今年最高の収益率、「バイナンスコイン(BNB)」

■ブルームバーグ、「今年最高の収益率はバイナンスコイン(BNB)」
2019年に最も大幅の上昇を見せた仮想通貨はバイナンスコイン(BNB)であることが分かった。8日(現地時間)、ブルームバーグによると、バイナンスコインは前年同期より約150%上昇し、今年最高の収益率を記録した。

収益率2位は98%の上昇率を記録したビットコイン、3位は47%のライトコインだった。その一方、リップルとステラはそれぞれマイナス38%とマイナス40%を記録し、投資家を失望させた。

■イーサリアムのハードフォーク悪用する詐欺
イーサリアムのハードフォーク「イスタンブール」が正常に完了したが、これを悪用する詐欺が急速に広がっており、投資家の注意が必要だとビットコインエクスチェンジガイドが伝えた。

詐欺の内容は、テレグラムやYouTubeなどを通じてイーサリアム財団や創立者であるビタリック・ブテリン氏を詐称して、エアドロップを誘導。ユーザーが保有しているイーサリアムを奪取する手法を行っている。

同紙は、「これまでイーサリアムのハードフォークと関連してイーサリアム財団が直接イベントなどを行ったことはなかった」とし、投資家の注意を呼びかけた。

Copyright ©The financialnewsjapan. All rights reserved.

関連記事

ピックアップ記事

  1. 新型コロナウイルス肺炎の確定患者と死者が1日の間に急増した。中国は春節休暇を延長してまで全力で対応に…
  2. 米プロバスケットボール(NBA)の伝説的なスター、コービー・ブライアント(41)が26日、ヘリコプタ…
  3. 投資コンサルティング会社「玄海インベストメントアドバイザー」が大規模な太陽光発電施設向けの新ファンド…
  4. 「新型肺炎」と呼ばれる新種のコロナウイルスの宿主がコウモリだという、中国研究者の分析が出た。…
  5. 国際通貨体制に一大変化が予告されている。欧州連合(EU)、英国、カナダ、スウェーデン、スイス、日本な…

おすすめ記事

  1. Googleの親会社であるアルファベットの時価総額が16日(現地時間)、1兆ドル(約110兆円)を突…
  2. 「火の手から逃れたカンガルーの避難場所となっていたゴルフ場が"死の大地(キリング・フィールド)"にな…
  3. 昨年、韓国と隣国との国際関係は例年以上に多事多難だった。昨年7月の日本の輸出管理厳格化により韓国国内…
  4. イランがイラク西部の米軍基地をミサイルで攻撃したならないか、国際原油価格と安全資産である金の価格が急…
  5. オーストラリア南東部の史上最悪の森林火災で、今まで野生動物5億匹が死んだと推定された。米CNBCによ…
ページ上部へ戻る