米ビーガン特別代表、北朝鮮に会談提案…「デッドラインはない」

写真は米国のビーガン北朝鮮担当特別代表。/©The financialnews. All rights reserved.

米国のビーガン北朝鮮担当特別代表が16日、韓国外交部のイ・ドフン韓半島平和交渉本部長と会談した。同席でビーガン代表は、「非核化が期待ほど進展していないが、米国に“デッドライン(時限)”はない」とし、北朝鮮に会談を提案した。

ビーガン代表は会談後の記者会見で「我々はここにいる。北側は、我々に接触する方法を知っている」と北朝鮮に間接的に会談の意思を伝えた。

またビーガン代表が「トランプ大統領と金正恩委員長間の合意事項を実践するという目標において、米国にデッドライン(期限)はない」と明らかにした。期限を決めたまま米朝交渉を進めたいという北朝鮮に対して、“拒否”の意思を伝えると同時に会話を続けようという意味もあると思われる。

北朝鮮は最近、再び米国本土を攻撃することができる大陸間弾道ミサイル(ICBM)というカードを切り出し、トランプ大統領の対北朝鮮外交の成果が脅かされている。特にトランプ大統領の再選にも悪影響を与えることができるため、米朝関係はどう動くか岐路に立たされる状況だ。

Copyright ©The financialnewsjapan. All rights reserved.

関連記事

ピックアップ記事

  1. ‐ビットコイン、1万6000ドル台まで下落‐大口投資家による大量売却の可能性も‐OKEx出金再開で…
  2. 価格上昇が続く仮想通貨ビットコイン(BTC)は現地時間24日、1万9000ドルを突破した。コインデ…
  3. 仮想通貨ビットコイン(BTC)が留まる事無く上昇を続けている。現地時間16日以降は1日に1000ド…
  4. 米モデルナの新型コロナワクチンが現地時間16日、ニューヨーク株式市場を再び史上最高値に引き上げた。…
  5. 韓国で13日より室内公共施設などでマスクを着用しなかった場合、10万ウォン(約9400円)の過料が…

おすすめ記事

  1. 済州経済通商振興院東京通商代表部(所長:崔 滄勳)は、11月16日から日本最大の韓流通りである東京…
  2. 韓国のモバイルラーニングシステム開発会社Newin Inc.が日本法人として「株式会社Newin J…
  3. 世界で新型コロナウイルス感染症による死亡者はこれまで約100万人。世界各国が防疫に力を入れているが、…
  4. 済州経済通商振興院(院長:文寬永)がコロナ19によるパンデミック(世界的大流行)の中でも、オンライ…
  5. 韓国の昨年の出生数が最低水準の30万人台序盤に下がった事で、合計出生率も0.92人まで下落した。この…
ページ上部へ戻る
Translate »