文大統領の支持率52%、5週連続で下落…野党は支持率上昇

文大統領の支持率52%、5週連続で下落…野党は支持率上昇

韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領の支持率が世論調査機関韓国ギャラップの調査で52%を記録し5週連続で下落したことが分かった。一方、最大野党の自由韓国党への支持率は17%で2016年11月以来最高値を記録した。

ギャラップが16日に発表した世論調査によると、文大統領が「良くやっている」との肯定的な評価は先週の54%に比べ2%ポイント下落した52%だった。一方「良くやっていない」と応答したのは先週比4%ポイント上昇した40%だった。肯定と否定評価の差は縮まりつつあり、10%ポイントまで追いついた。

年齢・職業別では50代(50%)・自営業者(52%)を中心に否定的な評価が高かった。経済悪化、最低賃金引き上げによる失業者の増加、雇用の減少などが支持率の下落に複合的な影響を与えたと判断される。

「大統領を支持しない理由」も「経済問題」が原因だった。主な国政運営別で否定的な応答をした人は経済・民生問題への解決不足(44%)、最低賃金引き上げ、雇用問題(3%)などを問題点として選んだ。

一方、北朝鮮との関係改善(32%)、対北・安保政策(7%)など朝鮮半島の平和に関する話題では肯定的な評価を受けた。

政党別の支持率は与党の「共に民衆党」が42%、支持する政党がない無党派が25%、野党の「自由韓国党」は17%、正義党9%、正しい未来党6%、民主平和党1%順だった。先週に比べ民主党と韓国党の支持率がそれぞれ1%ポイント、3%ポイント上昇し、正しい未来党は1%ポイント下落した。

特に韓国党の支持率 は2016年11月、党名がセヌリ党だった頃以来、最も高い水準。韓国党の支持率は7月に平均10%、8月11%、9月12%、10月3週目13%、先週14%で上昇傾向にあった。
ギャラップは韓国党の支持率上昇について「大統領と与党に対する保守層の見方が変わったことによるものと考えられる」と説明した。

翻訳:尹怡景

関連記事

ピックアップ記事

  1. 米FRBが、当分の間は金利を動かさないとの方針を再確認した。FRBは22日に公開した前回のFOMC議…
  2. 米国議会調査局は、韓国と米国が対北朝鮮政策と関連し大きい差を見せていると指摘した。…
  3. 米国の大手通信会社AT&Tが通信料金の支払いに仮想通貨の利用を支援する。AT&Tは23日(現地時間)…
  4. 米国が対北制裁に違反した北朝鮮の貨物船を差し押さえ、北朝鮮も返還を求め国連などの国際社会に対し外交戦…
  5. 徴用工判決および賠償問題と関連し韓国が財団設立を検討しているとの日本メディアの報道に対し、韓国政府が…

おすすめ記事

  1. 2019-5-22

    OECD、韓国経済成長見通しまた下方修正 2.6%→2.4%

    経済協力開発機構(OECD)が韓国の今年の経済成長率見通しを従来の2.6%から2.4%に0.2%ポイ…
  2. 2019-5-20

    ファーウェイ、「米市場を放棄してでも、妥協はしない」…攻勢に出る中国

    米中貿易交渉を再開するための最後のチャンネルと期待されている、両国の高位級貿易交渉が岐路に立たされて…
  3. 2019-5-14

    激化する米中貿易摩擦、次は通貨安競争か

    貿易交渉で対立している米国と中国が、最悪の状況を想定した防御の準備に苦心している模様だ。安定に維持し…
  4. 2019-5-13

    Uberも上場直後から株価急落…スタートアップの限界露呈?

    2014年のアリババ上場後、約5年振りの超大型新規株式公開(IPO)として注目を集めていたUberだ…
  5. 2019-5-9

    イラン、核開発再開を宣言… 緊張感高まる中東情勢

    イランが西側諸国と2015年に締結した核合意の履行を一部停止するとの方針を8日(現地時間)に打ち出し…

アーカイブ

ページ上部へ戻る