クジラに飲み込まれた男性、助かった理由は?

クジラに飲み込まれた男性、助かった理由は?

ダイビングをしていた50代男性がクジラに飲み込まれそうになった事件が発生した。

オーストラリア・News.com.auなど海外メディアは最近、南アフリカ共和国・ポートエリザベス近くでダイビングツアーをしていたライナー・シェイフ(51)さんが巨大なニタリクジラに飲み込まれたが、無事に生還したと報じた。

この日、シェイフさんは二人の仲間と一緒にシュノーケリングをしていた。サメの姿を撮影しようとした瞬間、巨大な何かがシェイフさんを襲った。

シェイフさんは「周りが真っ暗になり、お尻に圧力を感じた。クジラに飲み込まれたことに気付いた」とし、「恐怖を感じる時間もなかった。飲み込まれた瞬間、本能通り行動した。クジラが深海で吐き出すことを予想し息を止めた」と当時の状況を語った。

幸にもクジラはすぐにシェイフさんを吐き出し、彼は助かることができた。

大きさが15m以上のニタリクジラは大西洋、インド洋、太平洋など世界のあらゆる海に生息している。ニタリクジラは主にオキアミ、プランクトン、サバ、イワシなどを食べる。

シェイフさんを飲み込んだニタリクジラは普段食べていたものと違ったため、彼を吐き出したとみられる。

全てを見ていた仲間のダイバーは「クジラは人を食べない。私たちを攻撃したわけでもなく、ただの偶然だっただけ」と説明した。

シェイフさんは「もし私を飲み込んだのがサメだったなら、私は今ここにいないだろう」と安堵した。

翻訳:尹怡景

関連記事

ピックアップ記事

  1. 韓国裁判所は25日、元朝鮮女子勤労挺身(ていしん)隊員らが申請した三菱重工業の韓国内資産の差し押さえ…
  2. 米国債3ヶ月物の利回りが、10年物の利回りを上回った。これは世界金融危機直前の2007年以降12年振…
  3. 韓国株式市場が25日、世界的な景気鈍化への懸念で大幅下落でスタートした。…
  4. 韓国男性全体のイメージダウンへと繋がってしまったクラブ・バーニングサン事件。イ・ムンド代表はマスコミ…
  5. 仮想通貨業界の代表的な楽観主義者であるビットメックスのCEOアーサー・ヘイズ氏が肯定的な見通しを出し…

おすすめ記事

  1. 2019-3-21

    Galaxy S10の仮想通貨ウォレットが注目されている理由

    ブロックチェーン・仮想通貨業界でいま注目を浴びているのが、サムスン電子の最新スマートフォンGalax…
  2. 2019-3-20

    「安保より実利」 米同盟国の背信…反中国連合に亀裂

    米国を中心とした反中国連合戦線に亀裂が生じ始めている。米国の同盟国を中心にした「反ファーウェイ戦線」…
  3. 2019-3-19

    韓食の決め手は塩

    塩をひとつまみ入れることで隠れていたうま味や甘味、辛み、などがすべて出てくるのです。キムチ作りにも白…
  4. 2019-3-18

    ピザ2枚から始まった仮想通貨決済…月々の家賃支払いまで可能に

    ブロックチェーン・仮想通貨業界で2010年5月22日は「ビットコインピザの日」と呼ばれている。米フロ…
  5. 2019-3-15

    スンリとチョン・ジュニョン、夜通しの取り調べ後帰宅…スンリは「入隊延期」

    性接待疑惑が取り沙汰されているBIGBANGのメンバー、スンリ(本名イ・スンヒョン、29才)と、性関…

アーカイブ

ページ上部へ戻る