仮想通貨が大幅下落…ビットコインは7600ドル台

仮想通貨市場が大幅に下落している。代表的な仮想通貨であるビットコインは一時7500ドル台まで下がるなど、市場全体が全面安の動きだ。

仮想通貨情報サイトのコインマーケットキャップによると、22日午前11時基準でビットコインの価額は過去24時間前より約4.2%安の7675ドル前後で推移している。時価総額2位・3位のイーサリアムとリップルもそれぞれ7.3%安、3%安を記録しており、ビットコインキャッシュも7%を超える下落を見せている。

暴落の原因と関連して、バイナンス上海事務所の閉鎖説、マイニングの制限、アルトコインの弱みなど、いくつかの悪材料が重なったことが影響したという意見が提起されている。一部の投資家らからは、昨年末にビットコインが6000ドル台から3000ドル台に墜落した悪夢が再現されることではないかという懸念も出てくる状況だ。

一方、2008年のリーマン・ショックを予見した金融専門家ピーター・シフ氏が最近、仮想通貨市場について言及し、「最近のビットコインの急激な相場変動は、大規模な投資家(クジラ)による市場操作に近い」と主張した。また「何の好材料がない現在の状況が続く場合、ビットコインは1000ドルまで墜落することもできる」と伝えた。

Copyright ©The financialnewsjapan. All rights reserved.
ファイナンシャルニュースジャパン

関連記事

ピックアップ記事

  1. ドナルド・トランプ米大統領が1段階の米中貿易合意に署名した。ブルームバーグ通信が12日(現地時間)、…
  2. 11日(現地時間)、ビットコイニストによると、同社のジャック・ドーシーCEOは「脱中央型SNSを開発…
  3. 先月27日、UPbitから流出した580億ウォン(約53億円)相当の仮想通貨が事件発生後の2週間で1…
  4. 「逃亡犯条例」改定案への反対で始まった「香港デモ」の参加者らが、米時事週刊誌タイムの読者が選んだ「今…
  5. 香港のサウス・チャイナ・モーニング・ポストが最近、韓国で老若男女を問わず人気の韓国教育専門放送局EB…

おすすめ記事

  1. 香港のサウス・チャイナ・モーニング・ポストが最近、韓国で老若男女を問わず人気の韓国教育専門放送局EB…
  2. gjsr
    来年の世界の株式市場は米国の「10年天下」が幕を下ろし、日本、韓国、ドイツ、中国などの新たな「10年…
  3. 日本のソフトバンクと韓国のNAVERが結んだ「テックフィン同盟」では、ブロックチェーン技術が統合会社…
  4. 中国がブロックチェーン・仮想通貨技術を元にした「デジタル人民元」発行の秒読み段階に入った。専門家らは…
  5. 韓国ゲーム物管理委員会のイ・ジェホン委員長がブロックチェーンゲームと関連して「歓迎する」との立場を明…
ページ上部へ戻る