中国を威嚇する“豚の恐怖”

中国を威嚇する“豚の恐怖”

中国指導部が、家畜伝染病「アフリカ豚コレラ」の拡散による物価不安に緊張している。豚肉の価格が高騰しており、物価が上がることを備え、様々な対策づくりに乗り出している。

中国メディア新浪(シナ)によると、中国農業科学院は11日、ハルビン獣医研究所で独自開発したアフリカ豚コレラのワクチンと関連し生物安全性検査を申請したと発表した。

中国農業科学院のハルビン獣医研究所所長は「このワクチンが実験室ではなく、屋外でもその有効性と安全性が証明されれば、大規模な生産の突破口になるだろう」と期待感を表した。

地元メディアなどによると、中国政府はワクチン開発のほか、豚肉の輸入先を多様化すると同時に、豚肉の国内需給網も政府が直接管理しようとしている。アフリカ豚コレラによる被害をどうしても縮小したいとの意図が見える。中国政府がこのように緊張する理由は、10月1日に中華人民共和国成立70周年が近づいてきたからだ。関連イベントを盛大に準備中の中国指導部は、アフリカ豚コレラがこの大イベントに悪影響を及ぼすか懸念する様子だ。

中国は世界の豚肉の半分を消費すると同時に、95%を国内生産に依存する。アフリカ豚コレラで中国内の豚個体数が急激に減ると、価格高騰が避けられない。実際に8月の消費者物価指数(CPI)は、前年同月比2.8%上昇した。CPIでの上昇幅は、豚肉価格高騰が牽引した。豚肉は前年同月より47%急騰している。

Copyright ©The financialnewsjapan. All rights reserved.

関連記事

ピックアップ記事

  1. 投資コンサルティング会社「玄海インベストメントアドバイザー」が大規模な太陽光発電施設向けの新ファンド…
  2. 「新型肺炎」と呼ばれる新種のコロナウイルスの宿主がコウモリだという、中国研究者の分析が出た。…
  3. 中国湖北省武漢市で勤務して帰国した韓国人男性(55才)から新型コロナウイルスによる肺炎が確認されたと…
  4. 米電気自動車メーカー「テスラ」が22日(現地時間)、時価総額1000億ドルを突破した。海外メディアに…
  5. 日本の対韓国貿易収支が約1兆8000億円(前年比19.0%減)の黒字を記録したが、欧州の財政危機直後…

おすすめ記事

  1. Googleの親会社であるアルファベットの時価総額が16日(現地時間)、1兆ドル(約110兆円)を突…
  2. 「火の手から逃れたカンガルーの避難場所となっていたゴルフ場が"死の大地(キリング・フィールド)"にな…
  3. 昨年、韓国と隣国との国際関係は例年以上に多事多難だった。昨年7月の日本の輸出管理厳格化により韓国国内…
  4. イランがイラク西部の米軍基地をミサイルで攻撃したならないか、国際原油価格と安全資産である金の価格が急…
  5. オーストラリア南東部の史上最悪の森林火災で、今まで野生動物5億匹が死んだと推定された。米CNBCによ…
ページ上部へ戻る