香港の小売販売が歴代最低…前年同期比24%減

連日続く反政府デモで消費活動が委縮している香港。その影響が数字として表れ懸念が広がっている。

3日、米経済専門放送CNBCによると、香港の10月の小売販売額は前年より24.3%減の301億香港ドルを記録した。9月と8月にも前年比でそれぞれ18.2%減、23%減を記録するなど9カ月連続の下落だ。

専門家らは、反政府デモと人民元安が消費を委縮させていると分析した。香港政府側は、「反政府デモによって消費心理が悪化し、観光や消費活動が停止した」と指摘しつつ、労働市場と経済への影響を注視するという。

観光客の足取りも急減した。香港観光局によると、10月の観光客数は前年同期比43.7%減の313万人にとどまった。中国本土からの旅行者も減り、45.9%も縮小した。

香港の小売管理協会は、6ヶ月間に家賃を半分に減らすことを要求したが、こういう状況が続くと、従業員の大量解雇や店の閉鎖などの可能性もあると専門家らは予想している。

Copyright ©The financialnewsjapan. All rights reserved.

関連記事

ピックアップ記事

  1. ドナルド・トランプ米大統領が1段階の米中貿易合意に署名した。ブルームバーグ通信が12日(現地時間)、…
  2. 11日(現地時間)、ビットコイニストによると、同社のジャック・ドーシーCEOは「脱中央型SNSを開発…
  3. 先月27日、UPbitから流出した580億ウォン(約53億円)相当の仮想通貨が事件発生後の2週間で1…
  4. 「逃亡犯条例」改定案への反対で始まった「香港デモ」の参加者らが、米時事週刊誌タイムの読者が選んだ「今…
  5. 香港のサウス・チャイナ・モーニング・ポストが最近、韓国で老若男女を問わず人気の韓国教育専門放送局EB…

おすすめ記事

  1. 香港のサウス・チャイナ・モーニング・ポストが最近、韓国で老若男女を問わず人気の韓国教育専門放送局EB…
  2. gjsr
    来年の世界の株式市場は米国の「10年天下」が幕を下ろし、日本、韓国、ドイツ、中国などの新たな「10年…
  3. 日本のソフトバンクと韓国のNAVERが結んだ「テックフィン同盟」では、ブロックチェーン技術が統合会社…
  4. 中国がブロックチェーン・仮想通貨技術を元にした「デジタル人民元」発行の秒読み段階に入った。専門家らは…
  5. 韓国ゲーム物管理委員会のイ・ジェホン委員長がブロックチェーンゲームと関連して「歓迎する」との立場を明…
ページ上部へ戻る