「ブスだからレイプではない」…とんでもない判決に市民が激怒

「ブスだからレイプではない」…とんでもない判決に市民が激怒

性的暴行の被害女性の容姿が「あまりにも男っぽい」とし、性的暴行の容疑を認めなかった裁判判決が伝えられ、イタリアで抗議デモが起きた。

11日(現地時間)、英ガーディアン紙などによると、イタリア控訴裁判所から下された判決が大きな問題となっている。

2015年、イタリアで二人の男性が当時22歳だったペルー人女性に性的暴行を加えた疑いで起訴された。被害にあった女性は、夜の授業を終えて二人と一緒にバーに行ったが、薬物が混入されたドリンクを飲んだ後に暴行に遭ったという。女性の血液からは睡眠・鎮静剤として使われるベンゾジアゼピン(benzodiazepine)系の成分が多く検出された。

一審では有罪判決が言い渡された。問題は控訴審だった。イタリア中部・アンコーナの裁判所は一審判決を破棄し彼らに無罪を言い渡した。さらに無罪の理由があまりも衝撃的で、イタリア社会全体を激震させている。

控訴審は、被害を主張する女性の容姿が「男っぽく見え、魅力がないため、性的暴行を受けたという主張に信ぴょう性がない」と無罪の理由を説明した。また「この女性に性的魅力を感じなかった」との被告人の供述、被告人の携帯電話にこの女性が「バイキング」という名前で登録されていることも無罪の理由に挙げた。

女性の弁護人は「この部分が判決文に含まれていることを確認し、最高裁へ上告した」とし「口にするのも汚らわしい内容だ」と述べた。また「裁判所は無罪判決を言い渡した様々な理由を記しているが、”女性の容姿が『醜い』から好みではなかった”という被告人の供述について、”この女性の写真が彼らの主張を反映している”とも書いている」と裁判所の判決を強く非難した。

一方、同控訴審の判決は最近最高裁判所で破棄差し戻しになり、世に知られることになった。とんでもない判決に約200人の市民が控訴裁判所の前に集まり抗議デモを行った。

翻訳:尹怡景

関連記事

ピックアップ記事

  1. 米国のドナルド・トランプ大統領が19日、イランに強力な最終警告を投げ掛けた。この日の警告は、イラクの…
  2. 脱北女性の多くが中国で売春などを強要されていると、英国の民間団体が発表した。…
  3. 米国証券取引委員会(SEC)がビットコインETF(上場投資信託)の承認判断を再び延期した。SECは2…
  4. 「韓国経済、下落に突入…2020年代には成長率1%台」 -生産性の鈍化で成長率は下落…拡張的…
  5. 米中貿易交渉を再開するための最後のチャンネルと期待されている、両国の高位級貿易交渉が岐路に立たされて…

おすすめ記事

  1. 2019-5-20

    ファーウェイ、「米市場を放棄してでも、妥協はしない」…攻勢に出る中国

    米中貿易交渉を再開するための最後のチャンネルと期待されている、両国の高位級貿易交渉が岐路に立たされて…
  2. 2019-5-14

    激化する米中貿易摩擦、次は通貨安競争か

    貿易交渉で対立している米国と中国が、最悪の状況を想定した防御の準備に苦心している模様だ。安定に維持し…
  3. 2019-5-13

    Uberも上場直後から株価急落…スタートアップの限界露呈?

    2014年のアリババ上場後、約5年振りの超大型新規株式公開(IPO)として注目を集めていたUberだ…
  4. 2019-5-9

    イラン、核開発再開を宣言… 緊張感高まる中東情勢

    イランが西側諸国と2015年に締結した核合意の履行を一部停止するとの方針を8日(現地時間)に打ち出し…
  5. 2019-5-8

    再び浮上する「北朝鮮リスク」…韓国の国家信用等級格上げは遠く

    韓国の国家信用等級格上げの障害となっていた北朝鮮リスクが、再び浮上する兆候がみられる。…

アーカイブ

ページ上部へ戻る