グリーンピース、「福島近くの放射線レベルが2000倍急増…台風の影響」

先月に日本を襲った台風の余波で、福島原子力発電所付近の放射線レベルが大幅に増加したという調査結果が出た。

グリーンピースの放射能の専門家であるショーン・バーニー首席研究員は11日、韓国のラジオ番組「キム・オジュンのニュース工場」に出演し、福島県高瀬川の放射線レベルの調査結果を伝えた。

バーニー首席研究員は「台風前に放射線レベルが高くなかったが、台風が来てから一部の地域の放射能数値が急増した」とし「台風により再汚染が疑われる」と語った。また「日本政府は除染作業が成功的だと主張しているが、実際にはそうではないと思っている」と主張した。

バーニー首席研究員によると、事故前福島地域の放射能水位は毎時0.04マイクロシーベルト(μ㏜)だったが、事故後の20〜25倍に上がり、特定の地域では、2000倍以上上がる高濃度放射能が検出されると伝えた。

バーニー首席研究員は「日常的な地域でこうして高い放射線レベルが検出されるということは、まったく正常な状況ではない」とし「日本政府は、国際社会とまた日本国民にもっと正直な姿勢を取らなければならない」と強調した。

グリーンピースは今回の調査結果を、東京オリンピック聖火リレーが開始される来年3月頃に発表する計画だ。

Copyright ©The financialnewsjapan. All rights reserved.

関連記事

ピックアップ記事

  1. ドナルド・トランプ米大統領が1段階の米中貿易合意に署名した。ブルームバーグ通信が12日(現地時間)、…
  2. 11日(現地時間)、ビットコイニストによると、同社のジャック・ドーシーCEOは「脱中央型SNSを開発…
  3. 先月27日、UPbitから流出した580億ウォン(約53億円)相当の仮想通貨が事件発生後の2週間で1…
  4. 「逃亡犯条例」改定案への反対で始まった「香港デモ」の参加者らが、米時事週刊誌タイムの読者が選んだ「今…
  5. 香港のサウス・チャイナ・モーニング・ポストが最近、韓国で老若男女を問わず人気の韓国教育専門放送局EB…

おすすめ記事

  1. 香港のサウス・チャイナ・モーニング・ポストが最近、韓国で老若男女を問わず人気の韓国教育専門放送局EB…
  2. gjsr
    来年の世界の株式市場は米国の「10年天下」が幕を下ろし、日本、韓国、ドイツ、中国などの新たな「10年…
  3. 日本のソフトバンクと韓国のNAVERが結んだ「テックフィン同盟」では、ブロックチェーン技術が統合会社…
  4. 中国がブロックチェーン・仮想通貨技術を元にした「デジタル人民元」発行の秒読み段階に入った。専門家らは…
  5. 韓国ゲーム物管理委員会のイ・ジェホン委員長がブロックチェーンゲームと関連して「歓迎する」との立場を明…
ページ上部へ戻る