ビットコインが再び上昇気流?…3900ドル台を一時回復

ビットコインが再び上昇気流?…3900ドル台を一時回復

仮想通貨市場がほぼ全面高の展開だ。ここ数日間下落圧力で弱い値動きを見せたビットコイン(BTC)は一時3900ドル台を回復する強力な動きをみせ、投資家の注目を集めている。

コインマーケットキャップによると、ビットコインの価額は6日午後4時時点で3890ドル前後で推移している。一時は3900ドルを突破する勢いもみせ、強力な抵抗線となっている4000ドルに再び挑戦する模様だ。

ビットコインの好調ぶりに殆どのコインも上げ幅を拡大している。時価総額2位のイーサリアム(ETH)は7.5%高の138ドル、3位のリップル(XRP)は2.7%高の0.31ドルを記録中だ。注目を集めるのは時価総額58位のエンジンコイン(ENJ)。サムスン電子の新型スマホ「ギャラクシーS10」でのサポートが決定して以来、上昇の勢いが続いている。同日は22%を超える急騰の動きを見せている。

一方、多数の仮想通貨アナリストは、ビットコインが昨年後半の低迷から回復期に転じたと判断している。意見のまとめてみると、△ビットコインの半減期突入 △機関投資家らの市場参入 △スターバックスの仮想通貨決済導入の可能性などにより、市場に活気が戻ると予想している。

info@fnnews.jp
Copyright © The financial news japan. All rights reserved.
ファイナンシャルニュースジャパン

関連記事

ピックアップ記事

  1. 写真はバイデン候補のツイッタから 米国大統領選挙が2週後に迫った状況で、民主党のジョー・バイデン候…
  2. 中国経済が新型コロナショックを乗り越えV字回復へ向かっている。不振を抜け出せなかった消費が元に戻り…
  3. 韓国行政安全部は16日、OECD(経済協力開発機構)が初めて実施した「デジタル政府評価」で韓国政府が…
  4. 米中摩擦の間で、BTSが予想外の災難に見舞われた。 中国のネットユーザーらは「BTSが好きなら売国…
  5. 米テスラのイーロン·マスク最高経営者(CEO)が、今年創立以来初めて、年間50万台を超える自動車を…

おすすめ記事

  1. -コロナ19状況下、オフラインからオンラインマーケティングにシフト 済州経済通商振興院東京通商代表…
  2. 世界で新型コロナウイルス感染症による死亡者はこれまで約100万人。世界各国が防疫に力を入れているが、…
  3. 済州経済通商振興院(院長:文寬永)がコロナ19によるパンデミック(世界的大流行)の中でも、オンライ…
  4. 韓国の昨年の出生数が最低水準の30万人台序盤に下がった事で、合計出生率も0.92人まで下落した。この…
  5. −S&P500、ダウ平均株価も上昇で終了−アップル時価総額2兆ドル、テスラ株2000ドル突…
ページ上部へ戻る
Translate »