フォルクスワーゲン、電気自動車を本格生産開始

独フォルクスワーゲンが4日(現地時間)、普及用の電気自動車を本格的に生産し始めた。

CNBCによると、フォルクスワーゲンはドイツ東部のツヴィッカウ工場でディース最高経営責任者(CEO)とドイツのメルケル首相が出席した中、生産開始イベントを行った。

ディースCEOはこの日から生産し始めた車種である「ID.3」について「電気自動車の突破口に大きい貢献をするはず」とし「数百万人にクリーンの移動手段を提供し、2050年までに目標である気候中立を達成させてくれるだろう」と述べた。

同社のホームページには同車種が来年の夏からヨーロッパの市場に同時多発的にリリースされると予告した。またヨーロッパでの発売価格は、ドイツに比べて安価な3万ユーロ(3万3487ドル)以下になると強調した。

フォルクスワーゲンのツヴィッカウ工場は、既存の内燃機関車を生産していた場所で、電気自動車の組立施設への転換が進んでいる。フォルクスワーゲンはこのために12億ユーロを投資しており、2021年には年間33万台の電気自動車を生産できると期待している。

フォルクスワーゲンは2028年までに電気自動車70車種を発売するという目標の下、2023年までにまず300億ユーロを投資する計画だ。

Copyright ©The financialnewsjapan. All rights reserved.

関連記事

ピックアップ記事

  1. 韓国政府が今年6月まで仮想通貨取引を集中的に取り締まる。韓国金融委員会は仮想通貨の出金モニタリング…
  2. 写真は総理官邸ホームページから 米国のジョー・バイデン大統領は今月16日に米国で開かれる、日本の菅…
  3. 主要産油国が新型コロナウイルス感染症の世界的な流行解消と大々的な景気反騰に備え、今後3ヶ月の間に原…
  4. ―韓国疾病庁、予定より3ヶ月前倒しで実用化―丁世均首相「海外でも使える様に推進」 韓国版のブロック…
  5. 「美容大国」である韓国独自の特殊化粧品技術とビューティー商品を日本に紹介している株式会社TEISH…

おすすめ記事

  1. 日本地域で韓国語能力試験(TOPIK)の実施や運営などを担当している韓国教育財団は14日、公式SNS…
  2. 駐大阪大韓民国総領事館、東西大学日本研究センター、世宗研究所日本研究センターが共催する韓日関係フォー…
  3. 東海大学の教育開発研究センター(担当教授 林大仁)は28日、「韓国語学習研究プロジェクト」を11月…
  4. 今年2月のウクライナ侵攻以降、侵攻を「特別軍事作戦」と呼んでいたロシアのウラジーミル・プーチン大統領…
  5. 韓国政府は31日、9月3日0時から海外入国者に義務付けられていた入国前のコロナ検査と陰性証明書の提出…
ページ上部へ戻る
Translate »