再び広がる「嫌韓」…「首里城の火災は韓国人の放火」デマ拡散

沖縄にある首里城の火災は韓国人が放火したのではないかというデマが広がっている。

沖縄タイムスによると1日、日本のオンライン・コミュニティやツイッターには火災が発生した前日から、首里城の火災を引き起こした放火犯が在日朝鮮人や韓国人ではないかという主張が相次いで上がっている。

韓国出張中の玉城デニー沖縄県知事を誹謗中傷する動画も上がった。この動画には「玉城が韓国に退避している。知事が指示したのかもしれない」との内容が込められていた。動画が上げられた投稿には「犯人は私(玉城知事)ですか」とのコメントもつけられている。

玉城知事は今年9月、韓国が日本旅行をボイコットしている事について、日本政府の輸出緩和措置解除を批判した。当時、玉城知事は「政府の政策のせいで沖縄観光が直撃弾を食らった」との趣旨の発言をしている。これについて日本のネトウヨとも呼ばれる右寄りのインターネットユーザーらは、玉城知事が韓国側についたとして、厳しい視線を送っていた。

火災に関するデマは今回が初めてではない。今年7月に死者33人、負傷者36人を出した京都アニメーションの放火事件の際も「放火は韓国人の習性」などとするデマが日本のオンライン・コミュニティを通じて拡散した。

首里城の火災原因は1日現在まで明らかになっていない。

翻訳:水野卓
Copyright ©The financialnewsjapan. All rights reserved.

関連記事

ピックアップ記事

  1. ‐ビットコイン、1万6000ドル台まで下落‐大口投資家による大量売却の可能性も‐OKEx出金再開で…
  2. 価格上昇が続く仮想通貨ビットコイン(BTC)は現地時間24日、1万9000ドルを突破した。コインデ…
  3. 韓国ではすでに約25万人のユーザーが使用しているモバイルラーニングソリューション「タッチクラス」が日…
  4. 仮想通貨ビットコイン(BTC)が留まる事無く上昇を続けている。現地時間16日以降は1日に1000ド…
  5. 米モデルナの新型コロナワクチンが現地時間16日、ニューヨーク株式市場を再び史上最高値に引き上げた。…

おすすめ記事

  1. 済州経済通商振興院東京通商代表部(所長:崔 滄勳)は、11月16日から日本最大の韓流通りである東京…
  2. 韓国のモバイルラーニングシステム開発会社Newin Inc.が日本法人として「株式会社Newin J…
  3. 世界で新型コロナウイルス感染症による死亡者はこれまで約100万人。世界各国が防疫に力を入れているが、…
  4. 済州経済通商振興院(院長:文寬永)がコロナ19によるパンデミック(世界的大流行)の中でも、オンライ…
  5. 韓国の昨年の出生数が最低水準の30万人台序盤に下がった事で、合計出生率も0.92人まで下落した。この…
ページ上部へ戻る
Translate »