「10年以内に米銀行の雇用20万が減る」…理由は“ロボットの発展”

「10年以内に米銀行の雇用20万が減る」…理由は“ロボットの発展”

ロボット技術の発展が今後10年の間に米国銀行での20万の雇用を減らすという研究報告が出た。

ブルームバーグ通信は2日(現地時間)、米5大銀行の一つである「ウェルズ・ファーゴ」の報告書を引用し、10年以内に銀行業界で史上最大の雇用縮小が進められると伝えた。

同報告書を作成したウェルズ・ファーゴ証券のシニアアナリスト マイク・マヨ氏は、「米国の金融会社が年間1500億ドルの費用を技術分野に支出するなど、投資を拡大している」とし「その結果、コールセンターやバックオフィス、各営業店の業務とトレーディングおよび資産運用部門におけるロボットの役割拡大をもたらすだろう」と展望した。その結果、10年の間にコールセンターなどの業務の雇用が20〜30%急減することができると、同氏は分析した。

また同社の金融サービス革新について諮問を担当しているディールロイト・コンサルティングのマイケル・ターン氏は「ロボット技術の導入で対面業務や銀行の対内外業務に劇的な変化があるだろう」とし「すでにチャットボットを介して変化の兆しが表している」と述べた。

Copyright ©The financialnewsjapan. All rights reserved.

関連記事

ピックアップ記事

  1. 中国湖北省武漢市で発生した新型コロナウイルス(COVID-19)の感染者と死者の数が減少した。しかし…
  2. 韓国外交省が日韓軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の効力終了について「いつでも可能だ」とし、日本…
  3. 新型コロナウイルスの発生を最初に告発したものの、逆に中国政府の弾圧を受ける事になってしまった李文亮医…
  4. ビットコインは強力的な抵抗線である1万ドルを突破した。ビットコインが1万ドル台に進入したのは昨年11…
  5. 「ウクライナ・スキャンダル」から始まったドナルド・トランプ米国大統領に対する弾劾案が現地時間5日、米…

おすすめ記事

  1. 中国から来る宅配便は果たして新型コロナウイルスに安全だろうか。…
  2. Googleの親会社であるアルファベットの時価総額が16日(現地時間)、1兆ドル(約110兆円)を突…
  3. 「火の手から逃れたカンガルーの避難場所となっていたゴルフ場が"死の大地(キリング・フィールド)"にな…
  4. 昨年、韓国と隣国との国際関係は例年以上に多事多難だった。昨年7月の日本の輸出管理厳格化により韓国国内…
  5. イランがイラク西部の米軍基地をミサイルで攻撃したならないか、国際原油価格と安全資産である金の価格が急…
ページ上部へ戻る
Translate »