米連銀の報告書「ステーブルコインは世界金融市場に打撃」

■米連銀がステーブルコインのリスクを警告
米連邦準備制度理事会(FRB)がステーブルコインによって世界金融市場に小さくない打撃がくると警告した。15日(現地時間)、コインデスクによると、FRBは財政安定報告書を通じて「ステーブルコインの発行や運用への不信、法的規制の不備などにより、大規模な支払い不能の事態が発生することができる」とし「投資家の特別の注意が要求される」と述べた。

報告書はまた、「当局の規制が及ばない領域があるだけに、ステーブルコインの発行会社の透明な運営と利用規約開示、個人情報の保護、投資家の権利などの措置が急がれる」と強調した。

■中国人民銀行、デジタル通貨のモデル地域選定…CBDC発行が間もなく実施?
中国人民銀行が本格的なデジタル通貨の発行準備に入った。中国メディアによると、人民銀行がデジタル通貨の試験運営地域を選定した。

選定された地域は河北省、浙江省、深セン市。同地域では今後2年間、大規模な現金取引を制限し、非現金決済を奨励する方針だ。

■トム・リー氏「ビットコインは右肩上がり… 2万5000ドル」
ビットコイン強気派で知られているファンドストラットのトム・リーCEOがビットコインに対する楽観的な見通しを改めて明らかにした。

15日(現地時間)、コインテレグラフによると、リー氏は「最近の横ばい動きにもかかわらず、ビットコインの価値は着実に右肩上がりする」とし「2万5000ドルまで上昇する余力がある」と主張した。

また「デジタル資産市場がまだ初期段階であることを考慮すれば、FAANG(Facebook、Amazon、Apple、Netflix、Google)のようにビットコインの価値も着実に上昇するだろう」と説明した。

Copyright ©The financialnewsjapan. All rights reserved.

関連記事

ピックアップ記事

  1. アンニョンハセヨ。 去年から自粛生活が続くなかで家にいる間に韓国ドラマに、はまった方が多いそうです…
  2. −24時間で約100万円下落−ビットコインの変動性に対する憂慮発言相次ぐ ビットコイン(BTC)が…
  3. −「アップルと自動運転車の開発協議を進めていない」−現代自動車・KIA・現代モービス、公式に発表−…
  4. 軍部に監禁されたアウンサンスーチー国家顧問 今月1日、クーデターでミャンマー政府を掌握した軍部指導…
  5. - inno.N胃食道逆流疾患新薬ケイキャップ錠、中国許可審査着手- 2015年に中国ロシン(Lu…

おすすめ記事

  1. 私たち人類を苦しめた2020年が終わり、約1年経過した新型コロナウイルスが、未だに私たちを脅かして…
  2. 趙善玉料理研究院の韓国語料理教室案内 最近、本当に韓国のテレビで料理番組やタレントさん達がいろいろ…
  3. 養子となって僅か10ヶ月、養父母による虐待で死亡したジョンインちゃん(養子縁組後の名前:アン・ユル…
  4. 韓国で初めて猫の新型コロナウイルス感染事例が発生した。写真は本社DB −「人への感染事例は無い」 …
  5. ニューヨーク・タイムズに掲載されたキムチの広告。写真は徐敬德教授が提供。 韓国誠信女子大の徐敬德教…
ページ上部へ戻る
Translate »