G20財務相会議、ステーブルコインの規制に同意

G20財務相会議、ステーブルコインの規制に同意

■G20財務相会議、「規制のないリブラ許可はない」
去る18日(現地時間)、米国・ワシントンIMF本部で開かれた「G20財務相・中央銀行会議」で各国の財務相がステーブルコインの規制に合意した。

CCNなど海外メディアによると、G20会議はリブラを含むステーブルコインが金融・通貨の安定性を脅かすことができることに共感、明確な規制と監督体制の必要性に同意した。

マネーロンダリング対策の国際的な協力推進を行う国際機関「FATF」もG20会議の決定に同調した。リウFATF会長は同日、「ステーブルコインの拡散によって、資金洗浄とテロ資金調達防止のための国際的な努力が水の泡になる可能性がある」とし「このような脅威に対応することがFATFの任務」と述べた。

■JPモルガンCEO、「リブラは素晴らしいが、実現不可能なアイデア」
米国ウォールストリートを代表する投資銀行JPモルガン・チェースのジェイミー・ダイモンCEOがフェイスブックのリブラについて否定的な見解を明らかにした。

20日(現地時間)、ビットコインエクスチェンジガイドによると、同氏は先週、ワシントンで開かれた会議に参席し、「リブラは素晴らしいが、実現不可能なアイデア」と、JPモルガンのリブラ協会への参加可能性を否定した。

また「我々はすでにドル建てのステーブルコインを持っている。JPモルガンのステーブルコインがより安定的だ」と述べた。

Copyright ©The financialnewsjapan. All rights reserved.

関連記事

ピックアップ記事

  1. 韓国で新型コロナウイルス感染症(コロナ19)が急増している中、米疾病対策センター(CDC)が韓国への…
  2. 新型コロナウイルスの感染拡大により中国国内にある工場の正常稼働が遅れ、経営への影響が憂慮される。新型…
  3. 韓国外交部の康京和長官がドイツで開かれるミュンヘン安全保障会議(MSC)に参席し、現地時間15日午前…
  4. 中国湖北省武漢市で発生した新型コロナウイルス(COVID-19)の感染者と死者の数が減少した。しかし…
  5. 韓国外交省が日韓軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の効力終了について「いつでも可能だ」とし、日本…

おすすめ記事

  1. 世界的に7万人に近い感染拡大を招いた新型コロナウイルス感染症(コロナ19)の震源地について、当初知ら…
  2. 中国から来る宅配便は果たして新型コロナウイルスに安全だろうか。…
  3. Googleの親会社であるアルファベットの時価総額が16日(現地時間)、1兆ドル(約110兆円)を突…
  4. 「火の手から逃れたカンガルーの避難場所となっていたゴルフ場が"死の大地(キリング・フィールド)"にな…
  5. 昨年、韓国と隣国との国際関係は例年以上に多事多難だった。昨年7月の日本の輸出管理厳格化により韓国国内…
ページ上部へ戻る
Translate »