トランプ氏が北朝鮮に警告…「すべてを失う」

米国のトランプ大統領が大陸間弾道ミサイルの実験を再開したとみられる北朝鮮に強力な警告のメッセージを送った。

トランプ大統領は8日(現地時間)、北西部・東倉里にある「西海衛星発射場」で大陸間弾道ミサイル(ICBM)に使われるエンジン燃焼実験とみられる“重大な実験”を行ったとの北朝鮮の発表を受けて、自身のツイッターに「金正恩は賢明過ぎて、失うものが多過ぎる。敵対的な行動に出るなら、本当に全てを失うことになる」とk英国のメッセージを投稿した。

また「金委員長と私はシンガポールで非核化合意に署名した。北朝鮮は彼のリーダーシップ下で大きな経済的潜在力があるが、約束通りに非核化をしなければならない」と強調した。

北朝鮮は前日、談話を発表し、「西海衛星発射場」で実験を行ったことを明らかにした。どんな実験かは説明していないが、専門家らはICBMと関連して高度なエンジン技術の確保、あるいは固体燃料の新型ミサイルの開発に成功した可能性が高いと分析している。

北朝鮮が今回の実験を通じて関連エンジン技術を確保した場合、米国本土の安全保障は北朝鮮の核に正面からぶつかることになる。またこれまで北朝鮮の核威嚇を妨げたトランプ大統領の対北朝鮮外交の成果も崩れ、再選街道にも悪材料となることが避けられないとみられる。

Copyright ©The financialnewsjapan. All rights reserved.

関連記事

ピックアップ記事

  1. 前マイクロソフト共同創業者のビル・ゲイツ氏が、来年夏までに世界の全ての国が新型コロナウイルスのワク…
  2. - コロナ渦の中でも輸出の道を積極開拓- 現地大型流通網、SNS品評会、ユーチューバーを活用した輸…
  3. 世界保健機関(WHO)は13日(現地時間)、新型コロナウイリス新規患者が19日、全世界で30万79…
  4. 孫正義会長率いるソフトバンクグループ(SBG)が半導体企業アームを米エヌビディアに売却する。…
  5. 北朝鮮の金正恩国務委員長が米国のドナルド・トランプ大統領に送った親書で、2人の友情を「魔法の力」と表…

おすすめ記事

  1. 済州経済通商振興院(院長:文寬永)がコロナ19によるパンデミック(世界的大流行)の中でも、オンライ…
  2. 韓国の昨年の出生数が最低水準の30万人台序盤に下がった事で、合計出生率も0.92人まで下落した。この…
  3. −S&P500、ダウ平均株価も上昇で終了−アップル時価総額2兆ドル、テスラ株2000ドル突…
  4. 米国のドナルド・トランプ大統領がマスクをするのが「愛国」だとツイートし、マスク着用推進に動いた。…
  5. 世界の新型コロナウイルスの累積感染者数が1000万人を超え、感染再拡大の恐怖が現実化している。ワクチ…
ページ上部へ戻る
Translate »