トランプ氏、ボルトン氏の解任理由に「リビア方式は大きな過ち」

トランプ氏、ボルトン氏の解任理由に「リビア方式は大きな過ち」

突然ボルトン前国家安全保障会議(NSC)補佐官を解任したドナルド・トランプ米大統領がメディアにその理由を明らかにした。トランプ大統領はボルトン氏が過度に強硬論を主張し、北朝鮮との交渉を停滞させたと主張した。

米メディアによると、トランプ大統領は11日、ホワイトハウスで記者らと会い、前日に退いたボルトン氏が北朝鮮の核の解決策として「リビア方式」に言及したことを指摘しつつ、「非常に大きなミスを犯した」と強調した。

リビア方式は、まず核武装を完全に解除してから、それに相応する経済補償を与える方式だ。リビアの当時の国家元首であったムアマル・カダフィ氏は2005年に核兵器プログラムを完全に廃棄したが、2011年に西側の支援を受ける反軍に射殺された。

こういう経緯があるため、北朝鮮はボルトン氏のリビア方式に強く反発していた。北朝鮮は、「リビアのように安全と関係改善を担保にして武装解除を成功させた後、軍事的に侵略する方式だ」と非難しながら、核兵器と補償を同時に合わせ変える“一括妥結”を求めている。

トランプ大統領は「リビア方式に言及したのは、非常に大きな過ち」とし「カダフィ氏に何があったのか。それは良い表現ではなかった」と批判した。

Copyright ©The financialnewsjapan. All rights reserved.

関連記事

ピックアップ記事

  1. 世界最大民泊仲介の米エアビーアンドビー(Airbnb)が新規株式公開(IPO)を準備していると明らか…
  2. サウジアラビア政府がサウジの富豪らに対し、国営石油企業アラムコのIPO(新規株式公開)時に株式の大量…
  3. 安倍晋三首相と韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領が今月下旬開催の国連総会に出席するため、米ニューヨ…
  4. 韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領の支持率が40%台前半に落ち込んだ。世論調査会社「リアルメーター…
  5. 今年8月に日本を訪れた韓国人観光客数が前年の半分程度に急減した事が分かった。前年の数字を基準として見…

おすすめ記事

  1. 韓国でアフリカ豚コレラ(ASF)が拡散の兆しを見せているなか、豚肉の価格が暴騰する動きを見せ懸念が高…
  2. 北朝鮮が食肉供給のためにウサギ飼育に心血を注いでいる。金正恩北朝鮮国務委員長もウサギの肉をさらに多く…
  3. LINE、日本で仮想通貨取引所オープン…クリプト金融市場開拓へ -BTC・ETH・XRP・B…
  4. [ワールドリポート] 炎に包まれる地球 北極やシベリア、インドネシア、ついにはアマゾンまで。…
  5. 写真は香港の行政トップ林鄭月娥行政長官/香港政府公式ホームページから 「逃亡犯条例」撤回引き…
ページ上部へ戻る