平壌での無観客試合…韓国政府「背景・意図を検討」

平壌での無観客試合…韓国政府「背景・意図を検討」

‐「現地応援団や中継無く残念」

韓国政府は15日に平壌で行われた南北によるサッカーの試合が「無観客試合」で行われた事について、「どの様な背景で、どの様な意図で成されたのかを検討する」事を明らかにした。

韓国統一部のイ・サンミン報道官は16日、「昨日の試合が韓国側の応援団や中継無しで行われた事について、韓国政府としても残念であるとの考えだ」と話した。

北朝鮮に対し抗議や遺憾を表明する考えがあるかという趣旨の質問には「今回の試合の性格を勘案すべきだろう」と、「南北間の合意によるスポーツ交流と言うよりは、カタールW杯のアジア地域2次予選の試合だった」とのみ答えた。

また「試合を進行するにあたり、FIFAなどの関連規定違反、この様な部分があるならばサッカー協会レベルで提訴する手続きも別途あると理解している」と、「基本的にスポーツ、南北間の合意によるスポーツ交流ではないので」と言葉を濁した。韓国統一部は今回の試合がW杯予選の組み合わせ抽選過程で意図せず成されたものだとの点を強調している。

無観客試合で行われた事については「まだ代表団が北朝鮮にいるため、帰国次第、状況について綿密に把握し、どの様な背景で、どの様な意図で成されたのかをもう少し検討してみる事になる」と答えた。

同報道官は「韓国政府はサッカー協会レベルで応援団や中継、また韓国国民の声援の中で試合が行われる様にするべく努力を続けて来たが、その様にはならなかった」と、「ただし今回の試合はカタールW杯のアジア地域2次予選の試合で、これまでの南北の合意によるスポーツ交流として進められたものではないため、今後の南北関係と直接関連付ける事は適切ではない」と話している。

翻訳:水野卓
Copyright ©The financialnewsjapan. All rights reserved.

関連記事

ピックアップ記事

  1. 韓国外交省が日韓軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の効力終了について「いつでも可能だ」とし、日本…
  2. 新型コロナウイルスの発生を最初に告発したものの、逆に中国政府の弾圧を受ける事になってしまった李文亮医…
  3. ビットコインは強力的な抵抗線である1万ドルを突破した。ビットコインが1万ドル台に進入したのは昨年11…
  4. 「ウクライナ・スキャンダル」から始まったドナルド・トランプ米国大統領に対する弾劾案が現地時間5日、米…
  5. 非核化に関する北朝鮮の新たな動きや姿勢の変化が無ければ、現在の米朝関係の冷え込みは暫くの間、続くとみ…

おすすめ記事

  1. 中国から来る宅配便は果たして新型コロナウイルスに安全だろうか。…
  2. Googleの親会社であるアルファベットの時価総額が16日(現地時間)、1兆ドル(約110兆円)を突…
  3. 「火の手から逃れたカンガルーの避難場所となっていたゴルフ場が"死の大地(キリング・フィールド)"にな…
  4. 昨年、韓国と隣国との国際関係は例年以上に多事多難だった。昨年7月の日本の輸出管理厳格化により韓国国内…
  5. イランがイラク西部の米軍基地をミサイルで攻撃したならないか、国際原油価格と安全資産である金の価格が急…
ページ上部へ戻る
Translate »