ソウルを代表する日本食文化空間「Kappo CHIYU」、東京の「Kappo IKKON」と“食イベント”開催

ソウルを代表する日本食文化空間「Kappo CHIYU」、東京の「Kappo IKKON」と“食イベント”開催

ソウル・鴨鴎亭(アックジョン)地域を代表する日本食文化空間「Kappo CHIYU」が10月10日、東京・六本木地域の会員制有名レストラン「Kappo IKKON」と「友情(Friendship)」をテーマにコラボレーションディナーイベントを開催した。

日本料理研究会の三宅健介 (Kensuke Miyake) 副代表とフードコンテンツ研究家のRae Sung氏が企画したこのイベントは「Kappo CHIYU」が目指す“食文化外交”の延長線で行われた。

狎鴎亭の島山公園の近くにある「Kappo CHIYU」本店で開かれた今回のディナーイベントでは、「季節材料を使った友情」をテーマに「Kappo IKKON」の鹿渡省吾シェフと「Kappo CHIYU」のチェ・ジヨンシェフが協力したスペシャルメニューが披露された。

ソウル・鴨鴎亭(アックジョン)地域を代表する日本食文化空間「Kappo CHIYU」が10月10日、東京・六本木地域の会員制有名レストラン「Kappo IKKON」と「友情(Friendship)」をテーマにコラボレーションディナーイベントを開催した。/写真提供: Ao Studio

鹿渡シェフは日本で活躍する著名なスターシェフで、フュージョン料理が特技。チェ・ジヨンシェフはハイエンドミシュランレストラン「寿司選手」、「寿司チョヒ」などで活躍した、20年経歴を持つ専門日本食シェフだ。

寒くなった体を温めてくれるカニの卵煮込みキノコソースで構成された「ウェルカムディッシュ」が今回のディナーイベントの最初のメニューとして登場した。前菜は天然の松茸サラダとイカエビ、ウニのケジャンソース。その後はゆばを巻いたサメひれソースと共に、サメのひれ、クルマエビ、ヒラユバ、キクラゲ、ニンジン、グリーンビーンが入ったスープメニューが披露された。

シェフ鹿渡セレクションメニューも用意された。韓国牛チブニとイチジクのアゲダシを甘辛く楽しめる当メニューは韓国牛チヂミ、イチジク、大ねぎで構成されている。食事メニューにはニシンそばといくらご飯が用意された。

ディナーイベントのクライマックスはデザートだった。日本と韓国の友情の意味を盛り込みバニラアイス、モナカ、アーモンド、小豆、抹茶で構成し、日韓両国の味を調和させた。

当日のイベントには、1949年に設立された伝統の日本調理学校「中村アカデミー」のキム・ジョンウ講師、日韓酒類を比較研究してきたヨ・テオ酒ソムリエも参加し、最近冷え込んでいる日韓交流行事としても重要な意味を持つ場となった。

「Kappo CHIYU」側は「グローバル社会の構成員がコスモポリタンとして、“食文化”という共通の関心事を通じて日韓交流を継続、発展させていきたい」と覚悟を固めた。

一方、「Kappo CHIYU」は、「tvN水曜美食会」、「ブルーリボン」、「食神」など韓国の有名メディアに美味しいお店(グルメ)として選ばれている。

Kappo CHIYU公式インスタグラムアカウント: www.instagram.com/kappo.chiyu

写真・映像提供: Ao Studio
Copyright ©The financialnewsjapan. All rights reserved.

関連記事

ピックアップ記事

  1. 香港情勢が内戦の様相を呈するほどに激化し、統制不能の状態に陥った。主な香港大学では警察と学生の衝突が…
  2. 中国の習近平国家主席が香港事態について「最も緊急の課題は“暴力終息”だ」と強調した。習主席が香港問題…
  3. グローバルなオンライン決済サービスのプラットフォーム「ペイパル(PayPal)」と、世界最大のアダル…
  4. ライバル企業の金融業への進出を見守っていたグーグルが銀行と手を組み、来年から銀行口座サービスを開始す…
  5. 韓国ゲーム物管理委員会のイ・ジェホン委員長がブロックチェーンゲームと関連して「歓迎する」との立場を明…

おすすめ記事

  1. 北朝鮮が国を挙げて観光産業育成に乗り出したなか、観光大国であるキューバ共和国がロールモデルになるかも…
  2. 韓国の海外旅行ガイドアプリ「トリプル」が今年12月第3週から来年年初までの約3週間登録された旅行日程…
  3. 沖縄にある首里城の火災は韓国人が放火したのではないかというデマが広がっている。…
  4. 北朝鮮は25日、金剛山観光地区から韓国側の施設を撤去する計画の議論を求める通知文書を発送した。…
  5. 中国の経済成長率が史上最低水準に低下した。中国の景気減速速度が速くなり、今年の経済成長率が6%前半で…
ページ上部へ戻る