香港行政長官「すべての選択肢が可能」…中国人民軍の介入を示唆

写真は香港の行政トップ林鄭月娥行政長官/香港政府公式ホームページから

香港行政長官「すべての選択肢が可能」…中国人民軍の介入を示唆

香港の行政トップ林鄭月娥(キャリー・ラム)行政長官が香港のデモ隊と関連し、中国人民軍の介入を示唆した。

ブルームバーグ通信など海外メディアによると、林鄭長官はこの日の定例記者会見で、「現時点で、私はまだ我々が自ら解決策を見出すべきだと強く思っている」とし、「しかし状況が悪化する場合は、すべての選択肢が可能になる」と述べた。また、「現在の状況では、中国中央政府に支援を要請することを含めて、我々がどのような追加措置を取ることができるかどうかを明確に語ることはできない」と付け加えた。

この発言についてメディアと専門家らは、香港政府が中国人民軍の介入の可能性もあるとの意味だと分析している。

林鄭長官は今月4日に「緊急法」を発動し“覆面禁止法”を施行した。また追加の緊急法の発動の可能性も否定しなかった。林鄭長官はは覆面禁止法と関連してい、「新しい政策や法案が効果的に施行されるには時間が必要だ」とし「我々は急速に変化する状況に直面している。はっきり言えることは、緊急法が再び発動される前に、政府は非常に慎重な態度で慎重に検討するということだ」と述べた。

Copyright ©The financialnewsjapan. All rights reserved.

関連記事

ピックアップ記事

  1. 中国の経済成長率が史上最低水準に低下した。中国の景気減速速度が速くなり、今年の経済成長率が6%前半で…
  2. BTS(防弾少年団)の所属事務所ビッグヒットエンターテインメントは18日、ソウル・江南区にBTSのポ…
  3. グローバル・ブロックチェーン・仮想通貨プロジェクト「リブラ(Libra)」を主導するフェイスブックの…
  4. 約2週後に迫った英国のEU脱退(ブレグジット)をめぐり、英国と欧州連合(EU)が劇的に新しい脱退協定…
  5. 米動画配信大手ネットフリックスが今年第3四半期に市場予想を上回る純利益を記録した。しかし新規加入者数…

おすすめ記事

  1. 今年6月に沖縄県那覇市で中国人観光客をAEDで助けた蔚山(ウルサン)消防本部職員に那覇市消防局長から…
  2. フェイスブックの仮想通貨リブラの同盟が急激に揺れ動いている。世界最大のオンライン決済企業のひとつ、ペ…
  3. 今年下半期に日本円の価値が世界各国の通貨の中で最も大幅に上昇するとの見通しだ。世界的な景気沈滞への憂…
  4. 韓国外交部は27日、声明を出し、「日本の防衛白書は、我々の固有の領土である独島(竹島)に対して領有権…
  5. 韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領の支持率が40%台前半に落ち込んだ。世論調査会社「リアルメーター…
ページ上部へ戻る