北朝鮮で住民のスマートフォン統制強化…外部情報遮断か

-北朝鮮スマートフォン400万台普及
-外部情報に触れれば政権の嘘を知る事に
-体制維持のためスマートフォンを徹底監視

外部世界の情報と住民との間を徹底して遮断する北朝鮮政権が、住民らの「知能型手電話(スマートフォン)」に対する統制を強化しているとみられる。

北朝鮮当局は住民らのスマートフォンを監視するソフトウェアを通じて中央保安プログラムや運営体制上に変化が起きるか監視しているとみられる。米国営放送VOAによると19日、米国ワシントンの民間団体「北朝鮮人権委員会」は報告書を通じ、この様に分析した。

現在、北朝鮮には400万台以上のスマートフォンが普及している事が分かっている。北朝鮮の人口が約2500万人で経済発展のレベルが低いという事を考慮すれば相当な普及率だ。しかし外部情報の流入は政権安定への妨げとなるため、北朝鮮当局はこれを徹底して統制している。

この報告書を執筆したアナリスト、マーティン・ウィリアムス氏は「北朝鮮当局はスマートフォンを自分たちが勝たなければならない戦闘の領域にあると考え、全力でこれを統制している」と、「北朝鮮当局は外部コンテンツの流入遮断に相当な成功を収めている」と話した。

現在まで40人の脱北者の米国定住を手助けしたトム・バッカー弁護士は「北朝鮮住民らが政権の実情を知るためには、より多くの外部情報との接触が必要で、今後より多くの情報が北朝鮮に届かなければならない」と話している。

バッカー弁護士は「外部情報に接した北朝鮮住民らは、この間に自分たちが聞かされていた当局の主張と情報が嘘だったと、また教育も同様に正確ではないものだったという事実を自覚している」とも話している。

より多くの外部情報に接触することができれば、北朝鮮の住民らが現在の北朝鮮政権の横暴や現状を知る事が出来るようになるというのは専門家らの意見。しかし北朝鮮では400万台以上のスマートフォンが普及しているものの、インターネットは北朝鮮内部のネットワークにのみ接続が可能となっている。

翻訳:水野卓
Copyright ©The financialnewsjapan. All rights reserved.

関連記事

ピックアップ記事

  1. 韓国の鄭景斗(チョン・ギョンドゥ)国防部長官は22日、北朝鮮の金与正(キム・ヨジョン)朝鮮労働党第…
  2. トランプ米大統領は3ヵ月ぶりに開催した支持者集会が興行に失敗すると、激怒した。 21日(現地時間)…
  3. ジョン・ボルトン元・米国国家安全保障問題担当大統領補佐官の回顧録の内容が更に公開され、トランプ政権の…
  4. サーモンが新型コロナウイルスの感染源だという濡れ衣を晴らした。ノルウェーと中国の両国は、サーモンは新…
  5. 安価で広く使われている抗炎症治療剤「デキサメタゾン」が、新型コロナウイリスの治療剤として急浮上した。…

おすすめ記事

  1. 北朝鮮から脱北し韓国で国会議員に当選した池成浩(チ・ソンホ)議員は4日、「北朝鮮住民の知る権利も保障…
  2. 令和2年5月27日時点で日本政府と自治体が実施している支援金・給付金制度をまとめました。実施予定の…
  3. 韓国で新型コロナウイルス感染拡大防止のための自宅隔離命令に従わなかった日本人男性が拘束された。外国人…
  4. 韓国でデジタル性犯罪処罰を強化する関連法改正案が19日から施行された。今後、違法なアダルト動画を単純…
  5. 今月、米国の野球ファンの間でのホットイシューは、夜中に中継される韓国プロ野球KBOリーグだった。米国…
ページ上部へ戻る
Translate »