米テスラ、車両引渡台数が最高記録更新

米テスラ、車両引渡台数が最高記録更新

‐第3四半期「モデル3」含め9万7000台
‐補助金削減など苦戦が予想された中での成果
‐「第4四半期は10万台目標達成間違いなし」

米国の電気自動車メーカー、テスラが再び過去最高記録を塗り替えた。特に補助金が急激に減り、既存の内燃自動車メーカーが売上下落に苦戦する中で車両引渡台数が過去最高値を記録した事が目を引く。

この様な過去最高の車両引渡台数も市場の期待には僅かに及ばず、株価は時間外取引で下落したが、アナリストらはテスラの今年の年間車両引渡目標値である10万台は間違いなく達成出来ると楽観している。

CNBCやCNNビジネスなどの海外メディアによると、テスラは2日、取引終了後の公示で今年第3四半期に普及型のモデル3、7万9600台を含む総9万7000台を顧客に引き渡したと発表した。

車両引渡(納車)台数は顧客が自動車を購入した後、実際に顧客に引き渡された車両の台数を言う。四半期業績発表に先立ち、テスラの売上高がどの程度なのかを見せてくれる最も確実な統計だ。

たとえ先週イーロン・マスクCEOが職員らに電子メールで提示した目標値10万台には及ばなくとも、苦戦が予想された中で成し遂げた成果だという事の意味は小さくない。ステラは既に第1四半期に6万3000台、第2四半期に9万5200台を引き渡している。第3四半期には、普及型のモデル3が7万9600台、高級車のモデルSとXが1万7400台引き渡され、四半期の最高値をあっさり更新した。

ウォール街の予想値9万7500台に500台及ばなかった実績に、株価は時間外取引で3%以上下落したが今後の見通しは暗くない。テスラが柔軟な経営戦略により自動車市場の苦難を乗り越えて大きな成果を上げたからだ。テスラの経営環境は決して良くはない。自動車市場は全般的に流れの変化と景気鈍化の動き中で低調であり、テスラの自動車に対する政府の補助金も減っているためだ。

1台あたり7500ドルに達していた補助金は、テスラの全体販売台数が20万台を超えた事で半分に減らされ、今後は1台あたり1875ドルまで更に減らされる。来年の第1四半期には補助金が徐々に消滅し「ゼロ」となる。

しかしこの様な困難の中でもテスラの車両引渡台数は第3四半期になって前年同期比で16.2%も急増し、前四半期比では1.9%増となった。今年全体では36万〜40万台を引き渡し、車両引渡台数は前年比で45%〜65%増加すると、テスラは期待している。

目標達成は間違いないとみられる。第4四半期に10万5000台を引き渡せば目標値達成は可能で、現在アナリストらは10万6000台の引き渡しが可能だとみている。

この様な期待以上の実績は普及型モデル3の人気が理由だ。テスラを既存の自動車メーカー同様の大型自動車メーカーに引き上げるというマスクCEOの野心からスタートしたモデル3は、今やテスラの主力車種にまで浮上している。第3四半期の生産台数9万6155台の内の約7万9600台、83%がモデル3だった。

翻訳:水野卓
Copyright ©The financialnewsjapan. All rights reserved.

関連記事

ピックアップ記事

  1. 世界保健機関(WHO)は13日(現地時間)、新型コロナウイリス新規患者が19日、全世界で30万79…
  2. 孫正義会長率いるソフトバンクグループ(SBG)が半導体企業アームを米エヌビディアに売却する。…
  3. 北朝鮮の金正恩国務委員長が米国のドナルド・トランプ大統領に送った親書で、2人の友情を「魔法の力」と表…
  4. ソウルなどの首都圏地域を対象にした韓国政府のソーシャルディスタンス強化措置が更に延長される事となり、…
  5. ビットコイン(BTC)が1日で700ドルも急落した。特に今回の急落の背景として、韓国最大の仮想資産取…

おすすめ記事

  1. 済州経済通商振興院(院長:文寬永)がコロナ19によるパンデミック(世界的大流行)の中でも、オンライ…
  2. 韓国の昨年の出生数が最低水準の30万人台序盤に下がった事で、合計出生率も0.92人まで下落した。この…
  3. −S&P500、ダウ平均株価も上昇で終了−アップル時価総額2兆ドル、テスラ株2000ドル突…
  4. 米国のドナルド・トランプ大統領がマスクをするのが「愛国」だとツイートし、マスク着用推進に動いた。…
  5. 世界の新型コロナウイルスの累積感染者数が1000万人を超え、感染再拡大の恐怖が現実化している。ワクチ…
ページ上部へ戻る
Translate »