ビットコインの60%が長期投資…1年以上活動なし

■ビットコイン、短期差益より長期的な投資性向

全体のビットコインの60%以上が2018年以降、一度も取引されていないまま、ウォレット内にあるという分析が出た。コインテレグラフが2日(現地時間)、報じた。

仮想通貨調査機関「リズムトレーダー」の分析結果によると、これまで採掘された1808万BTCのうち、64%に達する1158万BTCが2018年以降、1年以上取引されていないままウォレット内にあることが分かった。

リズムトレーダーは、「相場差益を狙った短期投資より貯蓄性向の長期的投資としてみることができる」と説明した。

一方、ここ1年間のビットコインは3000ドル台から1万3000ドル台まで上昇したが、現在は7000ドル台にとどまっている。

■2020年のビットコイン半減期、「大きな影響はないだろう」分析相次ぐ

来年5月頃の「ビットコイン半減期」を控え、今回の半減期がビットコインの相場変動にほとんど影響を及ばないだろうとの分析が出ている。

モルガン・クリーク・デジタルの共同設立者であるジェイソン・ウィリアムズ氏は2日(現地時間)、ツイッターに「半減期以降、ビットコインの価格が上がるという期待をしていない」とし「半減期が市場にほとんど影響を及ばないだろう」という見解を明らかにした。

また有名な仮想通貨アナリストのウィリー・ウー氏とノエル・アチソン氏も、ウィリアムズ氏の意見に同意する旨を示した。

Copyright ©The financialnewsjapan. All rights reserved.

関連記事

ピックアップ記事

  1. 投資コンサルティング会社「玄海インベストメントアドバイザー」が大規模な太陽光発電施設向けの新ファンド…
  2. 「新型肺炎」と呼ばれる新種のコロナウイルスの宿主がコウモリだという、中国研究者の分析が出た。…
  3. 中国湖北省武漢市で勤務して帰国した韓国人男性(55才)から新型コロナウイルスによる肺炎が確認されたと…
  4. 米電気自動車メーカー「テスラ」が22日(現地時間)、時価総額1000億ドルを突破した。海外メディアに…
  5. 日本の対韓国貿易収支が約1兆8000億円(前年比19.0%減)の黒字を記録したが、欧州の財政危機直後…

おすすめ記事

  1. Googleの親会社であるアルファベットの時価総額が16日(現地時間)、1兆ドル(約110兆円)を突…
  2. 「火の手から逃れたカンガルーの避難場所となっていたゴルフ場が"死の大地(キリング・フィールド)"にな…
  3. 昨年、韓国と隣国との国際関係は例年以上に多事多難だった。昨年7月の日本の輸出管理厳格化により韓国国内…
  4. イランがイラク西部の米軍基地をミサイルで攻撃したならないか、国際原油価格と安全資産である金の価格が急…
  5. オーストラリア南東部の史上最悪の森林火災で、今まで野生動物5億匹が死んだと推定された。米CNBCによ…
ページ上部へ戻る