激化する香港デモ…「手製の爆弾」まで登場

激化する香港デモ…「手製の爆弾」まで登場

香港の反政府デモが激化されるなかで、手製の爆弾まで登場した。米ニューヨークタイムズ(NYT)は14日(現地時間)、香港デモ現場で初めて手製の爆弾が登場したと報じた。報道によると、デモ隊は13日の週末デモで手製の爆弾を設置し、爆発させたという。

手製の爆弾は、九竜半島側の旺角(モンコック)地区のある路上の花壇に設置された。爆弾は携帯電話を利用してリモートで爆発させる仕組みだった。手製の爆弾は、デモ隊が設置したバリケードを撤去するために出動した警察車両が近くを通る瞬間に合わせて爆発した。爆発による人命被害はなかったという。香港警察は、爆弾が警察を対象に攻撃するために設置されたものとみている。

香港警察は「暴徒の行動は、警察の安全を脅かすレベルに達した。必ず最後まで追跡して責任を問う」と強調した。その一方、デモ隊のこのような行為は警察の過剰な鎮圧が原因だとの指摘もある。香港警察はデモに参加した高校生の少年の胸に実弾を発射し、インドネシア国籍の記者は警察のゴム弾に目を撃ったれて失明した。

また最近はデモに参加した15歳の女子学生が服がすべて脱がれたまま沖で発見された事件も発生した。拘置所で警察から性的暴行を受けたとの主張も提起されている。

一方、現地当局によると、先週末のデモでは201人が逮捕された。このうち79人は負傷し入院した。警察も12人が負傷を負ったと報じられた。

Copyright ©The financialnewsjapan. All rights reserved.

関連記事

ピックアップ記事

  1. 韓国で新型コロナウイルス感染症(コロナ19)が急増している中、米疾病対策センター(CDC)が韓国への…
  2. 新型コロナウイルスの感染拡大により中国国内にある工場の正常稼働が遅れ、経営への影響が憂慮される。新型…
  3. 韓国外交部の康京和長官がドイツで開かれるミュンヘン安全保障会議(MSC)に参席し、現地時間15日午前…
  4. 中国湖北省武漢市で発生した新型コロナウイルス(COVID-19)の感染者と死者の数が減少した。しかし…
  5. 韓国外交省が日韓軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の効力終了について「いつでも可能だ」とし、日本…

おすすめ記事

  1. 世界的に7万人に近い感染拡大を招いた新型コロナウイルス感染症(コロナ19)の震源地について、当初知ら…
  2. 中国から来る宅配便は果たして新型コロナウイルスに安全だろうか。…
  3. Googleの親会社であるアルファベットの時価総額が16日(現地時間)、1兆ドル(約110兆円)を突…
  4. 「火の手から逃れたカンガルーの避難場所となっていたゴルフ場が"死の大地(キリング・フィールド)"にな…
  5. 昨年、韓国と隣国との国際関係は例年以上に多事多難だった。昨年7月の日本の輸出管理厳格化により韓国国内…
ページ上部へ戻る
Translate »