要注目の新ペット用品「スリージャルビ」、クラウンドファンディングで9000%達成!

要注目の新ペット用品「スリージャルビ」、クラウンドファンディングで9000%達成!

‐絡まったペットの⽑が「スリージャルビ」で簡単に取れる

絡まったペットの⽑が簡単に取れる新ペット用品が話題になっている。予想を超える消費者の反応で、クラウンドファンディングでは当初の目標額を一瞬で達成し、現在は目標金額の約9000%の資金を集めている。

韓国中⼩企業の優秀な商品を日本に紹介する巨山ジャパン株式会社は最近クラウドファンディング事業をスタート。その最初の商品として「スリージャルビ」を7⽉3 0 ⽇からMAKUAKEにてクラウドファンディングを開始した。

「スリージャルビ」は新概念のホウキ。同社によると、

カーペットに、ラグに、「絡まってるペットの⽑」が⼿軽く取れる。お部屋に転がっている髪の⽑も、フローリングにこぼしたお⽔も⼀気にまとめてスッキリ!!

となるようだ。

実際に消費者からも、その機能や使いやすさに絶賛の声が殺到しているようだ。支持のポイントをまとめると次の6つになる。

1.細くて細かいペットの⽑も、クルクル丸めて掃き集め!ラクラクお掃除!
スリージャルビのゴムヘッドは摩擦によって発⽣する静電気を利⽤し、⽑がお互いに 絡まってクルクル丸まるように⼯夫されているので、気になるペットの抜け⽑なども まとめて⼀網打尽!

2.お部屋のフローリングなどに散らばっている髪の⽑もサッとキレイに!
髪の⽑の掃除をした後、振り返ってみるとまた落ちている髪の⽑。掃除機をかけたけどまだ床に残っている髪の⽑。すごくストレスでとても⾯倒臭いが、クルクル丸めてスッキリ掃除できる。

3.家の細かいホコリなどの掃除!
⽬に⾒えない微細なホコリまで雑⼱で拭いたようにキレイに掃き出す。ゴムヘッドと床の摩擦による静電気でヘッドにホコリがピッタリ吸着するので、 まるでテープで床を掃除したようにキレイになる。

4.水、床にこぼれた飲み物などの液体類の掃除!
床にこぼれた飲料⽔などを⽚付ける時、雑⼱で何回も⽔気を絞って拭くのを繰り返していたが、「スリージャルビ」はこぼれた液体類を1か所に集めた後拭き取ることが出来る為とても便利。窓ガラス、⾃動⾞のガラスなどの⾬⽔掃除、浴室の湿気掃除まで解決することが出来る万能ほうき。

5.割れたガラス、微細なガラスの破片掃除!
床の上、割れたガラスを掃除する時、掃除機で掃除した後も細かいガラスの破⽚が残っていない か不安になる事があるが、「スリージャルビ」は2次被害がない様、微細なガラスの破⽚も1か所に集める能⼒を持っている。

6.カーペット、ラグ、マットの上でも掃除!
ラグやカーペットに散らばっている⽑はもっと掃除がしづらく、特に髪の⽑の場合は本当に処置が⼤変。毎回洗濯することも出来ない為、粘着テープを使って掃除するがキレイに取れているか⼼配だったが、「スリージャルビ」はホコリだけを綺麗に集めて取ってくれる。

そのほかにも、220gの超軽量化、安全で無害な素材、多孔処理フレームの特殊⼯法、サビ防⽌、優れた弾⼒と強度で割れにくさ具現、スリムなデザインとモダンでシンプルなカラー、洗浄・保管もカンタンなどの特徴が消費者に支持されている。

現在、「スリージャルビ」はMAKUAKEのウェブサイトにてクラウンドファンディングが進行中だ。すでに目標額の約9000%を達した「スリージャルビ」のクラウンドファンディングは9月27日まで。ファンディングを支援すると、15~30%オフのお値段で商品を提供している。

詳しい内容は下記のウェブサイトより。
https://www.makuake.com/project/3jalbi/ 

関連記事

ピックアップ記事

  1. 世界最大民泊仲介の米エアビーアンドビー(Airbnb)が新規株式公開(IPO)を準備していると明らか…
  2. サウジアラビア政府がサウジの富豪らに対し、国営石油企業アラムコのIPO(新規株式公開)時に株式の大量…
  3. 安倍晋三首相と韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領が今月下旬開催の国連総会に出席するため、米ニューヨ…
  4. 韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領の支持率が40%台前半に落ち込んだ。世論調査会社「リアルメーター…
  5. 今年8月に日本を訪れた韓国人観光客数が前年の半分程度に急減した事が分かった。前年の数字を基準として見…

おすすめ記事

  1. 韓国でアフリカ豚コレラ(ASF)が拡散の兆しを見せているなか、豚肉の価格が暴騰する動きを見せ懸念が高…
  2. 北朝鮮が食肉供給のためにウサギ飼育に心血を注いでいる。金正恩北朝鮮国務委員長もウサギの肉をさらに多く…
  3. LINE、日本で仮想通貨取引所オープン…クリプト金融市場開拓へ -BTC・ETH・XRP・B…
  4. [ワールドリポート] 炎に包まれる地球 北極やシベリア、インドネシア、ついにはアマゾンまで。…
  5. 写真は香港の行政トップ林鄭月娥行政長官/香港政府公式ホームページから 「逃亡犯条例」撤回引き…
ページ上部へ戻る