日韓外相会談、またも平行線か…成果なく終了

日韓外相会談、またも平行線か…成果なく終了

日韓の外相が20日ぶりに再び会談を行ったが、互いの立場の食い違いだけを確認した結果となった。

韓国メディアは日韓軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の破棄の可能性はさらに高まったと報じている。

河野太郎外相と韓国の康京和(カン・ギョンファ)長官は21日、北京で会談した。午後2時から35分間行われた会談で、両外相は日本の輸出規制措置、強制徴用問題、朝鮮半島情勢など相互の関心事について意見を交換した。

韓国メディアによると、康長官は「ホワイトリスト」(輸出審査優遇国)から韓国を除外した決定について改めて深い遺憾を表明し、同措置の撤回を強く要求した。しかし、河野外相は従来の日本政府の立場を繰り返し、意見の差を埋めることができなかったという。

会談直後に固い表情で出てきた康長官は、軍事情報包括保護協定の延長について聞く記者らの質問に「伝えることがない」と短く語った後、会談場所を去った。康長官と河野外相は会談後、握手もせず別れたと伝えられている。

韓国の専門家らは軍事情報包括保護協定の延長が不透明になったとの反応だ。牙山研究院のシン・ボムチョル安保統一センター長は「協定は延長されると思われるが、康長官の表情だけを見るとまだ不透明だ」と語った。

Copyright ©The financialnewsjapan. All rights reserved.

関連記事

ピックアップ記事

  1. 仮想通貨ビットコイン(BTC)が留まる事無く上昇を続けている。現地時間16日以降は1日に1000ド…
  2. 米モデルナの新型コロナワクチンが現地時間16日、ニューヨーク株式市場を再び史上最高値に引き上げた。…
  3. 韓国で13日より室内公共施設などでマスクを着用しなかった場合、10万ウォン(約9400円)の過料が…
  4. 11月11日午前、ソウルにある汝矣島漢江公園のムルビッステージで「都市、空を開く」との副題で開かれ…
  5. ‐2018年1月以来の1万5000ドル超え‐コロナ禍に米大統領選の不確実性加わり‐大統領選不服によ…

おすすめ記事

  1. 済州経済通商振興院東京通商代表部(所長:崔 滄勳)は、11月16日から日本最大の韓流通りである東京…
  2. 韓国のモバイルラーニングシステム開発会社Newin Inc.が日本法人として「株式会社Newin J…
  3. 世界で新型コロナウイルス感染症による死亡者はこれまで約100万人。世界各国が防疫に力を入れているが、…
  4. 済州経済通商振興院(院長:文寬永)がコロナ19によるパンデミック(世界的大流行)の中でも、オンライ…
  5. 韓国の昨年の出生数が最低水準の30万人台序盤に下がった事で、合計出生率も0.92人まで下落した。この…
ページ上部へ戻る
Translate »