香港行政長官「すべての選択肢が可能」…中国人民軍の介入を示唆

写真は香港の行政トップ林鄭月娥行政長官/香港政府公式ホームページから

香港行政長官「すべての選択肢が可能」…中国人民軍の介入を示唆

香港の行政トップ林鄭月娥(キャリー・ラム)行政長官が香港のデモ隊と関連し、中国人民軍の介入を示唆した。

ブルームバーグ通信など海外メディアによると、林鄭長官はこの日の定例記者会見で、「現時点で、私はまだ我々が自ら解決策を見出すべきだと強く思っている」とし、「しかし状況が悪化する場合は、すべての選択肢が可能になる」と述べた。また、「現在の状況では、中国中央政府に支援を要請することを含めて、我々がどのような追加措置を取ることができるかどうかを明確に語ることはできない」と付け加えた。

この発言についてメディアと専門家らは、香港政府が中国人民軍の介入の可能性もあるとの意味だと分析している。

林鄭長官は今月4日に「緊急法」を発動し“覆面禁止法”を施行した。また追加の緊急法の発動の可能性も否定しなかった。林鄭長官はは覆面禁止法と関連してい、「新しい政策や法案が効果的に施行されるには時間が必要だ」とし「我々は急速に変化する状況に直面している。はっきり言えることは、緊急法が再び発動される前に、政府は非常に慎重な態度で慎重に検討するということだ」と述べた。

Copyright ©The financialnewsjapan. All rights reserved.

関連記事

ピックアップ記事

  1. 韓国で新型コロナウイルス感染症(コロナ19)が急増している中、米疾病対策センター(CDC)が韓国への…
  2. 新型コロナウイルスの感染拡大により中国国内にある工場の正常稼働が遅れ、経営への影響が憂慮される。新型…
  3. 韓国外交部の康京和長官がドイツで開かれるミュンヘン安全保障会議(MSC)に参席し、現地時間15日午前…
  4. 中国湖北省武漢市で発生した新型コロナウイルス(COVID-19)の感染者と死者の数が減少した。しかし…
  5. 韓国外交省が日韓軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の効力終了について「いつでも可能だ」とし、日本…

おすすめ記事

  1. 世界的に7万人に近い感染拡大を招いた新型コロナウイルス感染症(コロナ19)の震源地について、当初知ら…
  2. 中国から来る宅配便は果たして新型コロナウイルスに安全だろうか。…
  3. Googleの親会社であるアルファベットの時価総額が16日(現地時間)、1兆ドル(約110兆円)を突…
  4. 「火の手から逃れたカンガルーの避難場所となっていたゴルフ場が"死の大地(キリング・フィールド)"にな…
  5. 昨年、韓国と隣国との国際関係は例年以上に多事多難だった。昨年7月の日本の輸出管理厳格化により韓国国内…
ページ上部へ戻る
Translate »