ノーベル賞経済学者シラー氏「ビットコインは貨幣実験の新たな失敗事例になる」

ノーベル賞経済学者シラー氏「ビットコインは貨幣実験の新たな失敗事例になる」

ノーベル経済学賞受賞者であるイェール大学教授、ローバト・シラ氏がビットコインに対して否定的な主張を述べた。同氏はビットコインについて「新たな貨幣実験の失敗事例として終わるだろう」とした。

21日(現地時間)、アメリカの経済専門チャンネルCNBCによると、シラ氏は同日、ブログに「1800年代以降、新しい貨幣を創り出そうとする様々な試みが続いてきた。一例として、19世紀初頭に商人たちが金本位制を時間貨幣(タイムマネー)に変えようとしたことがあった」という内容の書き込みを投稿した。

また「シンシナティー・タイムストアでは労働時間に合わせてこれ(時間貨幣)を買えるようにしたが、その試みは僅か3年で失敗に終わってしまった。それから100年後、大恐慌の際には、当時の経済学者だったジョーン・ビズ・ノートン氏が電気ドル本位制度を提案したが、それも結局失敗した」と付け加えた。

シラ氏は、「貨幣革新の試みは特別な技術の発展と共に行われてきたが、より根本的には社会革命への渇望と関連がある」とし、「ビットコインなどの仮想通貨も同じで、仮想通貨は政府よりも上の存在だと思っている起業家の集団が導入したものだ」と強調した。

また「昨今のビットコインブームは、部分的にはその不思議な特性から起因している。仮想通貨機能の原理について説明できる人は事実上、コンピューターサイエンス工学者以外にいない」とし、「その不思議さが特別な魅力となり、革命を夢見る者たちに満足感を与える。別に新しいことではない。過去の貨幣革命の事例と同様に、説得力のあるように見えるストーリーだけでは実験は成功できない」と指摘した。

著名な経済学者で「終末博士」という異名を持つニューヨーク大学教授のヌリエル・ルビーニ氏も5月上旬に行われたミルケン研究所グローバル・カンパレンスの討論会で、「ビットコインは全く無用である。ブロックチェーンももう価値がなく、エクセルのスプレッドシートを美化した形に過ぎない」と指摘した。

週末一時7900ドルまで下落したビットコインの価格は同日、8400ドルラインまで上昇した。コインデスクによると、午後7時3分基準でビットコイン価格は24時間前に比べて1.45ポイント安の8397.57ドルで取引された。

翻訳:尹怡景

関連記事

ピックアップ記事

  1. ‐ビットコイン、1万6000ドル台まで下落‐大口投資家による大量売却の可能性も‐OKEx出金再開で…
  2. 価格上昇が続く仮想通貨ビットコイン(BTC)は現地時間24日、1万9000ドルを突破した。コインデ…
  3. 韓国ではすでに約25万人のユーザーが使用しているモバイルラーニングソリューション「タッチクラス」が日…
  4. 仮想通貨ビットコイン(BTC)が留まる事無く上昇を続けている。現地時間16日以降は1日に1000ド…
  5. 米モデルナの新型コロナワクチンが現地時間16日、ニューヨーク株式市場を再び史上最高値に引き上げた。…

おすすめ記事

  1. 済州経済通商振興院東京通商代表部(所長:崔 滄勳)は、11月16日から日本最大の韓流通りである東京…
  2. 韓国のモバイルラーニングシステム開発会社Newin Inc.が日本法人として「株式会社Newin J…
  3. 世界で新型コロナウイルス感染症による死亡者はこれまで約100万人。世界各国が防疫に力を入れているが、…
  4. 済州経済通商振興院(院長:文寬永)がコロナ19によるパンデミック(世界的大流行)の中でも、オンライ…
  5. 韓国の昨年の出生数が最低水準の30万人台序盤に下がった事で、合計出生率も0.92人まで下落した。この…
ページ上部へ戻る
Translate »