米ニューヨーク住宅価格が1年間で15%下落… アマゾン第2本社断念の影響

写真は米シアトルのアマゾン本社/ユン・ジェジュン記者

アマゾンの第2本社「HQ2」の建設地に指定されたが、一部の住民や政治家の反対で白紙に終わったニューヨーク。その影響で住宅価格が大幅に下落したことが分かった。

米マーケットウォッチは最近、アマゾンがHQ2の候補地としてニューヨークとバージニア州を発表してから1年が経った現在、両地域間の住宅価格が真逆の動きを見せていると報じた。

不動産情報会社リアルトドットコムによると、アーリントンを取り囲んでいるバージニア地域は、現在の住宅の中間価格が86万3000ドルで、1年の間に33%上昇した。その一方、HQ2を断念したニューヨークは104万ドル(約12億1700万ウォン)で1年前に比べて15%下落した。

当時、アマゾンがHQ2の最終候補都市にニューヨークを含むと、ニューヨーク地域の住民と政治家らは既存の住宅問題をより深刻化させると反対した。反対者らはアマゾンの本社が位置するシアトルを例に挙げながら「投機家らとアマゾンの就業者が不動産を買い入れ、住宅価格の上昇をあおるだけでなく、売りに出てくる物件も半分に減り、住宅価格に混乱をもたらす」と声をあげた。シアトルの場合、このような理由で5年間で住宅価格が73%も上昇していた。

結局アマゾンはニューヨーク計画を断念した。

Copyright ©The financialnewsjapan. All rights reserved.

関連記事

ピックアップ記事

  1. ドナルド・トランプ米大統領が1段階の米中貿易合意に署名した。ブルームバーグ通信が12日(現地時間)、…
  2. 11日(現地時間)、ビットコイニストによると、同社のジャック・ドーシーCEOは「脱中央型SNSを開発…
  3. 先月27日、UPbitから流出した580億ウォン(約53億円)相当の仮想通貨が事件発生後の2週間で1…
  4. 「逃亡犯条例」改定案への反対で始まった「香港デモ」の参加者らが、米時事週刊誌タイムの読者が選んだ「今…
  5. 香港のサウス・チャイナ・モーニング・ポストが最近、韓国で老若男女を問わず人気の韓国教育専門放送局EB…

おすすめ記事

  1. 香港のサウス・チャイナ・モーニング・ポストが最近、韓国で老若男女を問わず人気の韓国教育専門放送局EB…
  2. gjsr
    来年の世界の株式市場は米国の「10年天下」が幕を下ろし、日本、韓国、ドイツ、中国などの新たな「10年…
  3. 日本のソフトバンクと韓国のNAVERが結んだ「テックフィン同盟」では、ブロックチェーン技術が統合会社…
  4. 中国がブロックチェーン・仮想通貨技術を元にした「デジタル人民元」発行の秒読み段階に入った。専門家らは…
  5. 韓国ゲーム物管理委員会のイ・ジェホン委員長がブロックチェーンゲームと関連して「歓迎する」との立場を明…
ページ上部へ戻る