韓国・ソウルで「ブロックチェーンビル」建設推進

【画像】ブロックチェーンビル「イオスタワー(EOS Tower)」完成予想図

韓国・ソウルで「ブロックチェーンビル」建設推進

都市・建築専門企業プランニングコリアはブロックチェーン企業のチェーンパートナースとイオスタワー(EOS Tower)共同建設のためのパートナーシップを締結したと28日明らかにした。

イオスタワー・プロジェクトは全世界のイオスBP(Block Producer)候補らが参加したイオス・コミュニティ最大のイベントである「EOSYS・ソウル・ミートアップ」でプランニングコリアのキム・ホンウク常務の発表により公開された。

「EOSYS・ソウル・ミートアップ」は世界23チームのイオスBP候補が6月に行われるイオスBP選出のための戦略を発表する場。社内ブロックチェーン・ラボを育成し、BHOMラボというブロックチェーン専門企業を設立したプランニングコリアはBHOMラボを通じ、EOSコミュニティの一員としてミートアップに参加した。

プランニングコリア関係者は「イオスタワーは4次産業革命の核心技術であるAICBM(AI, IOT, Cloud, Big data, Mobile)、ブロックチェーン関連企業と彼らを育成し支援するインキュベーター、ベンチャーキャピタルなどが共に入居してブロックチェーン生態系を発展させるための空間だ」とし、「イオスタワーにはスタートアップ開発業務スペース、コワーキングスペースとコリビング、ミートアップなどのための空間が立ち並ぶ計画」と明らかにした。

またプランニングコリアは6月に公開されるイオスシステムのノード誘致のため、イオスタワーにスーパーノード空間も用意し、韓国がイオスBPを誘致するのに一役買う計画だ。

イオスはビットコイン、イーサリアムを上回る3世代ブロックチェーンとして評価されているシステムで、6月のメインネットの公開を前に、スーパーコンピューターでなされる21個のノードだけを運営する戦略で世界的に好反応を得ている。世界有数のブロックチェーン企業がノード誘致競争に参加する中、イオス最大の保有国である韓国もイオシス(EOSYS)というシステムで誘致競争に参加中だ。イオシスはチェーンパートナースのピョ・チョルミン代表が率いるBP候補チームだ。

ブロックチェーンビルであるイオスタワーにはブロックチェーン暗号化技術を利用したビル運営管理システムが適用される。入退場保安などの安全管理や管理費、賃貸料、売買などに必要な取引管理技術が提供され、ビルのエネルギー効率の管理においてもブロックチェーン技術が適用される。このブロックチェーンビルの運営管理システムはBHOMラボが開発するシステムだ。

プランニングコリアとチェーンパートナースは「4次産業の生態系を創り上げていくイオスタワーが建設されれば、新成長動力であるブロックチェーン産業の中心地としての位置付けになるだろう」とし、「今回のイオスタワー推進により韓国にブロックチェーン・スタートアップのための空間が開発され、ブロックチェーン・ビジネスの生態系が活性化する事を期待している」と話した。

イオスタワーのシステムを構築するBHOMラボはブロックチェーン技術、不動産、金融、法律など様々な分野のフランスと韓国の専門家らで構成されたフランス基盤の企業。今年の下半期にイオス基盤のグローバル不動産取引サービスDApp(Decentralized App)のベータバージョンを公開する予定だ。

翻訳:水野卓

 

関連記事

ピックアップ記事

  1. 犬を放置して死なせたペットショップの店主が控訴審でも執行猶予付きの判決を言い渡された。…
  2. 韓国繊維産業の中心地「慶尚北道」に拠点を置く繊維企業が、日本の東京で輸出商談会を開催する。参加企業は…
  3. アップルが今年4月の公開を目標にしている、動画配信サービスが最終段階に入った。…
  4. 世界最大の電子商取引企業アマゾンは14日(現地時間)、米国・ニューヨークに設立する第2本社建設計画を…
  5. 米銀大手JPモルガン・チェースが独自の仮想通貨を発行する予定だと米放送局CNBCが14日(現地時間)…

おすすめ記事

  1. 2019-2-12

    韓国、海外ポルノサイトへの接続遮断でネット民が悲鳴

    韓国のネット民、特に男性ユーザーが悲鳴を上げている。韓国政府が海外ポルノサイトへの接続を遮断する強力…
  2. 2019-2-8

    イエレン前FRB議長、「FRBの次の一手は金利引き下げ」

    米FRBが次に取る政策は、金利引き上げではなく金利引き下げになると、ジャネット・イエレン前FRB議長…
  3. 2019-1-31

    ベネズエラ石油制裁本格化…事実上最大の被害国は米?

    トランプ政権によるベネズエラへの経済制裁は、全世界の石油業界、特に米国の石油業界に深刻な打撃を与える…
  4. 2019-1-30

    またも歴代最低出生数を更新…加速する韓国の少子化

    韓国の出生数がまたも歴代最低数値を更新した。政府は少子化対策のためここ13年間130兆ウォン(約12…
  5. 2019-1-28

    日韓再婚カップル、子供の相続分は?

    国際結婚の場合は、まずどちらの国の法律が適用されるかを考えなければなりません。亡くなられた方が韓国国…

アーカイブ

ページ上部へ戻る