トランプ氏がイラン攻撃を承認?…米メディア「意見の分かれで命令撤回」

トランプ氏がイラン攻撃を承認?…米メディア「意見の分かれで命令撤回」

トランプ米大統領が20日(現地時間)、イラン攻撃を指示したが、突然命令を撤回したことが分かった。米メディアが報じた。

ニューヨーク・タイムズ(NYT)は同日、トランプ大統領がホワイトハウスで補佐陣と議会指導部を集めて会議を開き、イランに対する空襲命令を承認したと伝えた。同命令により、イラン空襲は21日午前8時に実施される予定だった。空襲の目標は、イラン軍のレーダーとミサイル施設。

しかし、空襲作戦は実行されなかった。記事によると、数時間後に同命令を撤回したという。NYTは「空襲作戦が延期されたのか、完全に撤回されたのかは不明」とし「ホワイトハウスをはじめとする米政府省庁は同件についての回答を拒否している」と報じた。

昨年トランプ政府がイランとの核合意から脱退した以来、両国関係は悪化の一途。先月と今月にホルムズ海峡付近で発生したタンカー攻撃をめぐり、両国の対立は激化している。20日にはイラン軍がホルムズ海峡で米軍の無人偵察機1台を撃墜した事件が発生し、緊張感が高まっている状況だ。

トランプ米大統領が空襲命令を突然撤回した理由についてはまだ伝えられていないが、NYTはイラン問題の解決策についての意見が米政府内で分かれていたからだと分析した。特に米国防総省の高官らがイラン空襲が実施されると、事態は取り留めようもなく葛藤と混乱に陥ると主張したという。

トランプ大統領も記者団に対し、「イラン軍の指揮下の誰かが大きなミスをしたと思う」とし、イラン政府全体に対する非難は控える姿を見せた。

Copyright © The financial news japan. All rights reserved.

関連記事

ピックアップ記事

  1. 韓国の徐虎(ソ・ホ)統一部次官は16日、慶応大学で開催された「朝鮮半島国際平和フォーラム」に出席し、…
  2. 懸念の声が高まっているフェイスブックの独自の仮想通貨「リブラ」が、米国の安保上の問題にまで浮上してい…
  3. 日本による輸出規制措置に対し、韓国政府がWTO(世界貿易機構)を中心とした「国際世論戦」と「WTO提…
  4. ユーザーがアプリに提供するデータに対し、報酬として仮想通貨を付与する「報酬型ブロックチェーンアプリケ…
  5. 通称「カブトムシ」で広く知られている、独フォルクスワーゲン(VW)の小型車「ビートル(Beetle)…

おすすめ記事

  1. トランプ米大統領が12日、就任以来初めて仮想通貨についての見解を示した。…
  2. 10日、「日本の輸出規制」への対応策を講じるための韓国大統領府緊急懇談会に参加した韓国主要企業らは「…
  3. 「徴用工賠償判決」による日韓間の対立に触発された経済摩擦で日韓関係が最悪の状況に陥っている。この様な…
  4. 政府トップの林鄭月娥行政長官が、香港を揺るがしている「逃亡犯条例」改正案の完全廃棄を宣言した。…
  5. 文在寅(ムン・ジェイン)大統領は8日、日本政府の「輸出規制」の撤回を要求した。…
ページ上部へ戻る