サムソン電子、第2四半期の営業利益14.8兆ウォン…「半導体事業好調の裏で、ギャラクシ ーS9不振」(総合)

サムソン電子は6日、2018年第2四半期の暫定業績を発表した。発表によると、連結基準売上は58兆ウォンで、営業利益は14.8兆ウォンだった。

 

第2四半期の業績は、売上が前期比4.23%、営業利益が5.37%とそれぞれ減少。前年の同期比では売上が4.92%減少、営業利益が5.19%増加という結果だった。 

 

第2四半期の営業利益14.8兆ウォンという数字は、市場の期待値を下回る実績だ。

金融情報会社ワイズエフアンドによると、韓国内の各証券会社は、サムソン電子が第2四半期に15兆3048億ウォンの営業利益を上げるものと予測したという。しかしこの日、同社が暫定的に発表した実績は、それを約5000億ウォン下回る水準であった。

 

半導体事業は好調を見せる一方で、ギャラクシーS9の売上が予想よりも伸びなかったことが原因と見られている。

 

未来アセット大宇のパク・ウォンジェ研究員は「半導体事業は依然として好調であるが、スマートフォン事業に関しては期待以上の成果を出せなかったのではないか」と評価した。 

 

またパク研究員は「ギャラクシーノート9など、後続モデルの発売時期が早まると予想される。しかし(スマートフォン事業では)大幅な実績改善は難しいだろう」とも話した。

 

km@fnnews.com キム・ギョンミン記者

翻訳者:M.I

関連記事

ピックアップ記事

  1. 「日本の軍備増強は侵略が目的」=北朝鮮メディア 北朝鮮の朝鮮労働党機関紙・労働新聞は20日、日…
  2. ジャーナリストのジャマル・カショギ氏/写真は Jamal Khashoggiサイトより サウジ…
  3. 記者行方不明事件でトルコとイランが笑う...そのわけは? トルコで発生したジャーナリストの行方…
  4. OPEC、原油価格見通しを"下落"に 石油輸出国機構(OPEC)は、一時期1バレル=100ドル…
  5. 天才ハッカーとして知られるジョージ・ホッツ氏/WIKIMEDIA COMMONS(ジョージ・ホッツ)…

おすすめ記事

  1. 2018-10-19

    ローマ法王が電撃訪朝受託…朝鮮半島平和プロセス新局面に

    フランシスコ法王は、この「秘密の間」で文大統領に向けて訪朝の意思を電撃表明した。/韓国大統領府より …
  2. 2018-10-18

    エンパイアステートビルが500万円で売れた?仮想空間の不動産売買に関心集中…大阪城も物件に登場

    エンパイアステートビルが500万円で売れた?仮想空間の不動産売買に関心集中...大阪城も物件に登場 …
  3. 2018-10-17

    ブロックチェーン基盤「モバイル身分証」が来年登場

    ブロックチェーン基盤「モバイル身分証」が来年登場 「来年の第1四半期に発売を目標に、ブロックチェー…
  4. 2018-10-12

    [米国発アジア市場ショック] 韓国KOSPI指数の下値予測は無意味…年内反騰は米国金利次第

    [米国発アジア市場ショック] 韓国KOSPI指数の下値予測は無意味…年内反騰は米国金利次第 ‐…
  5. 2018-10-11

    金利パニックに米株暴落…高まる不安心理

    金利パニックに米株暴落…高まる不安心理 米国株式市場が10日、大型ハイテク銘柄を中心に大幅下落した…

アーカイブ

ページ上部へ戻る