クジラに飲み込まれた男性、助かった理由は?

クジラに飲み込まれた男性、助かった理由は?

ダイビングをしていた50代男性がクジラに飲み込まれそうになった事件が発生した。

オーストラリア・News.com.auなど海外メディアは最近、南アフリカ共和国・ポートエリザベス近くでダイビングツアーをしていたライナー・シェイフ(51)さんが巨大なニタリクジラに飲み込まれたが、無事に生還したと報じた。

この日、シェイフさんは二人の仲間と一緒にシュノーケリングをしていた。サメの姿を撮影しようとした瞬間、巨大な何かがシェイフさんを襲った。

シェイフさんは「周りが真っ暗になり、お尻に圧力を感じた。クジラに飲み込まれたことに気付いた」とし、「恐怖を感じる時間もなかった。飲み込まれた瞬間、本能通り行動した。クジラが深海で吐き出すことを予想し息を止めた」と当時の状況を語った。

幸にもクジラはすぐにシェイフさんを吐き出し、彼は助かることができた。

大きさが15m以上のニタリクジラは大西洋、インド洋、太平洋など世界のあらゆる海に生息している。ニタリクジラは主にオキアミ、プランクトン、サバ、イワシなどを食べる。

シェイフさんを飲み込んだニタリクジラは普段食べていたものと違ったため、彼を吐き出したとみられる。

全てを見ていた仲間のダイバーは「クジラは人を食べない。私たちを攻撃したわけでもなく、ただの偶然だっただけ」と説明した。

シェイフさんは「もし私を飲み込んだのがサメだったなら、私は今ここにいないだろう」と安堵した。

翻訳:尹怡景

関連記事

ピックアップ記事

  1. アイスランドで「700歳氷河」の追悼式…理由は「地球温暖化」 気候変動により溶け出したアイス…
  2. 北朝鮮が食肉供給のためにウサギ飼育に心血を注いでいる。金正恩北朝鮮国務委員長もウサギの肉をさらに多く…
  3. 米財務省、50年債の発行検討 米国政府が急速に増える債務に対応するため、50〜100年にも及…
  4. 中国、米国産大豆と豚肉を大量購入へ 米中貿易紛争の実務交渉が開かれる予定の中で、中国の米国産…
  5. トランプ大統領「今年中に金正恩氏と再び会うだろう」…非核化交渉再開の意思 米国のドナルド・ト…

おすすめ記事

  1. LINE、日本で仮想通貨取引所オープン…クリプト金融市場開拓へ -BTC・ETH・XRP・B…
  2. [ワールドリポート] 炎に包まれる地球 北極やシベリア、インドネシア、ついにはアマゾンまで。…
  3. 写真は香港の行政トップ林鄭月娥行政長官/香港政府公式ホームページから 「逃亡犯条例」撤回引き…
  4. 韓国の文在寅大統領は30日、「金正恩北朝鮮国務委員長の韓−ASEAN特別首脳会議への参加可能性」につ…
  5. 北朝鮮メディアは最近、新型ミサイル発射実験を視察する金正恩国務委員長の姿を公開し注目を集めた。特に金…
ページ上部へ戻る