韓国最高裁、元徴用工裁判で三菱重工にも賠償命令

韓国最高裁、元徴用工裁判で三菱重工にも賠償命令

日本の植民時代に日本企業に強制徴用されたとして韓国の元徴用工や元女子勤労挺身(ていしん)隊員らが三菱重工を相手取って損害賠償を求めた裁判で、韓国最高裁は三菱重工に賠償責任があるとして同社に賠償を命じる判決を下した。

最高裁は29日、故パク・チャンファン氏などの強制徴用被害者と遺族23人が三菱重工を相手に起こした損害賠償請求訴訟で、各8000万ウォンを賠償するよう宣告した原審を確定した。最高裁は、「原告らの損害賠償請求権は"日本政府の朝鮮半島に対する違法的な植民地支配と侵略戦争の遂行と直結された日本企業の非人道的な不法行為を前提にしている、被害者らの日本企業への慰謝料請求権”であり、請求権協定の対象に含まれない」と判示した。

故パク氏らは1944年に強制徴用され、同社の広島機械製作所や広島造船所で労働を強いられ被爆したが、同期間中に賃金など受けなかったとして、2000年5月に強制徴用による損害賠償金と強制労働の期間中支給されなかった賃金を合わせて1億100万ウォン賠償を求める訴訟を起こした。

1審と2審では「日本との国交が正常化された1965年から起算しても、訴訟請求がそれから10年経過しており、損害賠償請求権が時効成立で消滅している」とし、原告敗訴判決した。しかし、2012年に最高裁は、「請求権が時効成立で消滅したという被告らの主張は、信義誠実の原則に反しており、認められない」と、2審裁判を再度行うよう判決した。

差し戻し審では損害賠償請求権が消滅していないと判断し、三菱重工側が1人当たり8000万ウォンずつの慰謝料を支払うよう判決した。今回の判決は最終判決で、最高裁は差し戻し審の判決を確定した。

元徴用工らは1999年3月に日本政府と三菱重工を相手に、日本裁判所でも損害賠償請求訴訟を起こしたが、日本最高裁は2008年11月、原告敗訴を確定した。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 価格上昇が続く仮想通貨ビットコイン(BTC)は現地時間24日、1万9000ドルを突破した。コインデ…
  2. 仮想通貨ビットコイン(BTC)が留まる事無く上昇を続けている。現地時間16日以降は1日に1000ド…
  3. 米モデルナの新型コロナワクチンが現地時間16日、ニューヨーク株式市場を再び史上最高値に引き上げた。…
  4. 韓国で13日より室内公共施設などでマスクを着用しなかった場合、10万ウォン(約9400円)の過料が…
  5. 11月11日午前、ソウルにある汝矣島漢江公園のムルビッステージで「都市、空を開く」との副題で開かれ…

おすすめ記事

  1. 済州経済通商振興院東京通商代表部(所長:崔 滄勳)は、11月16日から日本最大の韓流通りである東京…
  2. 韓国のモバイルラーニングシステム開発会社Newin Inc.が日本法人として「株式会社Newin J…
  3. 世界で新型コロナウイルス感染症による死亡者はこれまで約100万人。世界各国が防疫に力を入れているが、…
  4. 済州経済通商振興院(院長:文寬永)がコロナ19によるパンデミック(世界的大流行)の中でも、オンライ…
  5. 韓国の昨年の出生数が最低水準の30万人台序盤に下がった事で、合計出生率も0.92人まで下落した。この…
ページ上部へ戻る
Translate »