ニュージーランド銃乱射事件で死者50人…人種・宗教問題浮き彫りに

ニュージーランド銃乱射事件。写真はブレントン・タラント容疑者がフェイスブックで配信したライブ動画より。

ニュージーランド銃乱射事件で死者50人…人種・宗教問題浮き彫りに

15日、ニュージーランドで発生した銃乱射事件の死者が50人に達し、事件の余波が国際的な人種間、宗教間の問題に変わりつつある。世界各地で犯人を擁護する発言、復讐を誓う警告が発せられており、今後、模倣犯や報復犯罪の危険性が高まっている状況だ。

■死者50人に達する
AP通信などによると、ニュージーランドのマイク・ブッシュ警察局長は17日の発表で、2日前の事件の死者が更に発見されたとし、「ニュージーランド南島最大の都市クライストチャーチで発生した2件の連続銃撃事件で、50人が死亡し、50人が負傷した」と伝えた。負傷者50人の内の36人は入院中で、この内の2人は危篤状態にある事も分かった。

警察によると、ブレントン・タラント容疑者は事件当日、市内中心部のイスラム寺院マスジドアルヌールモスクに侵入し、銃を撃ち始めた。警察へ最初の通報が入った時刻は、午後1時42分だった。アルヌールモスクで42人を殺害したタラント容疑者は、車で市の外郭にあるリンウッドマスジドモスクに移動し、建物の外で銃を撃ち、8人を殺害、更に警察とのカーチェイスを繰り広げ、最初の通報から36分経過した後に逮捕された。

タラント容疑者は犯行前に、自身のフェイスブックで74ページに及ぶ声明文を公開し、その後、自身の犯行過程をフェイスブックでライブ配信していた。ニュージーランド総理室は、容疑者はジャシンダ・アーダーン首相の公式メールアドレスにも声明文を送信していたが、犯行直前に送られたため、事件を防げなかったとしている。

タラント容疑者は声明で、自身がどの団体にも属していないとしつつも、「数多くの国家主義団体に接触し、寄付をした」と主張している。警察は、この日の現場付近で2人の銃器所持者を逮捕したものの、2人とも事件との関係性は無かったとしており、タラント容疑者単独での犯行だったと判断している。

オーストラリア出身である事を明かしたタラント容疑者は声明で、ニュージーランドの様に世界から遠く離れた地域でも、大規模な移民問題から無関係ではいられない事を見せつけるため、ニュージーランドを犯行場所にしたと記している。

警察は、東南部の都市ダニーデンにあるタラント容疑者の住まいを捜索し、手製の爆弾2個を発見、解体処理した。今回の事件で小銃や散弾銃など、5つの銃を使用したタラント容疑者は、合法的な銃器保有者だった。これについてアーダーン首相は16日の発表で、今後銃器規制を強化すると語気を強めた。

■人種・宗教問題へと拡大
今回の事件で人命被害の規模同様に衝撃だったのは犯行動機。容疑者は声明で、移民、特にイスラム教信者を侵略者だと決め付け、彼らが白人の土地を占有していると主張している。また、自身の犯行はテロではなく、占領軍に対するゲリラ活動であるとしている。

海外メディアによると、オーストラリアの体育館で個人トレーナーとして働いていたタラント容疑者は、父親を亡くした翌年の2011年から北朝鮮を含む世界各地を旅し、その後に大きな変化が現れた事が分かった。事件がイスラム教徒を狙った計画犯罪だったという事実が分かると、16日、アーダーン首相をはじめとするニュージーランドの主な政府関係者のツイッターアカウントには、イスラミックステート(IS)の旗と銃が写った写真とともに、「復讐が訪れる」というメッセージが書き込まれた。

実際にISが報復を準備しているのかについては確認されていない。同日、トルコのイスタンブールでは、ビザンチン帝国時代の聖堂として建築された後、オスマン帝国占領期にモスクとして改造されたアヤソフィア博物館を、再びモスクに戻そうというデモが行われた。アヤソフィア博物館は、トルコ共和国建国とともに博物館として生まれ変わったが、イスラム強硬派はこれを再びモスクに戻す事を主張している。タラント容疑者は声明で、この建物にも言及し、モスク時代に建築された尖塔を無くし、キリスト教の聖殿に戻さなければならないと主張していた。

タラント容疑者を擁護する主張も見られた。オーストラリアのフレイザー・アニング上院議員は、オーストラリアのメルボルン近郊で開かれた極右集会で、タラント容疑者の事件に言及し、「イスラム系移民と彼らを受け入れる移民政策のせいで事件が発生した」と話した。

同議員は集会でのインタビューの途中、10代のニュージーランドの少年が議員の顔に向けて生卵を投げた事に激憤し、少年の顔を拳で殴った後に小競り合いとなり、この様子が全て放送された。

米国のドナルド・トランプ大統領は15日の記者会見で、今回の事件は白人至上主義と関連があるかとの質問に、「そんな事はない。私はこの事が非常に、非常に深刻な問題を抱えた少数の人物が起こした事件だと考えている」と、「私は、まだその事についてよく知らされていない」と話した。

翻訳︰水野卓

関連記事

ピックアップ記事

  1. ライバル企業の金融業への進出を見守っていたグーグルが銀行と手を組み、来年から銀行口座サービスを開始す…
  2. 韓国ゲーム物管理委員会のイ・ジェホン委員長がブロックチェーンゲームと関連して「歓迎する」との立場を明…
  3. 韓国NAVERの日本子会社「LINE」と日本のソフトバンク子会社の検索ポータル「ヤフー」が経営統合に…
  4. 北朝鮮が国を挙げて観光産業育成に乗り出したなか、観光大国であるキューバ共和国がロールモデルになるかも…
  5. 米ウォルト・ディズニー社が野心的にリリースした動画ストリーミングサービス「ディズニー・プラス」がサ…

おすすめ記事

  1. 韓国の海外旅行ガイドアプリ「トリプル」が今年12月第3週から来年年初までの約3週間登録された旅行日程…
  2. 沖縄にある首里城の火災は韓国人が放火したのではないかというデマが広がっている。…
  3. 北朝鮮は25日、金剛山観光地区から韓国側の施設を撤去する計画の議論を求める通知文書を発送した。…
  4. 中国の経済成長率が史上最低水準に低下した。中国の景気減速速度が速くなり、今年の経済成長率が6%前半で…
  5. 今年6月に沖縄県那覇市で中国人観光客をAEDで助けた蔚山(ウルサン)消防本部職員に那覇市消防局長から…
ページ上部へ戻る