米ニューヨーク住宅価格が1年間で15%下落… アマゾン第2本社断念の影響

写真は米シアトルのアマゾン本社/ユン・ジェジュン記者

アマゾンの第2本社「HQ2」の建設地に指定されたが、一部の住民や政治家の反対で白紙に終わったニューヨーク。その影響で住宅価格が大幅に下落したことが分かった。

米マーケットウォッチは最近、アマゾンがHQ2の候補地としてニューヨークとバージニア州を発表してから1年が経った現在、両地域間の住宅価格が真逆の動きを見せていると報じた。

不動産情報会社リアルトドットコムによると、アーリントンを取り囲んでいるバージニア地域は、現在の住宅の中間価格が86万3000ドルで、1年の間に33%上昇した。その一方、HQ2を断念したニューヨークは104万ドル(約12億1700万ウォン)で1年前に比べて15%下落した。

当時、アマゾンがHQ2の最終候補都市にニューヨークを含むと、ニューヨーク地域の住民と政治家らは既存の住宅問題をより深刻化させると反対した。反対者らはアマゾンの本社が位置するシアトルを例に挙げながら「投機家らとアマゾンの就業者が不動産を買い入れ、住宅価格の上昇をあおるだけでなく、売りに出てくる物件も半分に減り、住宅価格に混乱をもたらす」と声をあげた。シアトルの場合、このような理由で5年間で住宅価格が73%も上昇していた。

結局アマゾンはニューヨーク計画を断念した。

Copyright ©The financialnewsjapan. All rights reserved.

関連記事

ピックアップ記事

  1. ‐ビットコイン、1万6000ドル台まで下落‐大口投資家による大量売却の可能性も‐OKEx出金再開で…
  2. 価格上昇が続く仮想通貨ビットコイン(BTC)は現地時間24日、1万9000ドルを突破した。コインデ…
  3. 韓国ではすでに約25万人のユーザーが使用しているモバイルラーニングソリューション「タッチクラス」が日…
  4. 仮想通貨ビットコイン(BTC)が留まる事無く上昇を続けている。現地時間16日以降は1日に1000ド…
  5. 米モデルナの新型コロナワクチンが現地時間16日、ニューヨーク株式市場を再び史上最高値に引き上げた。…

おすすめ記事

  1. 済州経済通商振興院東京通商代表部(所長:崔 滄勳)は、11月16日から日本最大の韓流通りである東京…
  2. 韓国のモバイルラーニングシステム開発会社Newin Inc.が日本法人として「株式会社Newin J…
  3. 世界で新型コロナウイルス感染症による死亡者はこれまで約100万人。世界各国が防疫に力を入れているが、…
  4. 済州経済通商振興院(院長:文寬永)がコロナ19によるパンデミック(世界的大流行)の中でも、オンライ…
  5. 韓国の昨年の出生数が最低水準の30万人台序盤に下がった事で、合計出生率も0.92人まで下落した。この…
ページ上部へ戻る
Translate »