「ブスだからレイプではない」…とんでもない判決に市民が激怒

「ブスだからレイプではない」…とんでもない判決に市民が激怒

性的暴行の被害女性の容姿が「あまりにも男っぽい」とし、性的暴行の容疑を認めなかった裁判判決が伝えられ、イタリアで抗議デモが起きた。

11日(現地時間)、英ガーディアン紙などによると、イタリア控訴裁判所から下された判決が大きな問題となっている。

2015年、イタリアで二人の男性が当時22歳だったペルー人女性に性的暴行を加えた疑いで起訴された。被害にあった女性は、夜の授業を終えて二人と一緒にバーに行ったが、薬物が混入されたドリンクを飲んだ後に暴行に遭ったという。女性の血液からは睡眠・鎮静剤として使われるベンゾジアゼピン(benzodiazepine)系の成分が多く検出された。

一審では有罪判決が言い渡された。問題は控訴審だった。イタリア中部・アンコーナの裁判所は一審判決を破棄し彼らに無罪を言い渡した。さらに無罪の理由があまりも衝撃的で、イタリア社会全体を激震させている。

控訴審は、被害を主張する女性の容姿が「男っぽく見え、魅力がないため、性的暴行を受けたという主張に信ぴょう性がない」と無罪の理由を説明した。また「この女性に性的魅力を感じなかった」との被告人の供述、被告人の携帯電話にこの女性が「バイキング」という名前で登録されていることも無罪の理由に挙げた。

女性の弁護人は「この部分が判決文に含まれていることを確認し、最高裁へ上告した」とし「口にするのも汚らわしい内容だ」と述べた。また「裁判所は無罪判決を言い渡した様々な理由を記しているが、”女性の容姿が『醜い』から好みではなかった”という被告人の供述について、”この女性の写真が彼らの主張を反映している”とも書いている」と裁判所の判決を強く非難した。

一方、同控訴審の判決は最近最高裁判所で破棄差し戻しになり、世に知られることになった。とんでもない判決に約200人の市民が控訴裁判所の前に集まり抗議デモを行った。

翻訳:尹怡景

関連記事

ピックアップ記事

  1. 先月27日、UPbitから流出した580億ウォン(約53億円)相当の仮想通貨が事件発生後の2週間で1…
  2. 「逃亡犯条例」改定案への反対で始まった「香港デモ」の参加者らが、米時事週刊誌タイムの読者が選んだ「今…
  3. 香港のサウス・チャイナ・モーニング・ポストが最近、韓国で老若男女を問わず人気の韓国教育専門放送局EB…
  4. 株式会社「帝美」は12月10日、東京・目黒に位置する雅叙園で開催された、会員数1000人を超える年商…
  5. ナイキが「ブロックチェーン・スニーカー」の特許を出願した。 10日(現地時間)、ザ・ブロック…

おすすめ記事

  1. gjsr
    来年の世界の株式市場は米国の「10年天下」が幕を下ろし、日本、韓国、ドイツ、中国などの新たな「10年…
  2. 日本のソフトバンクと韓国のNAVERが結んだ「テックフィン同盟」では、ブロックチェーン技術が統合会社…
  3. 中国がブロックチェーン・仮想通貨技術を元にした「デジタル人民元」発行の秒読み段階に入った。専門家らは…
  4. 韓国ゲーム物管理委員会のイ・ジェホン委員長がブロックチェーンゲームと関連して「歓迎する」との立場を明…
  5. 北朝鮮が国を挙げて観光産業育成に乗り出したなか、観光大国であるキューバ共和国がロールモデルになるかも…
ページ上部へ戻る