韓国憲法裁、「堕胎罪」に憲法不合致決定

韓国憲法裁、「堕胎罪」に憲法不合致決定

韓国憲法裁判所は11日、堕胎罪の違憲性について「憲法不合致」との判断を下した。人工妊娠中絶などによる堕胎に対し処罰することに歯止めをかけたことで、妊娠初期の堕胎の場合、妊婦の自己決定権を認めた。

憲法裁判所は同日午後2時、堕胎罪処罰条項の刑法第269条第1項(同意堕胎罪)と第270条第1項(自己堕胎罪)に対する憲法訴訟審判宣告期日を開き、裁判官7対2の意見で憲法不合致を決定し、2020年12月31日までに同法律の改正を命じた。憲法不合致は、法の規定が憲法に違反するが、すぐに効力を失えば、法的空白による社会的混乱が生じる可能性があり、法改正のための期限を置くための決定だ。

憲法裁判所は「妊娠中の女性の自己決定権を制限しており、侵害の最小性を備えていない。胎児の生命保護という公益にのみ一方的かつ絶対的な優位性を付与し、妊娠中の女性の自己決定権を侵害した」と判断した。また、「妊娠中の女性の嘱託、又は承諾を受けて堕胎させた医師を処罰する同意堕胎罪も同じ理由で違憲だ」と明らかにした。

同決定で国会は2020年12月31日まで、堕胎するかどうかを妊婦が決めることができるよう刑法の規定を改正しなければならない。ただ、すべての堕胎を認めることではなく、妊娠初期に限られる。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 新型コロナウイルス肺炎の確定患者と死者が1日の間に急増した。中国は春節休暇を延長してまで全力で対応に…
  2. 米プロバスケットボール(NBA)の伝説的なスター、コービー・ブライアント(41)が26日、ヘリコプタ…
  3. 投資コンサルティング会社「玄海インベストメントアドバイザー」が大規模な太陽光発電施設向けの新ファンド…
  4. 「新型肺炎」と呼ばれる新種のコロナウイルスの宿主がコウモリだという、中国研究者の分析が出た。…
  5. 国際通貨体制に一大変化が予告されている。欧州連合(EU)、英国、カナダ、スウェーデン、スイス、日本な…

おすすめ記事

  1. Googleの親会社であるアルファベットの時価総額が16日(現地時間)、1兆ドル(約110兆円)を突…
  2. 「火の手から逃れたカンガルーの避難場所となっていたゴルフ場が"死の大地(キリング・フィールド)"にな…
  3. 昨年、韓国と隣国との国際関係は例年以上に多事多難だった。昨年7月の日本の輸出管理厳格化により韓国国内…
  4. イランがイラク西部の米軍基地をミサイルで攻撃したならないか、国際原油価格と安全資産である金の価格が急…
  5. オーストラリア南東部の史上最悪の森林火災で、今まで野生動物5億匹が死んだと推定された。米CNBCによ…
ページ上部へ戻る