対立深まる日韓、「火器管制レーダー照射」VS「威嚇的低空飛行」

写真:韓国海軍駆逐艦「広開土大王(クァンゲト・デワン)」/韓国軍

対立深まる日韓、「火器管制レーダー照射」VS「威嚇的低空飛行」

韓国国防部は24日、韓国海軍駆逐艦「広開土大王(クァンゲト・デワン)」と日本の海上自衛隊のP1哨戒機の間に発生した問題と関連し、「韓国軍は遭難した北朝鮮漁船を救助するため、通常の作戦活動をしていた」とし、「日本側が脅威を感じるようないかなる措置はなかったことを改めて強調したい」と明らかにした。

また、「日本が誤解する部分があるとしたら、通常の手順に従って、両国間でのコミュニケーションと協議を通じて解消するべきだ」とし「このために、今日開催される外交部局長級会議を含めて、国防・外交当局間で緊密に協議をしていく」と述べた。

日本と韓国の軍当局は、韓国の駆逐艦が遭難した北朝鮮の漁船を探索する過程で海上自衛隊の哨戒機に火器管制レーダーを照射した問題を巡り対立している。日本側は、韓国艦艇が攻撃用レーダーで自衛隊の哨戒機を狙って数分間何度も照射したと主張する一方、韓国側は自衛隊の哨戒機に対する威嚇的な措置はなく、むしろ哨戒機が艦艇の上を低空飛行したという立場だ。

低空飛行と関連し、韓国軍合同参謀本部は、「一国の軍艦上の上空を通過するのは異例」とし「日本の哨戒機の異常行動について、遭難船舶の探索のために運用していた追跡レーダーに付着されている光学カメラを回して、哨戒機を監視することになった。その過程で一切の電波放射、追跡レーダー操作はなかった」と強調した。

一方、遭難した北朝鮮の漁船は気象悪化で数週間漂流した。韓国海軍に救助された当時、4人の船員のうち一人は死亡した状態だった。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 仮想通貨ビットコイン(BTC)が留まる事無く上昇を続けている。現地時間16日以降は1日に1000ド…
  2. 米モデルナの新型コロナワクチンが現地時間16日、ニューヨーク株式市場を再び史上最高値に引き上げた。…
  3. 韓国で13日より室内公共施設などでマスクを着用しなかった場合、10万ウォン(約9400円)の過料が…
  4. 11月11日午前、ソウルにある汝矣島漢江公園のムルビッステージで「都市、空を開く」との副題で開かれ…
  5. ‐2018年1月以来の1万5000ドル超え‐コロナ禍に米大統領選の不確実性加わり‐大統領選不服によ…

おすすめ記事

  1. 済州経済通商振興院東京通商代表部(所長:崔 滄勳)は、11月16日から日本最大の韓流通りである東京…
  2. 韓国のモバイルラーニングシステム開発会社Newin Inc.が日本法人として「株式会社Newin J…
  3. 世界で新型コロナウイルス感染症による死亡者はこれまで約100万人。世界各国が防疫に力を入れているが、…
  4. 済州経済通商振興院(院長:文寬永)がコロナ19によるパンデミック(世界的大流行)の中でも、オンライ…
  5. 韓国の昨年の出生数が最低水準の30万人台序盤に下がった事で、合計出生率も0.92人まで下落した。この…
ページ上部へ戻る
Translate »