韓国憲法裁、「堕胎罪」に憲法不合致決定

韓国憲法裁、「堕胎罪」に憲法不合致決定

韓国憲法裁判所は11日、堕胎罪の違憲性について「憲法不合致」との判断を下した。人工妊娠中絶などによる堕胎に対し処罰することに歯止めをかけたことで、妊娠初期の堕胎の場合、妊婦の自己決定権を認めた。

憲法裁判所は同日午後2時、堕胎罪処罰条項の刑法第269条第1項(同意堕胎罪)と第270条第1項(自己堕胎罪)に対する憲法訴訟審判宣告期日を開き、裁判官7対2の意見で憲法不合致を決定し、2020年12月31日までに同法律の改正を命じた。憲法不合致は、法の規定が憲法に違反するが、すぐに効力を失えば、法的空白による社会的混乱が生じる可能性があり、法改正のための期限を置くための決定だ。

憲法裁判所は「妊娠中の女性の自己決定権を制限しており、侵害の最小性を備えていない。胎児の生命保護という公益にのみ一方的かつ絶対的な優位性を付与し、妊娠中の女性の自己決定権を侵害した」と判断した。また、「妊娠中の女性の嘱託、又は承諾を受けて堕胎させた医師を処罰する同意堕胎罪も同じ理由で違憲だ」と明らかにした。

同決定で国会は2020年12月31日まで、堕胎するかどうかを妊婦が決めることができるよう刑法の規定を改正しなければならない。ただ、すべての堕胎を認めることではなく、妊娠初期に限られる。

関連記事

ピックアップ記事

  1. -日本最大500以上の企業が出展- (社)済州経済通商振興院東京通商代表部(所長:崔滄勳)は、日本…
  2. 北朝鮮の金正恩国務委員長の妹であり北朝鮮のナンバー2としても知られる金与正氏が朝鮮労働党中央委員会…
  3. 韓国の生活水準を表す昨年の1人あたりの国民総所得(GNI)がG7(主要先進国)構成国家のイタリアを…
  4. 米テスラのCEO(最高経営者)イーロン·マスク氏が世界最高の富豪となった。世界最高の富豪順位が変わ…
  5. −英国、1日で約6万人の感染者−ジョンソン首相「絶望的…怖い」−ワクチンが無用の長物となる危機−ド…

おすすめ記事

  1. −年末年始を前に特段の対策が必要−ソウル市、5人以上の集合禁止方針決まる 新型コロナウイルス…
  2. 米国の新型コロナウイルス感染症による1日の死亡者数が過去最悪のテロ事件に上げられる911テロの犠牲…
  3. 済州経済通商振興院東京通商代表部(所長:崔 滄勳)は、11月16日から日本最大の韓流通りである東京…
  4. 韓国のモバイルラーニングシステム開発会社Newin Inc.が日本法人として「株式会社Newin J…
  5. 韓国の中古品売買サイト「ニンジンマーケット」で問題となった出品のキャプチャ ‐該当出品は現在削除、…
ページ上部へ戻る
Translate »