トランプ氏がイラン攻撃を承認?…米メディア「意見の分かれで命令撤回」

トランプ氏がイラン攻撃を承認?…米メディア「意見の分かれで命令撤回」

トランプ米大統領が20日(現地時間)、イラン攻撃を指示したが、突然命令を撤回したことが分かった。米メディアが報じた。

ニューヨーク・タイムズ(NYT)は同日、トランプ大統領がホワイトハウスで補佐陣と議会指導部を集めて会議を開き、イランに対する空襲命令を承認したと伝えた。同命令により、イラン空襲は21日午前8時に実施される予定だった。空襲の目標は、イラン軍のレーダーとミサイル施設。

しかし、空襲作戦は実行されなかった。記事によると、数時間後に同命令を撤回したという。NYTは「空襲作戦が延期されたのか、完全に撤回されたのかは不明」とし「ホワイトハウスをはじめとする米政府省庁は同件についての回答を拒否している」と報じた。

昨年トランプ政府がイランとの核合意から脱退した以来、両国関係は悪化の一途。先月と今月にホルムズ海峡付近で発生したタンカー攻撃をめぐり、両国の対立は激化している。20日にはイラン軍がホルムズ海峡で米軍の無人偵察機1台を撃墜した事件が発生し、緊張感が高まっている状況だ。

トランプ米大統領が空襲命令を突然撤回した理由についてはまだ伝えられていないが、NYTはイラン問題の解決策についての意見が米政府内で分かれていたからだと分析した。特に米国防総省の高官らがイラン空襲が実施されると、事態は取り留めようもなく葛藤と混乱に陥ると主張したという。

トランプ大統領も記者団に対し、「イラン軍の指揮下の誰かが大きなミスをしたと思う」とし、イラン政府全体に対する非難は控える姿を見せた。

Copyright © The financial news japan. All rights reserved.

関連記事

ピックアップ記事

  1. 中国経済が新型コロナショックを乗り越えV字回復へ向かっている。不振を抜け出せなかった消費が元に戻り…
  2. 韓国行政安全部は16日、OECD(経済協力開発機構)が初めて実施した「デジタル政府評価」で韓国政府が…
  3. 米中摩擦の間で、BTSが予想外の災難に見舞われた。 中国のネットユーザーらは「BTSが好きなら売国…
  4. 米テスラのイーロン·マスク最高経営者(CEO)が、今年創立以来初めて、年間50万台を超える自動車を…
  5. 米国ホワイトハウスでの新型コロナウイルス感染拡大が止まらない。日々新たな感染者が発生し、現在までホ…

おすすめ記事

  1. -コロナ19状況下、オフラインからオンラインマーケティングにシフト 済州経済通商振興院東京通商代表…
  2. 世界で新型コロナウイルス感染症による死亡者はこれまで約100万人。世界各国が防疫に力を入れているが、…
  3. 済州経済通商振興院(院長:文寬永)がコロナ19によるパンデミック(世界的大流行)の中でも、オンライ…
  4. 韓国の昨年の出生数が最低水準の30万人台序盤に下がった事で、合計出生率も0.92人まで下落した。この…
  5. −S&P500、ダウ平均株価も上昇で終了−アップル時価総額2兆ドル、テスラ株2000ドル突…
ページ上部へ戻る
Translate »