再び広がる「嫌韓」…「首里城の火災は韓国人の放火」デマ拡散

沖縄にある首里城の火災は韓国人が放火したのではないかというデマが広がっている。

沖縄タイムスによると1日、日本のオンライン・コミュニティやツイッターには火災が発生した前日から、首里城の火災を引き起こした放火犯が在日朝鮮人や韓国人ではないかという主張が相次いで上がっている。

韓国出張中の玉城デニー沖縄県知事を誹謗中傷する動画も上がった。この動画には「玉城が韓国に退避している。知事が指示したのかもしれない」との内容が込められていた。動画が上げられた投稿には「犯人は私(玉城知事)ですか」とのコメントもつけられている。

玉城知事は今年9月、韓国が日本旅行をボイコットしている事について、日本政府の輸出緩和措置解除を批判した。当時、玉城知事は「政府の政策のせいで沖縄観光が直撃弾を食らった」との趣旨の発言をしている。これについて日本のネトウヨとも呼ばれる右寄りのインターネットユーザーらは、玉城知事が韓国側についたとして、厳しい視線を送っていた。

火災に関するデマは今回が初めてではない。今年7月に死者33人、負傷者36人を出した京都アニメーションの放火事件の際も「放火は韓国人の習性」などとするデマが日本のオンライン・コミュニティを通じて拡散した。

首里城の火災原因は1日現在まで明らかになっていない。

翻訳:水野卓
Copyright ©The financialnewsjapan. All rights reserved.

関連記事

ピックアップ記事

  1. 中国湖北省武漢市で発生した新型コロナウイルス(COVID-19)の感染者と死者の数が減少した。しかし…
  2. 韓国外交省が日韓軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の効力終了について「いつでも可能だ」とし、日本…
  3. 新型コロナウイルスの発生を最初に告発したものの、逆に中国政府の弾圧を受ける事になってしまった李文亮医…
  4. ビットコインは強力的な抵抗線である1万ドルを突破した。ビットコインが1万ドル台に進入したのは昨年11…
  5. 「ウクライナ・スキャンダル」から始まったドナルド・トランプ米国大統領に対する弾劾案が現地時間5日、米…

おすすめ記事

  1. 中国から来る宅配便は果たして新型コロナウイルスに安全だろうか。…
  2. Googleの親会社であるアルファベットの時価総額が16日(現地時間)、1兆ドル(約110兆円)を突…
  3. 「火の手から逃れたカンガルーの避難場所となっていたゴルフ場が"死の大地(キリング・フィールド)"にな…
  4. 昨年、韓国と隣国との国際関係は例年以上に多事多難だった。昨年7月の日本の輸出管理厳格化により韓国国内…
  5. イランがイラク西部の米軍基地をミサイルで攻撃したならないか、国際原油価格と安全資産である金の価格が急…
ページ上部へ戻る
Translate »