北朝鮮、労働党全員会議…「米朝対話の中断」を宣言するか

北朝鮮が予告した労働党中央委員会全員会議の開催時期である12月下旬に入った。まだ開催日を発表していないが、今回の総会で北朝鮮が新たな道を選択するとみられる。

北朝鮮の朝鮮中央通信は今月4日、「変化した対内外情勢に合わせて“重大な問題”を討議、決定するため、朝鮮労働党中央委員会第7期第5回全員会議を12月下旬に召集することを決定する」と報じた。

これまでの全員会議では、北朝鮮の基調変化をもたらした決定が下された。昨年第3回全員会議では核実験と大陸間弾道ミサイルの試験発射を停止するという決定が下され、第4回では自力更生を通じた社会主義強国建設を宣言した。

専門家らは、今回の全員会議を「パンドラの箱」と見ている。全員会議で取り上げられる内容については様々な見通しが出ているが、北朝鮮が交渉ではなく、新たな道を選択することになるというのが共通の見方だ。最悪の場合、「米朝対話の中断」が出る可能性もあるという。

「金正恩委員長が今年に入って民族の象徴となっている白頭山を二度も訪問しながら“新しい道”への決意を固め、今回の全員会議でその決意を公式化するとみられる」という意見も聞こえる。

韓国側でも「米朝対話の中断」の可能性に重みを置いている。韓国の統一研究院は18日の懇談会で、北朝鮮が「新しい道」を確定すると予想。その決定文が2020年年初に金委員長の新年辞で公開されると予測した。

統一研究院のホン・ミン北朝鮮研究室長は「来年は党創建75周年であり、経済発展5ヵ年計画の最終年度であるため、全員会議で“経済建設総力集中”の基調を放棄する決定を下すことは難しいが、“対米交渉の中断”を宣言する公算は大きい」と述べた。

Copyright ©The financialnewsjapan. All rights reserved.

関連記事

ピックアップ記事

  1. −英国、1日で約6万人の感染者−ジョンソン首相「絶望的…怖い」−ワクチンが無用の長物となる危機−ド…
  2. −ブラックロック、仮想通貨専門人員採用予定−ペイパル、今年から仮想通貨決済サービス開始−韓国国内銀…
  3. [caption id="" align="alignnone" width="719"] 大阪難…
  4. 韓国中央防疫対策本部は、クリスマスとなる25日0時基準で新型コロナウイルスの新たな感染者が1241…
  5. 2017年に記録的なバブル崩壊を経験した仮想通貨ビットコイン(BTC)が現地時間16日、史上初めて…

おすすめ記事

  1. −年末年始を前に特段の対策が必要−ソウル市、5人以上の集合禁止方針決まる 新型コロナウイルス…
  2. 米国の新型コロナウイルス感染症による1日の死亡者数が過去最悪のテロ事件に上げられる911テロの犠牲…
  3. 済州経済通商振興院東京通商代表部(所長:崔 滄勳)は、11月16日から日本最大の韓流通りである東京…
  4. 韓国のモバイルラーニングシステム開発会社Newin Inc.が日本法人として「株式会社Newin J…
  5. 韓国の中古品売買サイト「ニンジンマーケット」で問題となった出品のキャプチャ ‐該当出品は現在削除、…
ページ上部へ戻る
Translate »