仮想通貨取引所フォビ、来月日本から撤退…なぜ?

-日本政府の規制強化に打ち勝てず

日本が仮想通貨取引所の規制を強化する中、仮想通貨取引所の日本撤退が続いている。中国の仮想通貨取引所フォビプロ(Huobi pro)も来月日本市場から撤退する。

コインデスクは27日、こういう動きについて「日本の金融庁による営業登録義務化の負担が起因」と日本のコインポストを引用して報じた。

フォビプロは日本市場からの撤退計画を含む電子メールを投資家に送信した。既にホームページから日本語サービスを中断した一方、来月2日からは日本国内の取引サービスも停止する予定だ。フォビプロは、当該内容に関して真偽を問う質問には答えながらも、利用者の資産引き出しなどの細部事項については答えていない。

フォビプロは直近24時間の取引量基準で世界第3位の仮想通貨取引所。今回の決定は日本金融庁が営業登録を義務化したことによる負担に起因すると分析されている。日本金融庁は2016年の資金決済法により仮想通貨取引所の営業登録を義務化している。それによってフォビプロはこの間、無許可状態で営業を続けていたこととなる。

コインデスクによると、日本金融庁が今回の無登録問題をもってフォビプロ側と接触したのかは不明であるという。ウェブトラフィック追跡サイトのAlexaの資料によると、フォビプロのサイト訪問者の13.3%は日本の投資家が占めている。

年初にフォビプロは日本の認可取引所であるSBIバーチャル・カレンシーズと提携し、認可されたプラットホームを公開する計画だったものの、この計画も取り消されている。

今年3月に世界第2位の仮想通貨取引所バイナンスも無認可営業について金融庁の警告書を受けた後に日本市場から撤退した。これに続いて米国の大型取引所であるクラーケンも同様に進出4年で日本事業撤退を発表した。日本の規制強化による費用負担が理由として挙げられている。

28日午前のビットコインの価格は6100ドル台を再び回復した。コインデスクによれば午前9時50分時点で、24時間前より0.21%高の6145.39ドルで取引されている。

godblessan@fnnews.com チャン・アンナ記者
翻訳︰水野卓

関連記事

ピックアップ記事

  1. 韓国政府が対北制裁の例外となる観光事業などを進めるとの考えを明らかにした事について、米ホワイトハウス…
  2. 米国と中国の「第1段階の貿易合意」にもかかわらず、貿易をめぐる両国の緊張はまだ終わっていないという意…
  3. イラン司法当局が14日(現地時間)、ウクライナ機の撃墜と関連し、多数の容疑者を逮捕したと発表した。…
  4. 仮想通貨情報サイトのコインマーケットキャップによると、15日午前11時基準でビットコインの価額は過去…
  5. 中国の湖北省武漢市で発生したウイルス性肺炎の感染事例が香港、台湾に続き、タイでも確認されるなど、徐々…

おすすめ記事

  1. 「火の手から逃れたカンガルーの避難場所となっていたゴルフ場が"死の大地(キリング・フィールド)"にな…
  2. 昨年、韓国と隣国との国際関係は例年以上に多事多難だった。昨年7月の日本の輸出管理厳格化により韓国国内…
  3. イランがイラク西部の米軍基地をミサイルで攻撃したならないか、国際原油価格と安全資産である金の価格が急…
  4. オーストラリア南東部の史上最悪の森林火災で、今まで野生動物5億匹が死んだと推定された。米CNBCによ…
  5. 中国政府が湖北省・武漢市で集団発生した原因不明の肺炎について重症急性呼吸器症候群(SARS)ではな…
ページ上部へ戻る