‟演技王” ソン・ガンホと‟演出王” ウ・ミンホ監督が創る『麻薬王』に関心集中

‟演技王” ソン・ガンホと‟演出王” ウ・ミンホ監督が創る『麻薬王』に関心集中

韓国を代表する俳優ソン・ガンホと、『インサイダーズ 内部者たち』のウ・ミンホ監督がタッグを組んだ映画『麻薬王』が、映画ファンらの関心を集めている。

映画『麻薬王』は、たとえ麻薬でも輸出すれば愛国だと言われた1970年代を舞台に、全くの無名だった密輸人が伝説の麻薬王になるまでを描いた作品。

国からは犯罪者、世界からは王と呼ばれた伝説の麻薬王イ・ドゥサンを演じるのは俳優のソン・ガンホ。イ・ドゥサムは、釜山の下級密輸業者からアジアを制覇した麻薬王にまで上り詰めた人物だ。

ソン・ガンホは本作を通し、『タクシー運転手 約束は海を越えて』、『弁護人』、『グエムル-漢江の怪物-』などで見せた親しみやすさはもちろん、また未曾有の狂気と存在感に至るまで幅広い演技を見せる予定で期待を高めている。

ソン・ガンホを麻薬王に変身させたのは、『インサイダーズ 内部者たち』と『内部者たち ザ・オリジナル』で合わせて900万人以上を動員し、R指定映画としては韓国歴代最高を記録したウ・ミンホ監督だ。

ウ監督は「ソン・ガンホがいなければ『麻薬王』という作品も存在しなかっただろう」と絶大な信頼を寄せている。本作でも持ち前の存在感を発揮したようだ。

1970年代に起こった麻薬密売事件に関する資料を基に、当時の社会情勢や雰囲気を作品に込めたウ監督。イ・ドゥサムの一代記、そして助演俳優たちの役柄まで綿密に作り上げた。ソン・ガンホはウ監督について「演出方法が非常に印象的だ」と語っており、期待感を高めている。

さらにチョ・チョンソク、ペ・ドゥナ、キム・ソジン、キム・テミョン、イ・ヒジュン、チョ・ウジンなど韓国を代表する俳優たちが1970年代の人物に扮し、目の離せない演技を繰り広げる。『麻薬王』の公開予定は12月だ。

翻訳者:M.I

関連記事

ピックアップ記事

  1. 犬を放置して死なせたペットショップの店主が控訴審でも執行猶予付きの判決を言い渡された。…
  2. 韓国繊維産業の中心地「慶尚北道」に拠点を置く繊維企業が、日本の東京で輸出商談会を開催する。参加企業は…
  3. アップルが今年4月の公開を目標にしている、動画配信サービスが最終段階に入った。…
  4. 世界最大の電子商取引企業アマゾンは14日(現地時間)、米国・ニューヨークに設立する第2本社建設計画を…
  5. 米銀大手JPモルガン・チェースが独自の仮想通貨を発行する予定だと米放送局CNBCが14日(現地時間)…

おすすめ記事

  1. 2019-2-12

    韓国、海外ポルノサイトへの接続遮断でネット民が悲鳴

    韓国のネット民、特に男性ユーザーが悲鳴を上げている。韓国政府が海外ポルノサイトへの接続を遮断する強力…
  2. 2019-2-8

    イエレン前FRB議長、「FRBの次の一手は金利引き下げ」

    米FRBが次に取る政策は、金利引き上げではなく金利引き下げになると、ジャネット・イエレン前FRB議長…
  3. 2019-1-31

    ベネズエラ石油制裁本格化…事実上最大の被害国は米?

    トランプ政権によるベネズエラへの経済制裁は、全世界の石油業界、特に米国の石油業界に深刻な打撃を与える…
  4. 2019-1-30

    またも歴代最低出生数を更新…加速する韓国の少子化

    韓国の出生数がまたも歴代最低数値を更新した。政府は少子化対策のためここ13年間130兆ウォン(約12…
  5. 2019-1-28

    日韓再婚カップル、子供の相続分は?

    国際結婚の場合は、まずどちらの国の法律が適用されるかを考えなければなりません。亡くなられた方が韓国国…

アーカイブ

ページ上部へ戻る