コスメ会社「帝美(TEIBI)」が韓国代表選手団のスポンサーに…在日本大韓体育会と東京五輪後援協約

“Return to Beautiful Skin”のスローガンを掲げてアジア全域で支持を得ているコスメ会社「帝美(TEIBI)」が、来年開催される東京 2020 オリンピック・パラリンピック競技大会(以下、東京 2020 大会)に参加する大韓民国代表選手団を後援する。

帝美は8日、「特別協賛スポンサーとして大韓民国代表選手団をサポートする」とし、都内本社で在日本大韓体育会と後援協約を結んだことを発表した。

日本で化粧品展開を広げている同社は、“美容大国”である韓国コスメの特殊技術を用いた商品で日本はもちろんアジア全域で消費者の支持を獲得しているコスメ界の注目の会社。昨年末には主力商品であるマスクパック600万枚を香港の商社を通じて東南アジアに供給する契約を締結し、業界を驚かせた。

コスメ会社「帝美(TEIBI)」は8日、「特別協賛スポンサーとして大韓民国代表選手団をサポートする」とし、都内本社で在日本大韓体育会と後援協約を結んだことを発表した。写真は在日本大韓体育会の李東洙(イ・ドンス、左)業務支援チーム長と株式会社帝美経営管理部の金熙培(キム・ヒベ)常務。

帝美は今回のスポンサー契約で再生医学の技術を用いた人気マスクパックを選手団に提供する。同社の関係者によると、このマスクパックはヒト幹細胞培養液の中でも高濃度の成長因子が得られる臍帯間葉幹細胞を使った独自特許技術の成分を使用しており、東京2020大会の時に日差しの強い野外で奮闘する選手団の肌を「ダメージから修復する手助けを」という。

帝美側は、「契約カテゴリー商品を通じて東京2020大会のムーブメントを盛り上げると共に、参加する大韓民国選手団の活躍をサポートする事で東京2020大会の成功に貢献をしていきたい」と公式スポンサーとしての覚悟を明らかにした。

帝美は今回のスポンサー契約で再生医学の技術を用いた人気マスクパックを選手団に提供する。

Copyright ©The financialnewsjapan. All rights reserved.

関連記事

ピックアップ記事

  1. 日本の対韓国貿易収支が約1兆8000億円(前年比19.0%減)の黒字を記録したが、欧州の財政危機直後…
  2. 投資銀行ゴールドマン・サックスは、武漢市で発生した新型肺炎が国際原油価格を引き下げるほどの脅威になっ…
  3. 中国湖南省武漢市で発生した新型コロナウイルスの感染者が571人まで増加し、死者も17人となった。この…
  4. 米ネットフリックスが21日(現地時間)、昨年第4四半期の実績を発表した。発表によると、海外の新規会員…
  5. ロシア極東ウラジオストクに輸入された日本製の自動車から基準値を超える放射線が検出され、日本に返送した…

おすすめ記事

  1. Googleの親会社であるアルファベットの時価総額が16日(現地時間)、1兆ドル(約110兆円)を突…
  2. 「火の手から逃れたカンガルーの避難場所となっていたゴルフ場が"死の大地(キリング・フィールド)"にな…
  3. 昨年、韓国と隣国との国際関係は例年以上に多事多難だった。昨年7月の日本の輸出管理厳格化により韓国国内…
  4. イランがイラク西部の米軍基地をミサイルで攻撃したならないか、国際原油価格と安全資産である金の価格が急…
  5. オーストラリア南東部の史上最悪の森林火災で、今まで野生動物5億匹が死んだと推定された。米CNBCによ…
ページ上部へ戻る