ペイパルCFO「加盟店主、仮想通貨に無関心…変動性のせい」

ペイパルCFO「加盟店主、仮想通貨に無関心…変動性のせい」

急騰急落を繰り返す仮想通貨を憂慮する声が相次いでいる。価格変動性のせいに加盟店主らが仮想通貨に無関心であると、オンライン決済サービス、ペイパル財務責任者が指摘した。

ペイパルはすでに自社の加盟店で仮想通貨決済が可能になるべく、これを許容している。

ペイパル最高財務責任者(CFO)のジョン・レイニー氏は16日(以下現地時間)、米国経済チャンネルCNBCのインタビューで「加盟店主らの間で仮想通貨の変動性のせいで事業の継続性が脅かされているとの不満の声が高まっている」と話した。

「販売価格の10%がマージンとして入る製品を顧客がビットコインで決済したとしよう。翌日にビットコインの価格が15%下落したら、加盟店主はその取引で却って損失を被る訳だ」と同氏は説明した。

また「この様な状況の為、加盟店主はビットコインを受け取るなり他の安定した通貨に替えなければならない」と付け加えた。

レイニー氏は続けて「ペイパルは仮想通貨決済に慎重に接して行く計画だ。どれだけ消費者が望んでも加盟店が応じなければ何の役にも立たない」とし、「今後、価値がもう少し安定するならば仮想通貨を支持することが出来るだろう」と強調した。

最近では米国セントルイスの連邦準備銀行総裁も仮想通貨がより広く認められるには価格の不安定さが最大のネックになると主張している。ジェームズ・ブラード総裁は14日の米国経済チャンネルCNBCのインタビューで「価格の急変動のせいで、投機筋が大手を振るようになり、個人や企業が市場から離れてしまいそうだ」と強調した。

時価総額1、2位のビットコインとイーサリアムはこの四半期で過去最悪の3ヶ月を経験した。この間中にビットコインの時価総額は1190億ドル(約128兆ウォン)も価値を下げている。米国証券取引委員会など各国の規制当局の動きが下落圧力として働いたのが原因だ。

この日、ビットコインの価格は8300ドルラインまで押し下げられた。コインデスクによると、午後10時36分時点で24時間前より0.42%上昇した8375.58ドルで取引されている。これは、今年の最高値と比べて約40%も下落した水準だ。

翻訳:水野卓

関連記事

ピックアップ記事

  1. 主要産油国が新型コロナウイルス感染症の世界的な流行解消と大々的な景気反騰に備え、今後3ヶ月の間に原…
  2. ―韓国疾病庁、予定より3ヶ月前倒しで実用化―丁世均首相「海外でも使える様に推進」 韓国版のブロック…
  3. 韓国の100人あたりのワクチン接種件数は米国に比べ20分の1水準に留まっており、韓国経済にとってそ…
  4. ドイツ、フランス、イタリア、スペインの4ヶ国が英製薬大手アストラゼネカ社の新型コロナウイルス感染症…
  5. −訪日を前にブリンケン国務長官が日米韓協力強調−日韓関係回復への圧力との見方−日韓歴訪で対北政策の…

おすすめ記事

  1. 年初から半導体不足への対応を強調してきた米国政府が今月、主な半導体及び自動車業界関係者を招請し、こ…
  2. ―先月、韓国最高裁「有罪」趣旨、控訴審破棄差し戻し―日常的な服装の撮影にも性暴力処罰法適用―同意得…
  3. −新韓金融投資「CBDCが描く貨幣の未来」報告書−「取引手段としては縮小…価値を貯蔵する手段として…
  4. 東京渋谷に位置する有名デパートであるマルイで「KOREA PARK」イベントが2月23日~3月28…
  5. 私たち人類を苦しめた2020年が終わり、約1年経過した新型コロナウイルスが、未だに私たちを脅かして…
ページ上部へ戻る
Translate »