仮想通貨取引所フォビ、来月日本から撤退…なぜ?

-日本政府の規制強化に打ち勝てず

日本が仮想通貨取引所の規制を強化する中、仮想通貨取引所の日本撤退が続いている。中国の仮想通貨取引所フォビプロ(Huobi pro)も来月日本市場から撤退する。

コインデスクは27日、こういう動きについて「日本の金融庁による営業登録義務化の負担が起因」と日本のコインポストを引用して報じた。

フォビプロは日本市場からの撤退計画を含む電子メールを投資家に送信した。既にホームページから日本語サービスを中断した一方、来月2日からは日本国内の取引サービスも停止する予定だ。フォビプロは、当該内容に関して真偽を問う質問には答えながらも、利用者の資産引き出しなどの細部事項については答えていない。

フォビプロは直近24時間の取引量基準で世界第3位の仮想通貨取引所。今回の決定は日本金融庁が営業登録を義務化したことによる負担に起因すると分析されている。日本金融庁は2016年の資金決済法により仮想通貨取引所の営業登録を義務化している。それによってフォビプロはこの間、無許可状態で営業を続けていたこととなる。

コインデスクによると、日本金融庁が今回の無登録問題をもってフォビプロ側と接触したのかは不明であるという。ウェブトラフィック追跡サイトのAlexaの資料によると、フォビプロのサイト訪問者の13.3%は日本の投資家が占めている。

年初にフォビプロは日本の認可取引所であるSBIバーチャル・カレンシーズと提携し、認可されたプラットホームを公開する計画だったものの、この計画も取り消されている。

今年3月に世界第2位の仮想通貨取引所バイナンスも無認可営業について金融庁の警告書を受けた後に日本市場から撤退した。これに続いて米国の大型取引所であるクラーケンも同様に進出4年で日本事業撤退を発表した。日本の規制強化による費用負担が理由として挙げられている。

28日午前のビットコインの価格は6100ドル台を再び回復した。コインデスクによれば午前9時50分時点で、24時間前より0.21%高の6145.39ドルで取引されている。

godblessan@fnnews.com チャン・アンナ記者
翻訳︰水野卓

関連記事

ピックアップ記事

  1. 世界最大民泊仲介の米エアビーアンドビー(Airbnb)が新規株式公開(IPO)を準備していると明らか…
  2. サウジアラビア政府がサウジの富豪らに対し、国営石油企業アラムコのIPO(新規株式公開)時に株式の大量…
  3. 安倍晋三首相と韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領が今月下旬開催の国連総会に出席するため、米ニューヨ…
  4. 韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領の支持率が40%台前半に落ち込んだ。世論調査会社「リアルメーター…
  5. 今年8月に日本を訪れた韓国人観光客数が前年の半分程度に急減した事が分かった。前年の数字を基準として見…

おすすめ記事

  1. 韓国でアフリカ豚コレラ(ASF)が拡散の兆しを見せているなか、豚肉の価格が暴騰する動きを見せ懸念が高…
  2. 北朝鮮が食肉供給のためにウサギ飼育に心血を注いでいる。金正恩北朝鮮国務委員長もウサギの肉をさらに多く…
  3. LINE、日本で仮想通貨取引所オープン…クリプト金融市場開拓へ -BTC・ETH・XRP・B…
  4. [ワールドリポート] 炎に包まれる地球 北極やシベリア、インドネシア、ついにはアマゾンまで。…
  5. 写真は香港の行政トップ林鄭月娥行政長官/香港政府公式ホームページから 「逃亡犯条例」撤回引き…
ページ上部へ戻る