‟演技王” ソン・ガンホと‟演出王” ウ・ミンホ監督が創る『麻薬王』に関心集中

‟演技王” ソン・ガンホと‟演出王” ウ・ミンホ監督が創る『麻薬王』に関心集中

韓国を代表する俳優ソン・ガンホと、『インサイダーズ 内部者たち』のウ・ミンホ監督がタッグを組んだ映画『麻薬王』が、映画ファンらの関心を集めている。

映画『麻薬王』は、たとえ麻薬でも輸出すれば愛国だと言われた1970年代を舞台に、全くの無名だった密輸人が伝説の麻薬王になるまでを描いた作品。

国からは犯罪者、世界からは王と呼ばれた伝説の麻薬王イ・ドゥサンを演じるのは俳優のソン・ガンホ。イ・ドゥサムは、釜山の下級密輸業者からアジアを制覇した麻薬王にまで上り詰めた人物だ。

ソン・ガンホは本作を通し、『タクシー運転手 約束は海を越えて』、『弁護人』、『グエムル-漢江の怪物-』などで見せた親しみやすさはもちろん、また未曾有の狂気と存在感に至るまで幅広い演技を見せる予定で期待を高めている。

ソン・ガンホを麻薬王に変身させたのは、『インサイダーズ 内部者たち』と『内部者たち ザ・オリジナル』で合わせて900万人以上を動員し、R指定映画としては韓国歴代最高を記録したウ・ミンホ監督だ。

ウ監督は「ソン・ガンホがいなければ『麻薬王』という作品も存在しなかっただろう」と絶大な信頼を寄せている。本作でも持ち前の存在感を発揮したようだ。

1970年代に起こった麻薬密売事件に関する資料を基に、当時の社会情勢や雰囲気を作品に込めたウ監督。イ・ドゥサムの一代記、そして助演俳優たちの役柄まで綿密に作り上げた。ソン・ガンホはウ監督について「演出方法が非常に印象的だ」と語っており、期待感を高めている。

さらにチョ・チョンソク、ペ・ドゥナ、キム・ソジン、キム・テミョン、イ・ヒジュン、チョ・ウジンなど韓国を代表する俳優たちが1970年代の人物に扮し、目の離せない演技を繰り広げる。『麻薬王』の公開予定は12月だ。

翻訳者:M.I

関連記事

ピックアップ記事

  1. 韓国政府が今年6月まで仮想通貨取引を集中的に取り締まる。韓国金融委員会は仮想通貨の出金モニタリング…
  2. 写真は総理官邸ホームページから 米国のジョー・バイデン大統領は今月16日に米国で開かれる、日本の菅…
  3. 主要産油国が新型コロナウイルス感染症の世界的な流行解消と大々的な景気反騰に備え、今後3ヶ月の間に原…
  4. ―韓国疾病庁、予定より3ヶ月前倒しで実用化―丁世均首相「海外でも使える様に推進」 韓国版のブロック…
  5. 「美容大国」である韓国独自の特殊化粧品技術とビューティー商品を日本に紹介している株式会社TEISH…

おすすめ記事

  1. 韓国政府は31日、9月3日0時から海外入国者に義務付けられていた入国前のコロナ検査と陰性証明書の提出…
  2. 米国内でマリファナ(大麻)を吸う人がタバコ喫煙者より多くなったという結果が発表された。 米国の放送C…
  3. F.ableが特別なライブ公演を企画した。 F.ableの所属事務所は最近「F.able3rdSin…
  4. 駐神戸大韓民国総領事館は、「2022神戸K-POPソング&ダンスコンテスト」を開催します。 K-Po…
  5. 製紙や化粧品などを流通する「SUNOCS(サンオクス、代表:太川玉緒)」は、6月9日〜10日にインテ…
ページ上部へ戻る
Translate »