クジラに飲み込まれた男性、助かった理由は?

クジラに飲み込まれた男性、助かった理由は?

ダイビングをしていた50代男性がクジラに飲み込まれそうになった事件が発生した。

オーストラリア・News.com.auなど海外メディアは最近、南アフリカ共和国・ポートエリザベス近くでダイビングツアーをしていたライナー・シェイフ(51)さんが巨大なニタリクジラに飲み込まれたが、無事に生還したと報じた。

この日、シェイフさんは二人の仲間と一緒にシュノーケリングをしていた。サメの姿を撮影しようとした瞬間、巨大な何かがシェイフさんを襲った。

シェイフさんは「周りが真っ暗になり、お尻に圧力を感じた。クジラに飲み込まれたことに気付いた」とし、「恐怖を感じる時間もなかった。飲み込まれた瞬間、本能通り行動した。クジラが深海で吐き出すことを予想し息を止めた」と当時の状況を語った。

幸にもクジラはすぐにシェイフさんを吐き出し、彼は助かることができた。

大きさが15m以上のニタリクジラは大西洋、インド洋、太平洋など世界のあらゆる海に生息している。ニタリクジラは主にオキアミ、プランクトン、サバ、イワシなどを食べる。

シェイフさんを飲み込んだニタリクジラは普段食べていたものと違ったため、彼を吐き出したとみられる。

全てを見ていた仲間のダイバーは「クジラは人を食べない。私たちを攻撃したわけでもなく、ただの偶然だっただけ」と説明した。

シェイフさんは「もし私を飲み込んだのがサメだったなら、私は今ここにいないだろう」と安堵した。

翻訳:尹怡景

関連記事

ピックアップ記事

  1. 韓国で新型コロナウイルス感染症(コロナ19)が急増している中、米疾病対策センター(CDC)が韓国への…
  2. 新型コロナウイルスの感染拡大により中国国内にある工場の正常稼働が遅れ、経営への影響が憂慮される。新型…
  3. 韓国外交部の康京和長官がドイツで開かれるミュンヘン安全保障会議(MSC)に参席し、現地時間15日午前…
  4. 中国湖北省武漢市で発生した新型コロナウイルス(COVID-19)の感染者と死者の数が減少した。しかし…
  5. 韓国外交省が日韓軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の効力終了について「いつでも可能だ」とし、日本…

おすすめ記事

  1. 世界的に7万人に近い感染拡大を招いた新型コロナウイルス感染症(コロナ19)の震源地について、当初知ら…
  2. 中国から来る宅配便は果たして新型コロナウイルスに安全だろうか。…
  3. Googleの親会社であるアルファベットの時価総額が16日(現地時間)、1兆ドル(約110兆円)を突…
  4. 「火の手から逃れたカンガルーの避難場所となっていたゴルフ場が"死の大地(キリング・フィールド)"にな…
  5. 昨年、韓国と隣国との国際関係は例年以上に多事多難だった。昨年7月の日本の輸出管理厳格化により韓国国内…
ページ上部へ戻る
Translate »