カリブラCEO、「規制強化にもリブラ協会は堅固」

カリブラCEO、「規制強化にもリブラ協会は堅固」

■カリブラCEO、「規制強化にもリブラ協会は堅固」
ペイパル、ビザ、マスターカードなどの有力会員社の離脱にもかかわらず、依然として多数の企業や団体がリブラ協会への参加に高い関心を持っているとヤフーファイナンスが16日(現地時間)、報じた。

リブラプロジェクトの責任者でカリブラCEOであるデビッド・マーカス氏は同メディアとのインタビューで「7社の離脱にもリブラ協会の位相は変わらない。多数の大手銀行や金融機関が協会への参加に関心を表明した」と述べた。また、「規制強化に対する負担はあるが、リブラ開発の意志には変わりがない」とし「各種の規制に準拠するリブラプロジェクトに尽力を尽くしていく」と明らかにした。

■仮想通貨プロジェクトの失敗の原因は、「無関心」と「詐欺」
仮想通貨プロジェクトが失敗する理由は「投資家の無関心」が最大の原因だとの分析が出た。

コインポストによると、データ分析サービスであるCoinospyが過去8年間の仮想通貨プロジェクトの失敗事例1000件を分析した結果、「投資家の無関心」(約63%)、「詐欺」(約30%)、新規仮想通貨公開(ICO)の失敗(約3.6%)、詐欺のプロジェクト(約3.2%)などが主な失敗の原因となった。また仮想通貨プロジェクトの平均寿命は1.7年で、詐欺のプロジェクトの場合は1年未満の寿命を持っていることが分かった。

Copyright ©The financialnewsjapan. All rights reserved.

関連記事

ピックアップ記事

  1. 韓国の生活水準を表す昨年の1人あたりの国民総所得(GNI)がG7(主要先進国)構成国家のイタリアを…
  2. 米テスラのCEO(最高経営者)イーロン·マスク氏が世界最高の富豪となった。世界最高の富豪順位が変わ…
  3. −英国、1日で約6万人の感染者−ジョンソン首相「絶望的…怖い」−ワクチンが無用の長物となる危機−ド…
  4. −ブラックロック、仮想通貨専門人員採用予定−ペイパル、今年から仮想通貨決済サービス開始−韓国国内銀…
  5. [caption id="" align="alignnone" width="719"] 大阪難…

おすすめ記事

  1. −年末年始を前に特段の対策が必要−ソウル市、5人以上の集合禁止方針決まる 新型コロナウイルス…
  2. 米国の新型コロナウイルス感染症による1日の死亡者数が過去最悪のテロ事件に上げられる911テロの犠牲…
  3. 済州経済通商振興院東京通商代表部(所長:崔 滄勳)は、11月16日から日本最大の韓流通りである東京…
  4. 韓国のモバイルラーニングシステム開発会社Newin Inc.が日本法人として「株式会社Newin J…
  5. 韓国の中古品売買サイト「ニンジンマーケット」で問題となった出品のキャプチャ ‐該当出品は現在削除、…
ページ上部へ戻る
Translate »