トランプ大統領「今年中に金正恩氏と再び会うだろう」…非核化交渉再開の意思

トランプ大統領「今年中に金正恩氏と再び会うだろう」…非核化交渉再開の意思

米国のドナルド・トランプ大統領が今年中に北朝鮮の金正恩国務委員長に再び会いたいとの意を表した。

ロイター通信によるとトランプ大統領は12日、ホワイトハウスで記者らと面会し「今年末のある時点で(at some point later this year)非核化の会談を再開するため、北朝鮮の指導者金正恩氏に喜んで会うだろう」と話した。

この発言は北朝鮮が非核化実務交渉再開の意思を明らかにした事に対する反応だ。これにより今年末頃に北朝鮮の金正恩国務委員長と面会し、非核化交渉を再開する事になるのかが注目される。

トランプ大統領は昨年6月のシンガポールでの1回目の首脳会談に続き、今年2月にはベトナム・ハノイで金正恩国務委員長と2回目の首脳会談を行ったものの、突然の決裂を宣言していた。

今月10日に対北強硬派のジョン・ボルトン米大統領補佐官を電撃解任したトランプ大統領は11日、「(ボルトン補佐官が)リビア方式に言及した事は非常に大きな間違いだった」と、「(リビアの)カダフィ大佐にどんな事が起こったのか考えて欲しい。それは良い表現ではなかった」と批判した。

また「それ(ボルトン前補佐官の発言)は我々を後退させた」とも話した。専門家らは、トランプ大統領がボルトン補佐官を解任した事は北朝鮮との会談再開に向けた米国の努力に助けとなるだろうとみている。

トランプ大統領は「私はあれ以来、金委員長が話した事について非難していない」と、「彼は(金委員長は)ボルトン前補佐官と何もしたがらなかった」と非難した。

翻訳:水野卓

Copyright ©The financialnewsjapan. All rights reserved.

関連記事

ピックアップ記事

  1. 香港情勢が内戦の様相を呈するほどに激化し、統制不能の状態に陥った。主な香港大学では警察と学生の衝突が…
  2. 中国の習近平国家主席が香港事態について「最も緊急の課題は“暴力終息”だ」と強調した。習主席が香港問題…
  3. グローバルなオンライン決済サービスのプラットフォーム「ペイパル(PayPal)」と、世界最大のアダル…
  4. ライバル企業の金融業への進出を見守っていたグーグルが銀行と手を組み、来年から銀行口座サービスを開始す…
  5. 韓国ゲーム物管理委員会のイ・ジェホン委員長がブロックチェーンゲームと関連して「歓迎する」との立場を明…

おすすめ記事

  1. 北朝鮮が国を挙げて観光産業育成に乗り出したなか、観光大国であるキューバ共和国がロールモデルになるかも…
  2. 韓国の海外旅行ガイドアプリ「トリプル」が今年12月第3週から来年年初までの約3週間登録された旅行日程…
  3. 沖縄にある首里城の火災は韓国人が放火したのではないかというデマが広がっている。…
  4. 北朝鮮は25日、金剛山観光地区から韓国側の施設を撤去する計画の議論を求める通知文書を発送した。…
  5. 中国の経済成長率が史上最低水準に低下した。中国の景気減速速度が速くなり、今年の経済成長率が6%前半で…
ページ上部へ戻る