トランプ大統領「今年中に金正恩氏と再び会うだろう」…非核化交渉再開の意思

トランプ大統領「今年中に金正恩氏と再び会うだろう」…非核化交渉再開の意思

米国のドナルド・トランプ大統領が今年中に北朝鮮の金正恩国務委員長に再び会いたいとの意を表した。

ロイター通信によるとトランプ大統領は12日、ホワイトハウスで記者らと面会し「今年末のある時点で(at some point later this year)非核化の会談を再開するため、北朝鮮の指導者金正恩氏に喜んで会うだろう」と話した。

この発言は北朝鮮が非核化実務交渉再開の意思を明らかにした事に対する反応だ。これにより今年末頃に北朝鮮の金正恩国務委員長と面会し、非核化交渉を再開する事になるのかが注目される。

トランプ大統領は昨年6月のシンガポールでの1回目の首脳会談に続き、今年2月にはベトナム・ハノイで金正恩国務委員長と2回目の首脳会談を行ったものの、突然の決裂を宣言していた。

今月10日に対北強硬派のジョン・ボルトン米大統領補佐官を電撃解任したトランプ大統領は11日、「(ボルトン補佐官が)リビア方式に言及した事は非常に大きな間違いだった」と、「(リビアの)カダフィ大佐にどんな事が起こったのか考えて欲しい。それは良い表現ではなかった」と批判した。

また「それ(ボルトン前補佐官の発言)は我々を後退させた」とも話した。専門家らは、トランプ大統領がボルトン補佐官を解任した事は北朝鮮との会談再開に向けた米国の努力に助けとなるだろうとみている。

トランプ大統領は「私はあれ以来、金委員長が話した事について非難していない」と、「彼は(金委員長は)ボルトン前補佐官と何もしたがらなかった」と非難した。

翻訳:水野卓

Copyright ©The financialnewsjapan. All rights reserved.

関連記事

ピックアップ記事

  1. 米国のドナルド・トランプ大統領が2ヶ月前の新型コロナウイルス国家非常事態宣言以降で初めてとなるゴルフ…
  2. ビットコイン(BTC)が急激な下落傾向を見せている。一時は9千ドル台を割り込んだ。…
  3. 韓国の新型コロナウイルス感染者数が前日より20人増加した。…
  4. 韓国で新型コロナウイルス感染拡大防止のための自宅隔離命令に従わなかった日本人男性が拘束された。外国人…
  5. 最近、朝鮮半島で小規模な地震が多発している事で、韓国の地震の専門家らが大型地震発生の可能性を警告して…

おすすめ記事

  1. 韓国で新型コロナウイルス感染拡大防止のための自宅隔離命令に従わなかった日本人男性が拘束された。外国人…
  2. 韓国でデジタル性犯罪処罰を強化する関連法改正案が19日から施行された。今後、違法なアダルト動画を単純…
  3. 今月、米国の野球ファンの間でのホットイシューは、夜中に中継される韓国プロ野球KBOリーグだった。米国…
  4. 韓国の産業通商資源部は12日、日本の対韓国輸出規制強化措置について「我々は日本が提起した事由を全て解…
  5. 世界各地で移動制限(シャットダウン)が徐々に緩和される事で、新型コロナウイルスの感染者が再び増加する…
ページ上部へ戻る
Translate »