‟演技王” ソン・ガンホと‟演出王” ウ・ミンホ監督が創る『麻薬王』に関心集中

‟演技王” ソン・ガンホと‟演出王” ウ・ミンホ監督が創る『麻薬王』に関心集中

韓国を代表する俳優ソン・ガンホと、『インサイダーズ 内部者たち』のウ・ミンホ監督がタッグを組んだ映画『麻薬王』が、映画ファンらの関心を集めている。

映画『麻薬王』は、たとえ麻薬でも輸出すれば愛国だと言われた1970年代を舞台に、全くの無名だった密輸人が伝説の麻薬王になるまでを描いた作品。

国からは犯罪者、世界からは王と呼ばれた伝説の麻薬王イ・ドゥサンを演じるのは俳優のソン・ガンホ。イ・ドゥサムは、釜山の下級密輸業者からアジアを制覇した麻薬王にまで上り詰めた人物だ。

ソン・ガンホは本作を通し、『タクシー運転手 約束は海を越えて』、『弁護人』、『グエムル-漢江の怪物-』などで見せた親しみやすさはもちろん、また未曾有の狂気と存在感に至るまで幅広い演技を見せる予定で期待を高めている。

ソン・ガンホを麻薬王に変身させたのは、『インサイダーズ 内部者たち』と『内部者たち ザ・オリジナル』で合わせて900万人以上を動員し、R指定映画としては韓国歴代最高を記録したウ・ミンホ監督だ。

ウ監督は「ソン・ガンホがいなければ『麻薬王』という作品も存在しなかっただろう」と絶大な信頼を寄せている。本作でも持ち前の存在感を発揮したようだ。

1970年代に起こった麻薬密売事件に関する資料を基に、当時の社会情勢や雰囲気を作品に込めたウ監督。イ・ドゥサムの一代記、そして助演俳優たちの役柄まで綿密に作り上げた。ソン・ガンホはウ監督について「演出方法が非常に印象的だ」と語っており、期待感を高めている。

さらにチョ・チョンソク、ペ・ドゥナ、キム・ソジン、キム・テミョン、イ・ヒジュン、チョ・ウジンなど韓国を代表する俳優たちが1970年代の人物に扮し、目の離せない演技を繰り広げる。『麻薬王』の公開予定は12月だ。

翻訳者:M.I

関連記事

ピックアップ記事

  1. 米FRBが、当分の間は金利を動かさないとの方針を再確認した。FRBは22日に公開した前回のFOMC議…
  2. 米国議会調査局は、韓国と米国が対北朝鮮政策と関連し大きい差を見せていると指摘した。…
  3. 米国の大手通信会社AT&Tが通信料金の支払いに仮想通貨の利用を支援する。AT&Tは23日(現地時間)…
  4. 米国が対北制裁に違反した北朝鮮の貨物船を差し押さえ、北朝鮮も返還を求め国連などの国際社会に対し外交戦…
  5. 徴用工判決および賠償問題と関連し韓国が財団設立を検討しているとの日本メディアの報道に対し、韓国政府が…

おすすめ記事

  1. 2019-5-22

    OECD、韓国経済成長見通しまた下方修正 2.6%→2.4%

    経済協力開発機構(OECD)が韓国の今年の経済成長率見通しを従来の2.6%から2.4%に0.2%ポイ…
  2. 2019-5-20

    ファーウェイ、「米市場を放棄してでも、妥協はしない」…攻勢に出る中国

    米中貿易交渉を再開するための最後のチャンネルと期待されている、両国の高位級貿易交渉が岐路に立たされて…
  3. 2019-5-14

    激化する米中貿易摩擦、次は通貨安競争か

    貿易交渉で対立している米国と中国が、最悪の状況を想定した防御の準備に苦心している模様だ。安定に維持し…
  4. 2019-5-13

    Uberも上場直後から株価急落…スタートアップの限界露呈?

    2014年のアリババ上場後、約5年振りの超大型新規株式公開(IPO)として注目を集めていたUberだ…
  5. 2019-5-9

    イラン、核開発再開を宣言… 緊張感高まる中東情勢

    イランが西側諸国と2015年に締結した核合意の履行を一部停止するとの方針を8日(現地時間)に打ち出し…

アーカイブ

ページ上部へ戻る