仮想通貨取引所フォビ、来月日本から撤退…なぜ?

-日本政府の規制強化に打ち勝てず

日本が仮想通貨取引所の規制を強化する中、仮想通貨取引所の日本撤退が続いている。中国の仮想通貨取引所フォビプロ(Huobi pro)も来月日本市場から撤退する。

コインデスクは27日、こういう動きについて「日本の金融庁による営業登録義務化の負担が起因」と日本のコインポストを引用して報じた。

フォビプロは日本市場からの撤退計画を含む電子メールを投資家に送信した。既にホームページから日本語サービスを中断した一方、来月2日からは日本国内の取引サービスも停止する予定だ。フォビプロは、当該内容に関して真偽を問う質問には答えながらも、利用者の資産引き出しなどの細部事項については答えていない。

フォビプロは直近24時間の取引量基準で世界第3位の仮想通貨取引所。今回の決定は日本金融庁が営業登録を義務化したことによる負担に起因すると分析されている。日本金融庁は2016年の資金決済法により仮想通貨取引所の営業登録を義務化している。それによってフォビプロはこの間、無許可状態で営業を続けていたこととなる。

コインデスクによると、日本金融庁が今回の無登録問題をもってフォビプロ側と接触したのかは不明であるという。ウェブトラフィック追跡サイトのAlexaの資料によると、フォビプロのサイト訪問者の13.3%は日本の投資家が占めている。

年初にフォビプロは日本の認可取引所であるSBIバーチャル・カレンシーズと提携し、認可されたプラットホームを公開する計画だったものの、この計画も取り消されている。

今年3月に世界第2位の仮想通貨取引所バイナンスも無認可営業について金融庁の警告書を受けた後に日本市場から撤退した。これに続いて米国の大型取引所であるクラーケンも同様に進出4年で日本事業撤退を発表した。日本の規制強化による費用負担が理由として挙げられている。

28日午前のビットコインの価格は6100ドル台を再び回復した。コインデスクによれば午前9時50分時点で、24時間前より0.21%高の6145.39ドルで取引されている。

godblessan@fnnews.com チャン・アンナ記者
翻訳︰水野卓

関連記事

ピックアップ記事

  1. −英国、1日で約6万人の感染者−ジョンソン首相「絶望的…怖い」−ワクチンが無用の長物となる危機−ド…
  2. −ブラックロック、仮想通貨専門人員採用予定−ペイパル、今年から仮想通貨決済サービス開始−韓国国内銀…
  3. [caption id="" align="alignnone" width="719"] 大阪難…
  4. 韓国中央防疫対策本部は、クリスマスとなる25日0時基準で新型コロナウイルスの新たな感染者が1241…
  5. 2017年に記録的なバブル崩壊を経験した仮想通貨ビットコイン(BTC)が現地時間16日、史上初めて…

おすすめ記事

  1. −年末年始を前に特段の対策が必要−ソウル市、5人以上の集合禁止方針決まる 新型コロナウイルス…
  2. 米国の新型コロナウイルス感染症による1日の死亡者数が過去最悪のテロ事件に上げられる911テロの犠牲…
  3. 済州経済通商振興院東京通商代表部(所長:崔 滄勳)は、11月16日から日本最大の韓流通りである東京…
  4. 韓国のモバイルラーニングシステム開発会社Newin Inc.が日本法人として「株式会社Newin J…
  5. 韓国の中古品売買サイト「ニンジンマーケット」で問題となった出品のキャプチャ ‐該当出品は現在削除、…
ページ上部へ戻る
Translate »