トランプ氏、ボルトン氏の解任理由に「リビア方式は大きな過ち」

トランプ氏、ボルトン氏の解任理由に「リビア方式は大きな過ち」

突然ボルトン前国家安全保障会議(NSC)補佐官を解任したドナルド・トランプ米大統領がメディアにその理由を明らかにした。トランプ大統領はボルトン氏が過度に強硬論を主張し、北朝鮮との交渉を停滞させたと主張した。

米メディアによると、トランプ大統領は11日、ホワイトハウスで記者らと会い、前日に退いたボルトン氏が北朝鮮の核の解決策として「リビア方式」に言及したことを指摘しつつ、「非常に大きなミスを犯した」と強調した。

リビア方式は、まず核武装を完全に解除してから、それに相応する経済補償を与える方式だ。リビアの当時の国家元首であったムアマル・カダフィ氏は2005年に核兵器プログラムを完全に廃棄したが、2011年に西側の支援を受ける反軍に射殺された。

こういう経緯があるため、北朝鮮はボルトン氏のリビア方式に強く反発していた。北朝鮮は、「リビアのように安全と関係改善を担保にして武装解除を成功させた後、軍事的に侵略する方式だ」と非難しながら、核兵器と補償を同時に合わせ変える“一括妥結”を求めている。

トランプ大統領は「リビア方式に言及したのは、非常に大きな過ち」とし「カダフィ氏に何があったのか。それは良い表現ではなかった」と批判した。

Copyright ©The financialnewsjapan. All rights reserved.

関連記事

ピックアップ記事

  1. 韓国政府が今年6月まで仮想通貨取引を集中的に取り締まる。韓国金融委員会は仮想通貨の出金モニタリング…
  2. 写真は総理官邸ホームページから 米国のジョー・バイデン大統領は今月16日に米国で開かれる、日本の菅…
  3. 主要産油国が新型コロナウイルス感染症の世界的な流行解消と大々的な景気反騰に備え、今後3ヶ月の間に原…
  4. ―韓国疾病庁、予定より3ヶ月前倒しで実用化―丁世均首相「海外でも使える様に推進」 韓国版のブロック…
  5. 「美容大国」である韓国独自の特殊化粧品技術とビューティー商品を日本に紹介している株式会社TEISH…

おすすめ記事

  1. 日本地域で韓国語能力試験(TOPIK)の実施や運営などを担当している韓国教育財団は14日、公式SNS…
  2. 駐大阪大韓民国総領事館、東西大学日本研究センター、世宗研究所日本研究センターが共催する韓日関係フォー…
  3. 東海大学の教育開発研究センター(担当教授 林大仁)は28日、「韓国語学習研究プロジェクト」を11月…
  4. 今年2月のウクライナ侵攻以降、侵攻を「特別軍事作戦」と呼んでいたロシアのウラジーミル・プーチン大統領…
  5. 韓国政府は31日、9月3日0時から海外入国者に義務付けられていた入国前のコロナ検査と陰性証明書の提出…
ページ上部へ戻る
Translate »