「STICO」、ついに日本新工場オープン…世界で認められた“安全機能シューズ” 生産スタート

独自の技術力と優れた研究結果をもとに、防滑機能に特化した特殊な安全機能シューズのブランド「STICO」。このSTICOがついに日本で新工場を設立し、グローバル市場に向け本格的に始動する。

株式会社イーアクセスは2日、「STICOの特殊な安全機能シューズは、日本国内のみならず世界各国に輸出する予定」とし「STICOを生産する日本新工場は神奈川県秦野市に位置し、12月3日に正式にオープン竣工式を行う予定だ」と発表した。

日本新工場は日本独自の生産モデルとなる“NEC-10”と“SEB-10”を筆頭に、多様な製品を生産する予定。特に機能性を高めた組み立て式システム、耐熱性と耐滑性に優れた超軽量素材と通気性を高めたシステムに関しては、日本国内特許も申請中で、日本市場への進出への期待感が高まっている。

日本新工場を設立した株式会社イーアクセスの延省律代表は「すでに日本国内でも多くの消費者がSTICOの衝撃的な軽さ、優れた防滑などの機能性を体感しており、高品質な安全機能シューズに絶対的な信頼と関心を示している。製品の差別化された品質で日本市場を攻略し、さらには世界市場でもSTICOが活躍する事を期待している」と抱負を明らかにした。

Copyright ©The financialnewsjapan. All rights reserved.

関連記事

ピックアップ記事

  1. 米ネットフリックスが21日(現地時間)、昨年第4四半期の実績を発表した。発表によると、海外の新規会員…
  2. ロシア極東ウラジオストクに輸入された日本製の自動車から基準値を超える放射線が検出され、日本に返送した…
  3. 中国湖北省武漢市で発生した新型コロナウイルスの感染者が初めて米国でも確認された。中国の首都北京をはじ…
  4. 昨年、韓国経済が成長率2%台の維持に成功した。しかし、2009年の世界的な金融危機以降、最も低い成長…
  5. 中国の保健当局が新型肺炎の「人から人への感染」を確認したと発表した。…

おすすめ記事

  1. Googleの親会社であるアルファベットの時価総額が16日(現地時間)、1兆ドル(約110兆円)を突…
  2. 「火の手から逃れたカンガルーの避難場所となっていたゴルフ場が"死の大地(キリング・フィールド)"にな…
  3. 昨年、韓国と隣国との国際関係は例年以上に多事多難だった。昨年7月の日本の輸出管理厳格化により韓国国内…
  4. イランがイラク西部の米軍基地をミサイルで攻撃したならないか、国際原油価格と安全資産である金の価格が急…
  5. オーストラリア南東部の史上最悪の森林火災で、今まで野生動物5億匹が死んだと推定された。米CNBCによ…
ページ上部へ戻る