トランプ大統領、「対北強硬派」ボルトン補佐官電撃解任…後任選びは来週に

韓国外交部を訪問したジョン・ボルトン国家安全保障問題担当大統領補佐官/写真はFNNEWSより

トランプ大統領、「対北強硬派」ボルトン補佐官電撃解任…後任選びは来週に

‐トランプ−ボルトン、意見衝突繰り返し解任
‐対北政策などに大きな変化を迎えるとの分析
‐後任にはスティーブン・ビーガン氏を望む声も

米国のドナルド・トランプ大統領が10日、代表的な対北強硬論者ジョン・ボルトン国家安全保障問題担当大統領補佐官を解任した。

トランプ大統領はボルトン補佐官と複数の事案で見解の違いがみられたと、ツイッターを通じて「私は彼にこれ以上ホワイトハウスで働く事を必要としていないと伝え、辞表を要求した」と伝えた。

トランプ大統領は「ボルトン補佐官の辞表はこの日の午前、自身に渡された」と、「私は彼の働きに感謝している」とし、来週新たな国家安保補佐官を指名すると話した。

ボルトン補佐官は昨年3月22日に国家安保補佐官に任命されていたが、僅か1年6ヶ月での不名誉な退陣となった。ボルトン補佐官は「ネオコン(新保守)」出身で、米国の外交政策においては強硬論者に分類される。

特に北朝鮮問題に関しては超強硬派であり、北朝鮮はボルトン補佐官に対し「醜い人間」「不良品」「吸血鬼」などの激しい言葉を用いて非難を続けて来た。強硬な対北政策を主導していたボルトン補佐官の退陣を、北朝鮮は歓迎するとみられる。

ボルトン補佐官の突然の解任で、最近小康状態になっていた米朝対話の再開に弾みがつくかが注目される。また今回の解任報道が、北朝鮮が今月下旬に米国と実務交渉を行うとの意思を伝えた直後に報じられたという点も意味深だ。

一部では今回のボルトン補佐官解任は米国政府内の足並みの乱れを見せているとの分析もみられる。米国の外交政策について、米国政府内でボルトン派とマイク・ポンペオ米国務省長官派とに分かれての争いがあり、結果としてボルトン派が敗れたという分析だ。

今後については、強硬なボルトン補佐官に比べて相対的に穏健なポンペオ長官が主導する「穏健的な対北政策」が繰り広げられるとの見方がある。もちろん対北制裁など本質的な問題におけるポンペオ長官の立場も同様に強硬であり、大きな変化は無いだろうとする分析も多くみられる。

ボルトン補佐官の後任選びについて、米国メディアではフォックスニュース客員出演者でもあるダグラス・マクレガー予備役大佐や、マクマスター国家安保補佐官時代に副補佐官を務めていたリッキー・ワデル前NSC(国家安保会議)副補佐官などの名前が上がっている。

現在、米国の北朝鮮核問題首席代表を務めるスティーブン・ビーガン米国務省対北政策特別代表を次期国家安保補佐官に望む声もみられる。

一方、ボルトン補佐官はトランプ大統領が自身を解任したのではなく、自身の辞意を伝え、辞表を提出したのだと、解任の背景について話している。

翻訳:水野卓

Copyright ©The financialnewsjapan. All rights reserved.

関連記事

ピックアップ記事

  1. 世界最大民泊仲介の米エアビーアンドビー(Airbnb)が新規株式公開(IPO)を準備していると明らか…
  2. サウジアラビア政府がサウジの富豪らに対し、国営石油企業アラムコのIPO(新規株式公開)時に株式の大量…
  3. 安倍晋三首相と韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領が今月下旬開催の国連総会に出席するため、米ニューヨ…
  4. 韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領の支持率が40%台前半に落ち込んだ。世論調査会社「リアルメーター…
  5. 今年8月に日本を訪れた韓国人観光客数が前年の半分程度に急減した事が分かった。前年の数字を基準として見…

おすすめ記事

  1. 韓国でアフリカ豚コレラ(ASF)が拡散の兆しを見せているなか、豚肉の価格が暴騰する動きを見せ懸念が高…
  2. 北朝鮮が食肉供給のためにウサギ飼育に心血を注いでいる。金正恩北朝鮮国務委員長もウサギの肉をさらに多く…
  3. LINE、日本で仮想通貨取引所オープン…クリプト金融市場開拓へ -BTC・ETH・XRP・B…
  4. [ワールドリポート] 炎に包まれる地球 北極やシベリア、インドネシア、ついにはアマゾンまで。…
  5. 写真は香港の行政トップ林鄭月娥行政長官/香港政府公式ホームページから 「逃亡犯条例」撤回引き…
ページ上部へ戻る