北朝鮮「金剛山観光地区施設撤去の議論を」と通知

写真は朝鮮中央通信から

-金正恩氏の陽德温泉現地視察の日に伝わる
-韓国統一部「財産権保護を最優先にして方針決める」

北朝鮮は25日、金剛山観光地区から韓国側の施設を撤去する計画の議論を求める通知文書を発送した。

尹相現(ユン・サンヒョン)国会外交統一委員長はこの日、金鍊鐵(キム・ヨンチョル)統一部長官との面談で、この様な事実を確認したとブリーフィングを通じて伝えた。

韓国統一部もこの日の午前、北朝鮮側が今後、金剛山観光施設の撤去問題について文書交換方式での議論を求める通知文書を送って来た事を明らかにした。

韓国政府は関係機関との協議を経て、韓国国民の財産権保護を最優先するとの方針のもとで積極的に対処して行く予定だ。

一方この日、北朝鮮の官営メディア朝鮮中央通信は、北朝鮮の金正恩国務委員長が完工を前にした平安南道陽徳郡にある温泉観光地区の建設現場を視察し、金剛山観光地区を酷評、「我々のやり方、朝鮮のやり方で開発しなければならない」と話したと報じた。これは独自の観光開発事業を行うとの意思を明らかにした発言だとみられる。

ただし北朝鮮が韓国側に事前の通知無しで金剛山の施設を撤去せずにまず議論する意思を明らかにしたのは、対話を通じて北朝鮮が求める南北経済協力の進展について話し合おうとの考えが反映されたものだとみられる。

翻訳:水野卓
Copyright ©The financialnewsjapan. All rights reserved.

関連記事

ピックアップ記事

  1. ‐ビットコイン、1万6000ドル台まで下落‐大口投資家による大量売却の可能性も‐OKEx出金再開で…
  2. 価格上昇が続く仮想通貨ビットコイン(BTC)は現地時間24日、1万9000ドルを突破した。コインデ…
  3. 韓国ではすでに約25万人のユーザーが使用しているモバイルラーニングソリューション「タッチクラス」が日…
  4. 仮想通貨ビットコイン(BTC)が留まる事無く上昇を続けている。現地時間16日以降は1日に1000ド…
  5. 米モデルナの新型コロナワクチンが現地時間16日、ニューヨーク株式市場を再び史上最高値に引き上げた。…

おすすめ記事

  1. 済州経済通商振興院東京通商代表部(所長:崔 滄勳)は、11月16日から日本最大の韓流通りである東京…
  2. 韓国のモバイルラーニングシステム開発会社Newin Inc.が日本法人として「株式会社Newin J…
  3. 韓国の中古品売買サイト「ニンジンマーケット」で問題となった出品のキャプチャ ‐該当出品は現在削除、…
  4. 世界で新型コロナウイルス感染症による死亡者はこれまで約100万人。世界各国が防疫に力を入れているが、…
  5. 済州経済通商振興院(院長:文寬永)がコロナ19によるパンデミック(世界的大流行)の中でも、オンライ…
ページ上部へ戻る
Translate »