個人間取引が急増している」とし「トロントにカナダ初の事務所を開設する」と発表した。

Huobiカナダ法人代表のロス・ジャン氏は、「カナダがブロックチェーン技術を先導する国家として台頭している。トロントが北米ブロックチェーンの次期中枢となる見通しだ」とし、「今回のカナダ市場への進出が、Huobiがブロックチェーンと仮想通貨分野の革新的リーダーとして浮上するための足掛かりとなることを願う」との立場を明らかにした。

また「ブロックチェーン市場に対する信頼を高め、本格的な技術導入を早めることができるよう規制当局と協力していきたい」と付け加えた。

シンガポールに本社を置くHuobiは取引量基準で世界第3位の仮想通貨取引所だ。コインマーケットキャップの資料によると、世界208ヶ所の仮想通貨取引所で行われている1日の取引量は17億ドル(約1兆8,000億ウォン)だ。

Huobiは今年1月、米サンフランシスコに事務所を開設する計画を明らかにし、
3月にはアメリカの金融当局への事業者登録を終えた。

アメリカの監督当局によれば、Huobiアメリカ法人であるHBUSは財務省傘下の金融犯罪取締局へ企業登録を行った。

創業5年目となるHuobiは、中国政府による取引禁止措置後、海外進出に拍車をかけている。昨年四半期に北京にあった本社をシンガポールへと移転し、グローバル市場攻略を本格化する姿勢を見せている。

記者:チャン・アンナ godblessan@fnnews.com
翻訳者:M.INOKUCHI

関連記事

ピックアップ記事

  1. 米国と中国が、10月初めに予定されている高官級貿易交渉を準備するための実務交渉を19日(現地時間)か…
  2. 国際原油価格が、14日に発生したサウジアラビア石油施設攻撃の余波により、湾岸戦争以来約30年振りの暴…
  3. 致死率100%に達する「アフリカ豚コレラ」(ASF)が韓国で発生した。韓国政府の発表によると、17日…
  4. 北朝鮮、「サイバー攻撃で資金調達」国連報告書を否定 北朝鮮は最近、米国など敵対勢力がサイバー…
  5. アイスランドで「700歳氷河」の追悼式…理由は「地球温暖化」 気候変動により溶け出したアイス…

おすすめ記事

  1. 北朝鮮が食肉供給のためにウサギ飼育に心血を注いでいる。金正恩北朝鮮国務委員長もウサギの肉をさらに多く…
  2. LINE、日本で仮想通貨取引所オープン…クリプト金融市場開拓へ -BTC・ETH・XRP・B…
  3. [ワールドリポート] 炎に包まれる地球 北極やシベリア、インドネシア、ついにはアマゾンまで。…
  4. 写真は香港の行政トップ林鄭月娥行政長官/香港政府公式ホームページから 「逃亡犯条例」撤回引き…
  5. 韓国の文在寅大統領は30日、「金正恩北朝鮮国務委員長の韓−ASEAN特別首脳会議への参加可能性」につ…
ページ上部へ戻る