ホンダ、英工場2022年閉鎖予定…「従業員3500人失業危機」

ホンダ、英工場2022年閉鎖予定…「従業員3500人失業危機」

‐ブレグジットによる不確実性に負担
‐日本国内生産自動車のEU関税撤廃も主要因
‐労働界「ブレグジットの不確実性で英国の製造業は崩壊寸前」

日本の自動車メーカー、ホンダが英国生産ラインの一部を閉鎖する予定である事が分かった。

これにより、ブレグジット(イギリスのEU離脱)による影響を最小限に抑えようとしていた、英国のテリーザ・メイ政権の計画に汚点が残る事となった。

18日、米経済チャンネルCNBCや英紙フィナンシャル・タイムズ(FT)、米新聞大手ニューヨーク・タイムズ(NYT)などの海外メディアによると、英国スウィンドンの素材工場は2022年に廃止される予定で、これにより従業員3500人が失業の危機に面する。スウィンドン工場は30年以上の間、「シビック」などの米国やEUに輸出される車両を、年間約16万台生産して来た。

FT紙は、「この様なホンダの動きは、日産が英国サンダーランドの工場で、SUV車”X-Trail”の新規モデルを生産しないと決定してから、僅か2週間後の出来事」だと、「早ければ19日にも、工場閉鎖の可否を公式発表すると見られる」と伝えた。

現在ホンダは、この様な計画について「肯定するにも否定するにも適切な時期ではない」と、言及を避けている。

日産とホンダは、この様な決定はブレグジットとは無関係との立場。共和党のジャスティン・トムリンソン議員は、「ホンダの決定は世界的な潮流によるもので、ブレグジットとは関係が無い」と、「トルコの素材工場も、ヨーロッパ向け自動車生産ラインが日本国内に移転し、閉鎖される」と話した。

海外メディアは、ブレグジットによる不確実性と、日本とEU間における自動車関税撤廃が、今回のホンダの英国工場閉鎖の主な要因として働いたとの分析だ。

日本からEUに輸出される自動車にかけられる関税は、2027年までに10%から0%に下げられる。FT紙は、「ブレグジット以降の英国の貿易関係が不透明な中、ホンダが日本国内で自動車を製造し、EUに輸出する事がローコストであると判断したもの」と見ている。NYT紙も、関税撤廃条項を含んだ日本とEUの新たな貿易協定に加え、日本国内で生産する場合、成長の可能性が大きい中国とインドの自動車市場により近く、ホンダにとって利益として働くとの見方だ。

自由民主党のビンス・ケーブル代表は、「今回のホンダの英国工場閉鎖が、ブレグジットによるものであろうがあるまいが、これに世界景気が影響した点は認める」とし、「ただし、ブレグジットに関する不確実性が企業にとって負担となる事は事実だ」と話した。労働界もブレグジットによるものだと、「英国製造業の心臓部が崩壊するのも同然だ」と話している。

NYT紙も、「ブレグジットに関する不確実性は、3月29日以降、自動車業界が運営計画を立てる事に負担として働く」と、「昨年の自動車産業に対する投資も半減している」と伝えている。

今回のホンダ工場の廃止により、自動車部品工場も打撃を受けると見られる。NYT紙はホンダ・モーター・ヨーロッパの関係者の話として、スウィンドン工場ではEU地域で生産されていた部品が全体の40%に及ぶと伝えた。

またFT紙は、自動車産業は世界景気鈍化により貿易緊張が続いており、全世界的に減少傾向に入ったと分析している。米自動車メーカーのGMが昨年11月、北米5ヶ所の工場を含む、全世界7ヶ所の工場を閉鎖すると発表したのに続き、フォードもヨーロッパの工場を再構成する事により、数千人の人員を削減する事を先月明らかにしている。

翻訳:水野卓

関連記事

ピックアップ記事

  1. ‐ビットコイン、1万6000ドル台まで下落‐大口投資家による大量売却の可能性も‐OKEx出金再開で…
  2. 価格上昇が続く仮想通貨ビットコイン(BTC)は現地時間24日、1万9000ドルを突破した。コインデ…
  3. 仮想通貨ビットコイン(BTC)が留まる事無く上昇を続けている。現地時間16日以降は1日に1000ド…
  4. 米モデルナの新型コロナワクチンが現地時間16日、ニューヨーク株式市場を再び史上最高値に引き上げた。…
  5. 韓国で13日より室内公共施設などでマスクを着用しなかった場合、10万ウォン(約9400円)の過料が…

おすすめ記事

  1. 済州経済通商振興院東京通商代表部(所長:崔 滄勳)は、11月16日から日本最大の韓流通りである東京…
  2. 韓国のモバイルラーニングシステム開発会社Newin Inc.が日本法人として「株式会社Newin J…
  3. 世界で新型コロナウイルス感染症による死亡者はこれまで約100万人。世界各国が防疫に力を入れているが、…
  4. 済州経済通商振興院(院長:文寬永)がコロナ19によるパンデミック(世界的大流行)の中でも、オンライ…
  5. 韓国の昨年の出生数が最低水準の30万人台序盤に下がった事で、合計出生率も0.92人まで下落した。この…
ページ上部へ戻る
Translate »