グーグル創業者2人、創立21年に経営の一線から退く

グーグルの共同創業者であるラリー・ペイジCEOとサーゲイ・ブリン社長が経営の一線から退く。1998年に同社を立ち上げ、21年間にわたって時価総額9000億ドル規模のグループに成長させた両氏の決断に注目が集まっている。

ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)など海外メディアによると、二人はグーグルの親会社である「アルファベット」の最高経営責任者(CEO)と社長の席から退く。アルファベットCEOの席はグーグルのCEOであるサンダー・ピチャイ氏が兼任する。

両氏は退任後、アルファベット理事会に残り、議決権を行使する予定だ。両氏の議決権は過半以上で、今後もグーグルの意思決定に影響力を及ぼすとみられる。

両氏は3日(現地時間)、ブログに「ラリーとサーゲイの手紙」というタイトルの文を投稿。「アルファベットが正しく構築され、グーグルや他の子会社が独立した企業として効果的に運営されている今が経営構造を簡素化する時」とし「アルファベットとグーグルには二人のCEOと一人の社長が必要ではない」と退任する理由を説明した。。また「子供を誇りに思う親の役割を引き受ける時がきたと思う」と付け加えた。

1998年にシリコンバレーの友人の家の倉庫でグーグルを設立した二人は、2015年にグーグルを持株会社であるアルファベット体制に転換し、現在の役職を務めた。以後二人は無人自動車や宇宙旅行、未来都市など未来アイデア事業に集中してきた。

Copyright ©The financialnewsjapan. All rights reserved.

関連記事

ピックアップ記事

  1. 仮想通貨ビットコイン(BTC)が留まる事無く上昇を続けている。現地時間16日以降は1日に1000ド…
  2. 米モデルナの新型コロナワクチンが現地時間16日、ニューヨーク株式市場を再び史上最高値に引き上げた。…
  3. 韓国で13日より室内公共施設などでマスクを着用しなかった場合、10万ウォン(約9400円)の過料が…
  4. 11月11日午前、ソウルにある汝矣島漢江公園のムルビッステージで「都市、空を開く」との副題で開かれ…
  5. ‐2018年1月以来の1万5000ドル超え‐コロナ禍に米大統領選の不確実性加わり‐大統領選不服によ…

おすすめ記事

  1. 済州経済通商振興院東京通商代表部(所長:崔 滄勳)は、11月16日から日本最大の韓流通りである東京…
  2. 韓国のモバイルラーニングシステム開発会社Newin Inc.が日本法人として「株式会社Newin J…
  3. 世界で新型コロナウイルス感染症による死亡者はこれまで約100万人。世界各国が防疫に力を入れているが、…
  4. 済州経済通商振興院(院長:文寬永)がコロナ19によるパンデミック(世界的大流行)の中でも、オンライ…
  5. 韓国の昨年の出生数が最低水準の30万人台序盤に下がった事で、合計出生率も0.92人まで下落した。この…
ページ上部へ戻る
Translate »