トランプ大統領「今年中に金正恩氏と再び会うだろう」…非核化交渉再開の意思

トランプ大統領「今年中に金正恩氏と再び会うだろう」…非核化交渉再開の意思

米国のドナルド・トランプ大統領が今年中に北朝鮮の金正恩国務委員長に再び会いたいとの意を表した。

ロイター通信によるとトランプ大統領は12日、ホワイトハウスで記者らと面会し「今年末のある時点で(at some point later this year)非核化の会談を再開するため、北朝鮮の指導者金正恩氏に喜んで会うだろう」と話した。

この発言は北朝鮮が非核化実務交渉再開の意思を明らかにした事に対する反応だ。これにより今年末頃に北朝鮮の金正恩国務委員長と面会し、非核化交渉を再開する事になるのかが注目される。

トランプ大統領は昨年6月のシンガポールでの1回目の首脳会談に続き、今年2月にはベトナム・ハノイで金正恩国務委員長と2回目の首脳会談を行ったものの、突然の決裂を宣言していた。

今月10日に対北強硬派のジョン・ボルトン米大統領補佐官を電撃解任したトランプ大統領は11日、「(ボルトン補佐官が)リビア方式に言及した事は非常に大きな間違いだった」と、「(リビアの)カダフィ大佐にどんな事が起こったのか考えて欲しい。それは良い表現ではなかった」と批判した。

また「それ(ボルトン前補佐官の発言)は我々を後退させた」とも話した。専門家らは、トランプ大統領がボルトン補佐官を解任した事は北朝鮮との会談再開に向けた米国の努力に助けとなるだろうとみている。

トランプ大統領は「私はあれ以来、金委員長が話した事について非難していない」と、「彼は(金委員長は)ボルトン前補佐官と何もしたがらなかった」と非難した。

翻訳:水野卓

Copyright ©The financialnewsjapan. All rights reserved.

関連記事

ピックアップ記事

  1. 韓国で新型コロナウイルス感染症(コロナ19)が急増している中、米疾病対策センター(CDC)が韓国への…
  2. 新型コロナウイルスの感染拡大により中国国内にある工場の正常稼働が遅れ、経営への影響が憂慮される。新型…
  3. 韓国外交部の康京和長官がドイツで開かれるミュンヘン安全保障会議(MSC)に参席し、現地時間15日午前…
  4. 中国湖北省武漢市で発生した新型コロナウイルス(COVID-19)の感染者と死者の数が減少した。しかし…
  5. 韓国外交省が日韓軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の効力終了について「いつでも可能だ」とし、日本…

おすすめ記事

  1. 世界的に7万人に近い感染拡大を招いた新型コロナウイルス感染症(コロナ19)の震源地について、当初知ら…
  2. 中国から来る宅配便は果たして新型コロナウイルスに安全だろうか。…
  3. Googleの親会社であるアルファベットの時価総額が16日(現地時間)、1兆ドル(約110兆円)を突…
  4. 「火の手から逃れたカンガルーの避難場所となっていたゴルフ場が"死の大地(キリング・フィールド)"にな…
  5. 昨年、韓国と隣国との国際関係は例年以上に多事多難だった。昨年7月の日本の輸出管理厳格化により韓国国内…
ページ上部へ戻る
Translate »