トランプ氏が北朝鮮に警告…「すべてを失う」

米国のトランプ大統領が大陸間弾道ミサイルの実験を再開したとみられる北朝鮮に強力な警告のメッセージを送った。

トランプ大統領は8日(現地時間)、北西部・東倉里にある「西海衛星発射場」で大陸間弾道ミサイル(ICBM)に使われるエンジン燃焼実験とみられる“重大な実験”を行ったとの北朝鮮の発表を受けて、自身のツイッターに「金正恩は賢明過ぎて、失うものが多過ぎる。敵対的な行動に出るなら、本当に全てを失うことになる」とk英国のメッセージを投稿した。

また「金委員長と私はシンガポールで非核化合意に署名した。北朝鮮は彼のリーダーシップ下で大きな経済的潜在力があるが、約束通りに非核化をしなければならない」と強調した。

北朝鮮は前日、談話を発表し、「西海衛星発射場」で実験を行ったことを明らかにした。どんな実験かは説明していないが、専門家らはICBMと関連して高度なエンジン技術の確保、あるいは固体燃料の新型ミサイルの開発に成功した可能性が高いと分析している。

北朝鮮が今回の実験を通じて関連エンジン技術を確保した場合、米国本土の安全保障は北朝鮮の核に正面からぶつかることになる。またこれまで北朝鮮の核威嚇を妨げたトランプ大統領の対北朝鮮外交の成果も崩れ、再選街道にも悪材料となることが避けられないとみられる。

Copyright ©The financialnewsjapan. All rights reserved.

関連記事

ピックアップ記事

  1. 新型コロナウイルス肺炎の確定患者と死者が1日の間に急増した。中国は春節休暇を延長してまで全力で対応に…
  2. 米プロバスケットボール(NBA)の伝説的なスター、コービー・ブライアント(41)が26日、ヘリコプタ…
  3. 投資コンサルティング会社「玄海インベストメントアドバイザー」が大規模な太陽光発電施設向けの新ファンド…
  4. 「新型肺炎」と呼ばれる新種のコロナウイルスの宿主がコウモリだという、中国研究者の分析が出た。…
  5. 国際通貨体制に一大変化が予告されている。欧州連合(EU)、英国、カナダ、スウェーデン、スイス、日本な…

おすすめ記事

  1. Googleの親会社であるアルファベットの時価総額が16日(現地時間)、1兆ドル(約110兆円)を突…
  2. 「火の手から逃れたカンガルーの避難場所となっていたゴルフ場が"死の大地(キリング・フィールド)"にな…
  3. 昨年、韓国と隣国との国際関係は例年以上に多事多難だった。昨年7月の日本の輸出管理厳格化により韓国国内…
  4. イランがイラク西部の米軍基地をミサイルで攻撃したならないか、国際原油価格と安全資産である金の価格が急…
  5. オーストラリア南東部の史上最悪の森林火災で、今まで野生動物5億匹が死んだと推定された。米CNBCによ…
ページ上部へ戻る