平壌での無観客試合…韓国政府「背景・意図を検討」

平壌での無観客試合…韓国政府「背景・意図を検討」

‐「現地応援団や中継無く残念」

韓国政府は15日に平壌で行われた南北によるサッカーの試合が「無観客試合」で行われた事について、「どの様な背景で、どの様な意図で成されたのかを検討する」事を明らかにした。

韓国統一部のイ・サンミン報道官は16日、「昨日の試合が韓国側の応援団や中継無しで行われた事について、韓国政府としても残念であるとの考えだ」と話した。

北朝鮮に対し抗議や遺憾を表明する考えがあるかという趣旨の質問には「今回の試合の性格を勘案すべきだろう」と、「南北間の合意によるスポーツ交流と言うよりは、カタールW杯のアジア地域2次予選の試合だった」とのみ答えた。

また「試合を進行するにあたり、FIFAなどの関連規定違反、この様な部分があるならばサッカー協会レベルで提訴する手続きも別途あると理解している」と、「基本的にスポーツ、南北間の合意によるスポーツ交流ではないので」と言葉を濁した。韓国統一部は今回の試合がW杯予選の組み合わせ抽選過程で意図せず成されたものだとの点を強調している。

無観客試合で行われた事については「まだ代表団が北朝鮮にいるため、帰国次第、状況について綿密に把握し、どの様な背景で、どの様な意図で成されたのかをもう少し検討してみる事になる」と答えた。

同報道官は「韓国政府はサッカー協会レベルで応援団や中継、また韓国国民の声援の中で試合が行われる様にするべく努力を続けて来たが、その様にはならなかった」と、「ただし今回の試合はカタールW杯のアジア地域2次予選の試合で、これまでの南北の合意によるスポーツ交流として進められたものではないため、今後の南北関係と直接関連付ける事は適切ではない」と話している。

翻訳:水野卓
Copyright ©The financialnewsjapan. All rights reserved.

関連記事

ピックアップ記事

  1. 米国投資銀行ゴールドマン・サックスが、新型コロナウイルスの拡散により米国の第2四半期の国内総生産(G…
  2. 日本政府が新型コロナウイルス感染症の拡散防止のため、韓国と中国発の入国制限措置を4月末まで延長するこ…
  3. ヨーロッパではイタリアに続きスペインも新型コロナウイルス感染症による死者の数が中国を超えた。現在、全…
  4. 国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長は、1年延期された東京五輪の開催時期について「夏に限定し…
  5. 写真はpixabayから 英国王室のチャールズ皇太子が新型コロナウイルスに感染したことが分か…

おすすめ記事

  1. 韓国の文在寅大統領は30日、新型コロナウイルスの感染拡大による経済危機克服策の一環として、「所得下位…
  2. 米国カリフォルニア州の共和党の下院予備選候補だったジョアン・ライト氏は先月27日、自身のツイッターで…
  3. 韓国の人口が、3カ月連続で「自然減」となったことがわかった。婚姻と出産が急減したことが原因で、出生児…
  4. 韓国企業が、マスクの再利用が可能となる抗菌剤を開発し、注目を集めている。科学専門企業「Ventex」…
  5. 韓国京畿道城南市陽地洞(ソンナム市ヤンジ洞)にある教会「恩恵の川」の信徒40人が新型コロナウイルスに…
ページ上部へ戻る
Translate »